相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

遺産分割

特別受益とは?認められる場合・認められない場合と計算方法

更新日:

お亡くなりになったご家族から、生前に、学費や住宅の新築、建替えなど、多くの援助をしてもらった相続人と、援助を全くしてもらえなかった相続人との間で、不公平感が生じることがあります。

相続人間の、生前にお亡くなりになったご家族(被相続人)から受けた利益による不公平をなくすための制度が、特別受益です。

よくある相続相談


長男は結婚してマイホームの頭金をもらったが、次男は、独身で実家に住んでいる。
長男の私立大学の学費を全て親が出したが、次男は公立大学に通った。
娘は、結婚の際に多くの援助を受けたが、息子は全く援助を受けなかった。

民法に定められた法定相続分にしたがえば、「子」は、法定相続人として、相続財産から一律に財産を受け継ぐことができます。これは、長男であっても次男であっても同様です。

しかし、さきほどの具体例のように、生前に、被相続人から受け取った利益を調整しなければ、法定相続分のとおりでは相続人間に不公平が生じ、相続紛争の火種ともなりかねません。

そこで今回は、遺贈(遺言による贈与)、生前贈与などによって生じた、共同相続人間の不公平を調整する特別受益の考え方について、相続に強い弁護士が解説します。

「遺産分割」の人気解説はこちら!

遺産分割

2018/12/12

遺産相続に強い弁護士に、相談・依頼する6つのメリット

遺産相続トラブルを抱えている方から、「弁護士には敷居が高くて相談できない。」とか、「弁護士に相談するととても高額の費用がかかるのではないか。」といったお声を聞きます。 確かに、遺産相続トラブルを自分たちだけで解決をできることもありますが、家族内では解決できないほど紛争が激化してしまったとき、遺産相続を解決した実績の豊富な、相続に強い弁護士に相談したり、依頼したりすることはとても有益です。 そこで今回は、遺産相続トラブルを抱えて、弁護士に相談しようかお悩みの相続人の方に向けて、その相続問題を弁護士にご相談い ...

ReadMore

遺産分割

2019/3/13

生前の預貯金の無断引出と、遺留分の関係は?パターン4つを解説!

ご家族がお亡くなりになったときに、「長男に全ての財産を相続させる」といった遺言があると、他の相続人の遺留分を侵害することとなります。民法で定められた最低限の相続分である遺留分を侵害された相続人は、遺留分減殺請求権によって救済を図ります。 しかし、上記のような不公平な遺言が残っていたようなケースでは、すでに、生前もしくは死後に、預貯金が無断で引き出されてしまっており、使われてしまっている場合が少なくありません。 このように、同居の家族や、遺留分を侵害するほどの財産を取得した相続人などが、預貯金を無断で引き出 ...

ReadMore

遺産分割

2019/4/15

異母兄弟には相続権がある?相続分の割合は?【弁護士解説】

「相続人が誰か?(誰が相続権を持っているか?)」を考えるとき、現代の家族関係の複雑さが、問題を難しくすることがあります。 近年では、「3人に1人が離婚する」といわれているように、離婚率が非常に高い状況となっています。そのため、離婚にともなって、意図している場合、意図しない場合いずれも、「異母兄弟」が相続人となるケースがあります。 特に、バツイチ同士が、子連れで再婚した、という場合、誰が相続権を持つのか、また、異母兄弟の具体的相続分はいくらなのか、計算が複雑化することも少なくありません。 今回は、異母兄弟の ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/21

遺留分減殺請求の期限はいつまで?時効・除斥期間は?

相続開始からある程度たった後ではじめて、「自分の相続した財産が少ないのではないか」、「不公平な相続で権利を侵害されたのではないか」と気づいたとき、どのように対応したらよいでしょうか。 民法で最低限相続できることが保障されている「遺留分減殺請求権」の行使には、「時効」、「除斥期間」という2つの期限があり、いつまででも権利行使できるわけではありません。一方で、「時効」については中断する方法があり、きちんと対応しておけば、期間が経過した後でも遺留分を取り戻せます。 そこで今回は、遺留分減殺請求権の「時効」、「除 ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/17

