相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

遺産分割

特別寄与料とは?法改正で、相続人でなくても遺産が受け取れる!

更新日:

民法において「相続人」と定められている人が、家族の面倒をまったく見ず、むしろ、「相続人」以外の人が、介護などすべての世話をしているというケースは少なくありません。

相続人ではないけれども、介護など一切の世話を行っていたり、お亡くなりになった方のために費用を支出していた場合、相続財産(遺産9からいくぶんかは頂きたいと考えるのも、無理からぬことです。

よくある相続相談


自分以外の兄弟は離れて暮らしているため、親と同居して、ずっと家業を手伝ってきました。兄弟よりも多めに遺産をもらうことができないでしょうか?
ずっと介護をしてきた、夫の父親が最近亡くなりました。夫とは離婚しましたが、妻である私は遺産をもらえないでしょうか?

私たち弁護士は、このようなご相談をよくお受けします。

亡くなった方に貢献してきた相続人や、相続人ではなくても亡くなった方のために貢献してきた方にとって、「遺産を多少でも多くもらえないのか。」という疑問は当然のことです。

そこで今回は、「亡くなった方への貢献を、相続にあたって評価する制度」について、説明します。

よりくわしく!

現在の相続についての法律でも、相続にあたって、亡くなった方への貢献を評価する制度があります。

さらには、2018年(平成30年)7月に成立した相続法の改正で、亡くなった方への貢献を評価する新しい制度がつくられ、さらに保護が充実しました。

まとめ
2018年(平成30年)の相続法改正のまとめは、こちらをご覧ください。

平成30年(2018年)7月6日に、通常国会で、相続に関する法律が改正されました。 正式名称、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」、「法務局における遺言書の保管等に関する法律」という法律が成 ...

続きを見る

弁護士
浅野英之

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京都中央区)、代表弁護士の浅野です。この記事の解説は、私が監修しています。

民法のルールにしたがった相続では、法律に「相続人」とさだめられた続柄の人しか財産をもらうことができません。

しかし、特別な貢献をすれば、その分だけ報いを受けることができる制度があります。利用を検討されているかたは、ぜひ、相続の得意な弁護士にご相談ください。

「寄与分」制度

現在の相続についての法律では、亡くなった方を生前介護していたような場合に、その貢献を評価して、相続財産(遺産)の取り分を、本来よりも多く認めるという制度があります。

この制度を、「寄与分(きよぶん)」と呼びます。

そこで、2018年改正法について解説する前に、現在でも主張することのできる「寄与分」について、詳しく解説します。

「寄与分」とは?

「寄与分」とは、相続人の、特別な貢献に対して、相続財産(遺産)の中から、その貢献が認められた分の財産を、相続分にくわえて余分にもらえる制度のことをいいます。

亡くなったご家族の、財産の維持や増加について、特別の寄与をしたことで認められるのが「寄与分」です。

むずかしい話なので、具体的な例で、わかりやすく解説します。

たとえば・・・

亡くなった親がのこした相続財産が6000万円ありました。A、B、Cの3人の子どもが相続人であす。

この場合、法律でみとめられた原則的な相続財産の取り分(法定相続分)にしたがうと、A、B、Cはそれぞれ2000万円ずつを受けとります。

しかし、3人の子のうち、Aは亡くなった親と同居して無償で介護をして、一生懸命貢献していました。B,Cは結婚後、実家には近寄りませんでした。

このAの貢献を「寄与分」として評価することで、Aの相続における取り分を増やすのが「寄与分」です。

「寄与分」が考慮される結果、Aの取り分が3000万円、B、Cの取り分がそれぞれ1500万円ずつになる、といった調整がされます。

「寄与分」が認められる貢献とは?