両親が離婚した後も、別れた親を代襲相続できる?【相続Q&A】

今回の相続相談は、ご両親が離婚した後、母方が親権を有して、母方についていった子どもであっても、父方の相続について「代襲相続」をすることができますか?というご相談です。相続問題に詳しい弁護士が、Q&A形式で回答します。 両親が離婚した後でも、親子関係がなくならないことについては、こちらの相続Q&Aでも解説しました。今回はそれを越えて、別れた両親が既にお亡くなりになってしまった場合であっても、その両親に代わって祖父母の財産を「代襲相続」できるかどうかについてです。 「遺産分割」の人気解説はこちら! [toc] ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/13

兄弟姉妹に遺留分はない?兄弟姉妹が相続財産を増やす方法5つ

兄弟姉妹には、遺留分が認められていません。「遺留分」とは、民法に定められた、最低限相続でき、侵害されない財産のことですが、兄弟姉妹は、遺留分を認めてまで相続財産(遺産)を保護するほどの必要性がないと考えられているからです。 遺留分が認めらないと、遺言による贈与(遺贈)や生前贈与によって相続財産(遺産)が一切もらえないという結果になったとき、遺留分減殺請求権という法律上の権利行使によって財産を取り返すことができなくなります。 今回は、兄弟姉妹には遺留分が認められないことと、兄弟姉妹がお亡くなりになったときに ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/15

遺留分減殺請求の相手方・請求先・判断方法・順番は?【弁護士解説】

民法で定められた相続人(法定相続人)が、最低限相続によって承継することが保障されている相続分を「遺留分」といい、遺留分を侵害されたときに、多くの財産を入手した人に対して財産を取り返すために行使されるのが「遺留分減殺請求権」です。 ところで、遺留分減殺請求権を行使する相手方、すなわち、請求先は、誰なのでしょうか。「遺留分を侵害している相手方」に行うのが原則ですが、「遺留分の侵害のされ方」も様々に異なるため、相手方・請求先が誰か迷う場合があります。 例えば、遺留分を侵害する生前贈与、遺贈(遺言による贈与)が複 ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/29

子どもの一人にできるだけ相続財産(遺産)を残さない6つの方法

家庭内に問題があり、子供の1人に、相続財産(遺産)を一切残したくない、という相続相談が少なくありません。しかし、さまざまな方法があるものの「100%必ず、子供の1人に相続財産を与えない」方法はありません。 一般的には、「子どもにできるだけたくさんの財産を残してあげたい」というのが親心でしょうが、中には「勘当した」「縁を切った」「子がどこにいるか、生死もわからない」というご家庭もあります。 一方で、「子どもに与えるくらいなら、配偶者(夫や妻)、近しい友人に財産をもらってほしい」という想いを実現する方法もあり ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/4

相続人になれない?「相続欠格」・「相続廃除」とは?違いは?

民法に、相続人になることができると定められている人のことを「法定相続人」といいます。法定相続人は、本来、必ず相続人になることができますし、相続権を侵害されても「遺留分」という考え方で守られています。 しかし、法定相続人であっても、相続人になることができない場合があります。被相続人側からしても、法定相続人であっても、どうしても相続人にしたくない、というケースがあるのではないでしょうか。 よくある相続相談 「相続欠格」と「相続廃除」の違いを知りたい。 被相続人の立場で、法定相続人から虐待を受けているため、相続 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/13

遺留分減殺請求権の行使方法を、弁護士がわかりやすく解説!

相続が開始されたときに、相続財産をどのように引き継ぐ権利があるかは、民法に定められた法定相続人・法定相続分が目安となります。 しかし、お亡くなりになった方(被相続人)が、これと異なる分割割合を、遺言によって定めていた場合、法定相続人の法定相続分を少しでも権利救済する目的で設けられた制度が、「遺留分減殺請求権」です。 今回は、遺留分減殺請求権を行使するための方法を、相続に強い弁護士が順にわかりやすく解説します。 [toc] 相続財産を守る会を運営する、弁護士法人浅野総合法律事務所では、相続問題と遺産分割協議 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/19

孫に遺産を相続させる方法と、孫への遺贈・養子縁組の注意点

「孫がかわいい」という祖父・祖母の方は多く、また、相続税対策としても「遺産の一部を孫に渡しておきたい」という相続相談をよく受けます。 よくある相続相談 孫の教育資金として、生前贈与して相続対策をしたい。 孫に相続させたいが、相続税が最も安くなる節税対策を教えてほしい。 生命保険の受取人を孫にしてよいか知りたい。 お亡くなりになった方(被相続人)の孫は、子がいない場合には法定相続人になりますし、子がいる場合は法定相続人にはならないものの、遺言による遺贈、生前贈与、養子縁組などの方法で、孫に遺産相続をさせるこ ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/13

遺産分割とは?どのような遺産分割方法・遺産分割手続がある?