さきほど解説した具体例では、お亡くなりになった親の「介護」を行うことが、「寄与分」を認める貢献となりました。

「寄与分」が認められるのは、介護の場合にかぎりません。

亡くなった方が営んでいた家業を手伝ったり、資金を出したりしていたことで亡くなった方の財産が増えたといえるような場合にも、「寄与分」が認められます。

ただ、「寄与分」が認められるかどうかの判断は難しく、相続人の間で話し合い(遺産分割協議)でもまとまらないときは、家庭裁判所が「寄与分」の金額を決めます。相続手続きは、専門家である弁護士にお任せください。

「寄与分」がみとめられるのは相続人だけ

亡くなったご家族に貢献をすることで認められる「寄与分」ですが、この「寄与分」が認められるのは、相続人に限られます。

相続人以外の方は、どれだけ貢献しても「寄与分」による救済を受けることができません。

たとえば・・・

夫婦と子どもがいる場合に、夫(子どもの父親)が亡くなりました。この場合の相続人は妻と子どもです。妻や子どもが介護などの「貢献」をしていれば、「寄与分」が認められます。

これに対して、子どもの妻は、亡くなった方から見ると、相続人ではありません。

結婚相手の親の介護をしなければならない、という方は少なくないでしょうが、これによって資産の維持や増加に貢献したとしても、亡くなった方からみて「相続人」でない以上、「寄与分」は認められず、遺産は受け取れません。

「寄与分」がみとめられない人の救済は?

相続財産の維持、増加に貢献をしていたとしても、「相続人」でないというだけで「寄与分」が認められません。

相続人でない家族(たとえば、子どもの妻など)は、せっかく義父の介護をしても、相続財産(遺産)からは何の見返りも得られません。

介護を受けていた方からしても、亡くなった後に、面倒を見てくれた方に何ものこせないのは、不本意でしょう。

このような「寄与分」の不都合は、現在の相続についての法律では、「寄与分」の制度以外の部分で、解決しておくべきです。

ポイント

たとえば、相続人以外の方の介護を受け続けるとき、生前に「遺言書」を作成して、自分の面倒を見てくれる方に財産の一部をのこしておけば、このような事態は避けられたかもしれません。

「寄与分」の制度だけでは不都合がある部分については、相続の「生前対策」が非常に重要です。

「遺言」の人気解説はこちら!

遺言

2019/4/15

公証人に出張してもらい、公正証書遺言を作成する方法は?

遺言書を書こうにも、高齢や病気などが理由で、なかなか外に出ることができないという方がいます。 遺言の中でも「自筆証書遺言」という形式であれば、自分ひとりで、自宅で作成することが可能なのですが、「自筆証書遺言」は、「全文手書きでなければならない」など、有効とするための要件が厳しく設定されており、要件を満たさなければ遺言が無効となってしまいます。 これに対して、公証人につくってもらう「公正証書遺言」の場合には、公証役場まで出向かなければならないことが原則です。 そこで今回は、「遠出は難しいけれど、公正証書遺言 ...

ReadMore

遺言

2019/1/6

複数の遺言書が発見!対応は?どれが優先?【弁護士が解説!】

遺言書とは、お亡くなりになったご家族の、相続財産の分け方についての意向を示す、とても重要な書類です。その効果は絶大で、民法に定められた法定相続分よりも、遺言書に書かれた指定相続分が原則として優先します。 しかし、尊重されるべき重要な書類である遺言書が、複数発見されたとき、どのように対応したらよいでしょうか。どの遺言書にしたがえばよいのでしょうか。優先順位などはあるのでしょうか。特に、全ての遺言書の内容が全く違い、相反するとき混乱することでしょう。 遺言書は、お亡くなりになった方(被相続人)が熟考に熟考を重 ...

ReadMore

遺言

2018/8/8

自筆証書遺言が作成しやすくなりました!【2018年法改正】

「遺言を作ろう。」と考えている方に朗報です。 2018年7月に、相続分野の法律が改正されました。これによって、2019年からは、遺言が、より簡単に残しやすくなります。 というのも、「遺言」とひとことでいっても、「遺言」にはいろいろな形式があり、それぞれの形式ごとに、満たさなければならない要件があります。 「遺言」の法律上認められる要件を欠いてしまうと、せっかく遺言を作ったのに、お亡くなりになった後に「無効」となってしまい、「遺言」を作成した意思が実現できなくなってしまいます。 今回のテーマである「自筆証書 ...

ReadMore

遺言

2018/12/6

遺言書がトラブルの原因となるケースと解決法を、弁護士が解説!

相続の生前対策として「遺言書を書くこと」がよくあげられます。しかし、お亡くなりになったご家族残していた遺言が、かえってトラブルの原因・発端となることもあります。 「遺言書がなくて遺産分割でもめた」という話はよく聞きますが、逆に「遺言があったことでもめた」という相続相談も、弁護士のもとには多く寄せられています。遺産分割でもめると、相続税申告、相続登記などにも影響します。 そこで今回は、遺言書がかえってトラブルの原因となるケースと解決法を、相続に詳しい弁護士が解説します。遺言書は、争い回避の手段ですが、不適切 ...

ReadMore

遺言

2018/11/7

自分で遺言書を作成する方法と注意点を、弁護士が解説

遺言書を作成しておくことで、未然に防げる相続トラブルは多くあります。遺言を作成するのに、早すぎるということはありません。 遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種がありますが、今回は、最も簡単に作成でき、自分ひとりで作成できる「自筆証書遺言」を作成する方法と注意点を、相続に強い弁護士が解説します。 よくある相続相談 自分で遺言書を作成する方法を、手順に応じて知りたい。 自分で遺言書を作成しても無効にならないための注意点を知りたい。 遺言がない場合には、相続は法律のルールどおりに行われ、相続 ...

ReadMore

遺言

2019/1/5

親に遺言書を書いてもらう方法・テクニック7つ【弁護士解説】

15歳以上の人は、遺言を残す能力(遺言能力)がありますが、遺言を書くも書かないも遺言者の自由であって、実際には、遺言書を書かずにお亡くなりになる方も大勢います。「遺言自由の原則」があるからです。 しかし、お亡くなりになる方(被相続人)にとっては、「自分の死亡した後のことは、子に任せる」という方もいますが、実際に家族が亡くなったとき残された者の立場では、遺言書がないととても手間がかかったり、「争続」となって丸く収まらないことも少なくありません。 「遺言書の話は気が重い」、「死後の相続のことを生きているうちに ...

ReadMore

遺言

2019/4/15

遺言書作成にはメリットも、デメリットもある?対策は?

遺言は、いつかやってくるかもしれない万一の自分の死亡のときのために、残されたご家族が困らないように残しておくものです。そのため、適切な遺言には大きなメリットがあり、デメリットはそれほどありません。 しかし、遺言についての知識、経験が乏しく、間違った遺言を残してしまえば、遺言を残すことによるデメリットも当然ながら存在します。 そこで今回は、遺言作成のメリット・デメリットについて、遺言と相続に詳しい弁護士が解説します。解説を参考に、遺言書を書くかどうかをご決断ください。 注意ポイント なお、遺言書を作成する方 ...

ReadMore

遺言

2018/11/12

口約束の相続は有効?口約束の遺産をもらう2つの方法【弁護士解説】

亡くなったご家族が、生前に残した口約束が、相続のとき問題となることがあります。「私が死んだら、一緒に住んでいた家は、妻のために残す」と言われていた人は、遺産分割協議のとき強く主張するでしょう。 一方で、共同相続人にとって、「全ての財産をあなたに譲る」と他の相続人が言われていたと主張するとき、相続で取得できる財産の激減を意味しますから、強硬に反対するに違いありません。 よくある相続相談 相続財産をもらう口約束をしてもらった相続人が、財産を確実に取得する方法はありますか? 口頭による相続の約束は、遺言として有 ...

ReadMore

遺言

2018/12/7

遺言を残さないと危険?遺言書を絶対に書いておくべき人とは?

「遺言を書いておいたほうがよいのでしょうか?」という相続相談が、弁護士のもとに多く寄せられています。結論からいうと「遺言を書かないほうがよい」という人はいません。 相続人も相続財産も、相続債務も全くない、という人でない限り、「遺言を書いた方がよい。」というアドバイスを差し上げることとなります。むしろ、「遺言書かないと危険だ」というリスクある方もいます。 今回は、その中でも「絶対に遺言書を書いておいた方がよい(むしろ、遺言を書かないと不利益がある、損をする)」と強くお勧めしたい方について、相続に詳しい弁護士 ...