親などの家族がお亡くなりになり、相続人が複数いるとき、他の相続人との間で相続財産を分けるためには、遺産分割をしなければなりません。 遺産分割の流れは、遺言書の有無の確認、相続人の確定、遺産分割協議、遺産分割調停・審判と進みます。遺産分割のとき、自分の分け前がどの程度なのか、気になる相続人の方が多いのではないでしょうか。 遺産分割についての基礎知識を理解しておくことで、相続人同士、兄弟間などで大揉めになることなく、相続についての話し合いを有利に進めていくことができます。 「遺産分割」の人気解説はこちら! [ ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/19

相続分以上の財産を得ると、別の相続でも特別受益になる?【相続Q&A】

今回の相続相談は、ある相続で、生前贈与、遺贈などの方法によって相続分以上の財産を取得した場合であっても、その後に起こった別の相続では「特別受益」とされないのか?という相談です。 特別受益とは、被相続人の生前に特別な利益を受けた場合に、その分相続財産(遺産)を取得できる割合が少なくなる制度です。 別の相続、例えば、過去に起こった祖父母の相続や父の相続などで多くの財産を得ていたことは、「特別受益」になるのか?ならないのか?というのが今回の解説です。実際のご相談にお答えする形で、相続に強い弁護士が、Q&A形式で ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/22

【書式付】遺留分減殺請求の内容証明の書き方・作成方法・注意点

遺留分減殺請求権とは、民法で認められた法定相続人のうち、兄弟姉妹以外(配偶者、子、孫、直系尊属)がもつ、遺言などによっても侵害されずに相続できる相続分のことをいいます。 生前贈与や遺言による贈与(遺贈)などによって遺留分が侵害されてしまったとき、遺留分減殺請求をするわけですが、この権利行使の意思表示を確実に相手方に伝えるために、「配達証明付き内容証明郵便」が利用されます。 内容証明郵便は、郵便局が取り扱う送付方法の中でも特殊なものです。そこで今回は、遺留分減殺請求権の行使を確実に行えるように、遺留分減殺請 ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/29

遺留分減殺請求をされても不動産を失わない方法「価額弁償」とは?

民法上、相続人が最低限相続できる財産である遺留分を侵害して多くの財産を得た人は、他の相続人から「遺留分減殺請求権」を行使されるおそれがあります。 遺留分減殺請求をされたとき、不動産(土地・建物)を生前贈与や遺贈などによって得て、多くの相続財産(遺産)を得ていたとき、遺留分減殺請求の結果、その不動産が共有となってしまったり、その不動産を渡さなければならなかったりすることがあります。 「価額弁償」という方法を利用することによって、不動産を多くもらうことによって他の相続人の遺留分を侵害した人であっても、不動産を ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/16

指定相続分とは?法定相続分との違いは?

相続財産(遺産)を相続する割合のことを、「相続分」といいます。そして、相続分には、指定相続分と法定相続分とがあります。 相続財産の分け方は、遺言によって希望通りに決めることができますが、遺留分等に注意しなければなりません。指定相続分について民法の条文は次の通りです。 民法908条 被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から五年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。 今回は、指定相続分についての基礎知識、法定相続分との違い、指 ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/18

「相続放棄」と「代襲相続」の関係を弁護士が解説!【全まとめ】

「相続放棄」と「代襲相続」はいずれも、相続問題を考える際にとても重要なキーワードです。そして、「相続放棄」をすると、相続人ではなくなるため、そのときに、どういうケースで「代襲相続」を考えなければならないのか、が問題となります。 特に、祖父母から両親、そして子への、三代にわたっての相続問題を考える際には、相続放棄と代襲相続との関係は、場面によっては複雑な考慮が必要となる場合もあります。 そこで今回は、相続放棄と代襲相続の関係について、考えられるすべてのケースでどのように処理したらよいかを、相続問題に詳しい弁 ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/6