ReadMore

遺言

2019/2/7

遺言書に書いた財産がなくなった場合の対応は?書き直さないと無効?

相続対策として遺言書を作成している人の中でも、「争続」の大変さを理解している人は、かなり若いうちから遺言を残している人もいます。しかし、生前早くから相続対策をすればするほど、「遺言書に書いた財産がなくなった」「処分してしまった」ということが起こりえます。 遺言書の財産目録に記載をしたからといって、その財産の処分、売却などが禁じられるわけではありませんが、その財産がもはや手元になくなってしまえば、遺言書どおりに遺産分割をすることは困難です。 そこで今回は、遺言書に書いた財産を既に処分してしまったなど、遺言を ...

ReadMore

遺言

2018/12/6

自筆証書遺言と公正証書遺言の比較!結局どちらがいい?弁護士が解説

数ある遺言書の種類のうち、特によく利用されているのが「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2種類です。この2つの遺言については聞いたことがある方が多いでしょう。他方、秘密証書遺言や緊急時の遺言の利用頻度は非常に低いです。 自筆証書遺言にも公正証書遺言にも、いずれもメリット、デメリットがあると解説されています。メリット、デメリットとして非常に多くの項目を比較していくと、結局どちらを利用したらよいかわからなくお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。 そこで今回は、ご状況に合わせて結局自筆証書遺言と公正証書遺 ...

ReadMore

遺言

2018/10/17

【弁護士が解説する】自筆証書遺言の要件と、書き方の注意点!

お亡くなりになったご家族の方の意思を、死亡後も、相続に反映する方法が、「遺言」(いごん・ゆいごん)です。 「遺言」は、お亡くなりになったご家族(被相続人)の一方的な意思によって、相続人の合意なく、その意思のとおりの効果を発揮するもので、法律の専門用語では「単独行為」といいます。 よくある相続相談 家族のために貢献してくれた相続人に、多くの財産を残してあげたい。 家業を継ぐ長男のために、事業継続のために必要となる財産を引き継がせたい。 「二次相続」トラブルの防止のため、子に全ての財産を引き継がせたい。 遺言 ...

ReadMore

遺言

2018/7/27

遺言は作り直せる?自筆証書遺言の修正・変更の5つのポイント

あなたは、遺言を作っていますか? 「遺言」は、遺言をのこす人が、ご家族や、お世話になった人などのために、遺言をのこす人の「想い」にそって財産をわたすための、大切な手紙のようなものです。 「遺言」を、書面の形で示したのが「遺言書」ですが、「遺言書」は、自分ひとりで書くもの(「自筆証書遺言」といいます。)でものこすことができます。 私達弁護士が相続についての法律相談を受けて、このような話をすると、「実は仏壇の下に・・・」など語りだす方も少なくありません。 しかし、ご自分ひとりで書く「自筆証書遺言」は、専門家が ...

ReadMore

遺言

2018/12/22

遺言書を失くしたら?紛失したら?再度作成し直す方法・注意点は?

せっかく作成した遺言書を失くしてしまったら、どうしたらよいのでしょうか。遺言書は重要な書類であり、自分が死んだ後の相続財産の分け方について、自分の意向を反映させるものですから、保管、管理は万全にしなければなりません。 しかし、火災や地震、引っ越しなどの際に遺言書の紛失はどうしても起こってしまう可能性があります。遺言書を失くしてしまったとき、紛失したときの対応は、自筆証書遺言か、公正証書遺言かによっても異なります。 そこで今回は、遺言書を失くしたとき、紛失したときの対応と、再度作成しなおす方法・注意点を、相 ...

ReadMore

遺言

2018/10/23

【弁護士が解説する】秘密証書遺言とはどんな遺言?作成方法は?

秘密証書遺言とは、遺言書の内容を秘密にしながら、遺言書が存在することのみを公証人に認証してもらって作成する、遺言方法の1つのことをいいます。 秘密証書遺言は、その他の遺言方法である自筆証書遺言、公正証書遺言に比べて、利用されるケースが非常に少ないですが、秘密証書遺言を活用することができるケースも少なくありません。 よくある相続相談 遺言の内容を秘密にしたいが、「自筆証書遺言」の厳しい要件を満たしているか不安・・・ 遺言の存在を知らせ、遺産分割協議に反映してほしいが、内容は自分が死ぬまで秘密にしてほしい。 ...

ReadMore

遺言

2018/11/7

不公平な遺言書は有効?無効?公平に相続財産をもらう方法は?

あなたにとってあまりにも不公平な内容の遺言書が残っていたとき、「この遺言書は無効なのではないか。」と納得がいかない相続人の方から、ご相談を受けることがあります。 結論から申しますと、遺言書は、「不公平である。」という理由だけで無効になることはありません。すなわち、不公平な遺言書もまた、「遺言は有効である。」ということです。 一方で、不公平な遺言書によって権利を侵害された相続人が、少しでも公平に相続財産(遺産)をもらう方法として、「遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求権)」があります。 しかし「遺留分減殺請求 ...

ReadMore

遺言

2019/2/8

「相続させる旨の遺言」とは?遺贈との違いは?弁護士が詳しく解説!

遺言書においてひんぱんに登場するのが、「不動産は妻に相続させる」、「A銀行の預金は長男に相続させる」といった、「~を相続させる」という言葉です。このような内容の遺言は「相続させる旨の遺言」と呼ばれます。 遺言書において特定の財産を特定の方に与える方法には、「遺贈(いぞう)」もあります。正確には、特定の財産を与える遺贈は、「特定遺贈」と呼びます。 では、「相続させる旨の遺言」と「遺贈」は、どのように違うのでしょうか。遺言書において「相続させる」と書いた場合に、どのような意味があるのでしょうか。 遺言をのこさ ...

ReadMore

遺言

2018/12/30

遺言書と異なる内容の遺産分割協議はできる?できない4つのケース

ご家族がお亡くなりになって遺言書が発見されたとき、故人の遺志を尊重してあげたいものの、どうしても納得いかない内容の遺言が残されていたという相続相談があります。 遺産分割協議とは、遺産の分割方法を、相続人全員で話し合い、相続人全員の合意のもとに相続財産(遺産)を分け与える手続きのことをいいます。 他の相続人も、遺言書の内容にどうしても従いたくない場合には、遺言書の内容とは異なる内容の遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成することができるのでしょうか。できるケース、できないケースについて、相続に詳しい弁護士 ...

ReadMore

遺言

2018/10/18

【弁護士が解説】公正証書遺言の書き方の注意点と4つのメリット

公正証書遺言は、自筆証書遺言、秘密証書遺言といった、その他の遺言の形式に比べて、確実性が高く、偽造、改ざんをされにくい点で、最もお勧めの遺言方法です。 遺言書を作成して遺言を残そうと、弁護士、税理士、司法書士などの相続の専門家に相談にいくと、真っ先に勧められるのが、公正証書遺言の作成であることが多いのではないでしょうか。 公正証書遺言を作成するときには、弁護士などの専門家に依頼する方が多いですが、公正証書遺言についてのポイントを、最低限理解してご依頼いただくのがよいでしょう。 よくある相続相談 公正証書遺 ...

ReadMore

遺言

2019/1/18

2018年相続法の改正で変わる、遺言制度の見直し【弁護士解説】

2018年(平成30年)に行われた、民法のうち相続法に関する部分の重要な法改正について、今回は「遺言制度の見直し」という側面から解説していきます。 遺言制度に関して、今回の法改正で変更があった点は、次の4つです。 ポイント 自筆証書遺言の方式の緩和 自筆証書遺言に係る遺言書の保管制度の創設 遺贈の担保責任等 遺言執行者の権限の明確化 特に今回の改正では、自筆証書遺言の様式の緩和によって、遺言が作りやすくなり、また、法務局での保管制度が創設されたことにより、検認手続も不要となったことから、自筆証書遺言が増加 ...

ReadMore

また、相続人でない方の貢献を評価する仕組みも、全くないわけではなく、裁判例で救済された例もあります。

例えば、さきほどの例でいうと、次のような裁判例を活用することによって、救済を受けることができます。

ポイント

亡くなった方の子どもの配偶者が、亡くなった方の介護を行っていた場合、この人は相続人ではないため「寄与分」はもらえません。

しかし、裁判例では、亡くなった方の子どもの遺産の取り分を増やすことで、その配偶者の貢献を実質的に考慮した例があります。

ただ、法律では相続人がもらえる「寄与分」についてしか書かれておらず、明確に書かれているわけではない方法で、「特別な救済」をしてもよいのかどうかは、議論がありました。

裁判所が、このような法律にない特別の救済をすることで、もらえる相続財産(遺産)が減ってしまう人もいます。

改正法でみとめられる「特別寄与料」

ここまで解説してきましたとおり、現在の民法でも「寄与分」という制度があるものの、「寄与分」には、「相続人の貢献しか考慮されない。」という不都合がありました。

そのため、明文の規定のない、「相続人以外の人が、相続財産の維持、増加に貢献した場合」に、救済がないおそれがある、という点が、2018年の法改正で議論の対象となりました。

「特別寄与料」とは?

「特別寄与料」とは、2018年(平成30年)7月に、民法の中の、相続に関する法律が改正されたことで導入された制度です。

その改正の目的は、相続人でない人の貢献を考慮するための、新しい制度です。

「特別寄与料」は、どのような場合に認められる?

では、2018年法改正によって導入された「特別寄与料」を請求したい!とお考えの方に向けて、どのような場合に請求できるか、「特別寄与料の請求方法」を解説します。

「特別寄与料」は、以下の要件をすべて満たした場合にみとめられます。

ポイント


被相続人(亡くなった方のことです)の相続人以外の親族が、
被相続人に対して、
無償で療養看護その他の労務の提供をしたことにより、
被相続人の財産の維持や増加について特別の寄与をした場合

「特別寄与料」も、基本的には、さきほど説明した「寄与分」と同じで、亡くなった方に対して無償の貢献をしたことで、亡くなった方の財産の維持や増加に特別の寄与をしたといえることが必要です。

ただ、寄与分とは異なる点は、、「特別寄与料」は、亡くなった方の「相続人以外の親族」に認められるということです。

相続人が介護などによって特別な貢献した場合は、「特別寄与料」ではなく、これまでどおり「寄与分」において考慮され、救済されます。

「特別寄与料」がみとめられるのは「親族」だけ

「寄与分」が認められない人の貢献に対する救済として、2018年法改正でつくられた「特別寄与料」ですが、この制度にもまた、もらえる人の限界があります。

「特別寄与料」は、相続人以外の人のうち、亡くなった方の「親族」にしか認められない点にも注意が必要です。

亡くなった方と身分的な関係の全くない人にまで、「特別寄与料」を認めてしまうと、相続をめぐる争いが複雑になりすぎ、解決が難しくなってしまうため、「特別寄与料」を請求できるのは亡くなった方の「親族」に限定されました。

「特別寄与料」は、寄与分と異なり、介護のような「労務の提供」についてだけみとめられます。

注意ポイント

相続人でもなく、親族でもない方は、「特別寄与料」の制度ができたあとでも、相続財産(遺産)から、その貢献分をもらうことができません。

たとえば、ケアマネージャーが仕事の範囲をこえて、亡くなった方のお世話を熱心にした場合であっても、「寄与分」はもちろん、「特別寄与料」も認められません。

「特別寄与料」を請求するには?

「特別寄与料」の考え方は理解できました。

妻のお父さんが亡くなりましたが、最期を支えたのは私なので、妻の兄弟には相続財産(遺産)をとられたくないです。「特別寄与料」の請求はできますか?

では、早速、「特別寄与料」の請求方法について、弁護士が解説していきます。

なお、「特別寄与料」は、2018年法改正でできた制度で、実際にはじまる日は、2018年(平成30年)7月13日から1年以内とされています。

施行日より後に亡くなった方についてしか、「特別寄与料」の請求をすることはできません。

「特別寄与料」の請求方法は?

「特別寄与料」が認められる条件を満たすときは、権利が認められる「親族」は、相続人に対して、「特別寄与料」(金銭)の支払を求めることができます。

注意ポイント

「特別寄与料」は、その権利が認められる本人しか請求できません。

本人以外の第三者が、その親族の方に代わって勝手に「特別寄与料」の支払を求めることはできません。

「特別寄与料」の具体的な金額は、まずは請求をした本人と、請求された相続人との間の話合いによって決められることになります。

もし、話合いができない場合や、話し合ったけれども金額について話がまとまらない場合も考えられます。

話し合いでは「特別寄与料」の金額について合意できない場合は、「特別寄与料」を請求する者は、家庭裁判所に、金額を決めるよう求めることができます。

「特別寄与料」はいつ請求できる?

「特別寄与料」を請求できるのは、相続の開始後、つまり、被相続人が亡くなった後です。

しかし、「特別寄与料」を、家庭裁判所に請求する場合には、「特別寄与料」の請求には、次のとおりの期限があります。

特別寄与料の請求の期限

特別寄与者が相続の開始(=被相続人が亡くなったこと)および相続人を知った時から6ヶ月以内、かつ、相続開始時から1年以内

「特別寄与料」を請求できるのは、亡くなった方の親族であって、しかも生前に亡くなった方の介護などをしていた方です。

そのため、被相続人の方が亡くなった場合、「特別寄与料」を請求したい人(特別寄与者)は、通常は、すぐにその事実を知ることができます。

「特別寄与料」を請求すべき人が、お亡くなりになった事実をすぐには知ることができない場合、「特別寄与料」を請求できる期間が限定されていることに注意が必要です。

「特別寄与料」の金額はどのように計算する?

話し合いで「特別寄与料」を決めるときは、「特別寄与料」の金額は、話し合いで決まった金額となります。

これに対して、家庭裁判所に、「特別寄与料」の金額を決めるよう申し立てた場合には、家庭裁判所は、以下の点を考慮して、特別寄与料の額を決めます。

ポイント

  • 亡くなった方に対する貢献の時期、方法や程度
  • 亡くなった方がのこした相続財産の額
  • その他、関連する一切の事情

亡くなった方が、そもそも財産(遺産)をのこしていない場合には、「特別寄与料」をもらうことはできません。

亡くなった方が、遺言によって財産を誰かに与えている場合には、その残りの部分からしか、「特別寄与料」はもらえません。

寄与分、特別寄与料の相談は、「相続財産を守る会」にお任せください

2018年(平成30年)に行われた相続法の改正によって導入された、「特別寄与料」について解説しました。

「特別寄与料」の制度によって、これまであった「寄与分」によっては救済されない、相続人以外の親族が行った貢献についても、相続財産(遺産)から一定の報いを受けることができるようになります。

「寄与分」、「特別寄与料」によって、これまでの貢献についての権利を請求したい方は、当会にご相談ください。

他の相続人にとってみれば、「寄与分」、「特別寄与料」を主張する方との間では、感情的対立が大きくなるおそれが高く、専門家によるサポートが必要な分野であるといえます。

「相続財産を守る会」では、弁護士があなたの代わりに相続人と交渉をしたり、適切な「寄与分」「特別寄与料」の金額について、丁寧に解説いたします。

ご相談の予約はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2018年におこなわれた、改正法では、これまでは考慮されなかった、相続人以外の方の貢献も、相続において考慮されるようになります。

今回の解説では、次のことをご理解いただけます。

解説まとめ

「寄与分」によって救済される「相続人」の特別な貢献と、その方法
「特別寄与料」によって救済される「相続人以外の親族」の特別な貢献と、その方法

ただ、改正法が施行された後でも、「特別寄与料」の条件が満たされているかどうかについては、争いになる可能性があります。また、金額をいくらにするかについても争いになるでしょう。

相続についての争いを防ぐためにも、遺言をふくめた「生前の対策」など、早めの対処が大切です。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-遺産分割
-, ,

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.