遺留分減殺請求権で不動産は得られる?不動産の遺留分の3つのこと

不動産(土地・建物など)を持つ地主の場合、特に相続分割のときにトラブルとなりがちです。 不動産を所有した地主の方がお亡くなりになり、「不動産を全て、1人の相続人に相続させる」という遺言書が残っていると、不動産を得られなかった相続人は、どのような請求ができるでしょうか。 よくある相続相談 不動産を相続できると思っていたら、1人の相続人にだけ相続させるという遺言書が発見された。 不動産から得られる賃料を、1人の相続人がずっと得ていた。 相続財産に占める不動産の金額が大きく、不動産の分割方法について話し合いが成 ...

ReadMore

遺産分割

2018/8/7

配偶者の取り分が増加?2018年法改正と「持戻し免除の意思表示」

2018年法改正で、「持戻し免除の意思表示」について、重要な改正がありました。 この「持戻し免除の意思表示」ですが、一般の方にはなじみの薄い専門用語ですので、今回の解説は、よくあるご相談内容をみながら、解説を進めていきます。 よくある相続相談 亡くなった夫が、「一緒に住んでいた自宅を私に与える」という遺言をのこしてくれていました。 自宅をもらえるのはありがたいのですが、自宅をもらってしまったために、逆に、預金や株式など、生活に必要な資金を十分にもらえませんでした・・・。 私たち夫婦は高齢なので、どちらかが ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/24

遺産分割で預貯金をうまく分ける方法と、分け方のポイントを解説

お亡くなりになった方(被相続人)の財産の中で、銀行やゆうちょなどに預け入れてある預貯金もまた、相続される財産(遺産)になります。 そこで、遺産分割のときの、預貯金の分け方と、より良い分割方法のポイントについて、相続問題に強い弁護士が解説します。遺産に預貯金が含まれることが多いため、注意点も解説します。 預貯金の相続、遺産分割のときは、預貯金を勝手に引き出すことはできず、遺産分割協議を行って凍結を解除し、適切な分け方で分割する必要があります。 「遺産分割」の人気解説はこちら! [toc] 預貯金口座の凍結を ...

ReadMore

[toc]

相続財産を守る会を運営する、弁護士法人浅野総合法律事務所では、相続問題と遺産分割協議のサポートに注力しています。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="asano.jpg" name="弁護士
浅野英之"]

弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野です。

民法に定められた法定相続人、法定相続分は、一般的に公平と考えられる相続財産の分け方ですが、遺言生前贈与の結果、共同相続人間の不公平の是正が必要となる場合があります。

特別受益があるときは、相続財産の計算は、特別受益の分を相続財産に持戻して計算して、具体的な相続財産の金額を算出しなければなりません。
[/speech_bubble]

特別受益とは?

特別受益とは、相続人が、お亡くなりになったご家族(被相続人)から、生前贈与を受けたり、遺贈を受けたりすることによって、特別の利益を得ていることをいいます。

特別の利益を受けている相続人がいるとき、遺産分割協議のときに、その相続人と他の相続人とを平等に取り扱うと、特別の利益を受けている分だけ不公平になってしまいます。

そこで民法では、共同相続人間の公平を目的として、特別受益相続分の前渡しとみることで、特別受益分を相続財産に持戻して(加算して)相続分を算出することとしています。

民法903条1項(特別受益者の相続分)

共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。

特別受益が認められる場合とは?

特別受益が、相続人間の不公平感を是正するための制度であることは理解しましたが、親が子に対して、特別の利益を与えるのは普通なのではないでしょうか。

結婚式費用や結納、マイホーム費用や独立開業資金など、どのような贈与も、特別受益として計算しなければならないのでしょうか。

生前贈与が、すべて特別受益となるわけではありません。相続財産の確定のため、特別受益が認められる場合について、正しく理解しましょう。

ご家族からの特別に利益を受けたときに、それが特別受益として認められるかどうか、どこまでの範囲が特別受益となるのか、については、とても難しい問題です。

特別受益と認められる財産の贈与には、次の4つの類型があります。

これらの類型にあてはまる遺贈、贈与のうち、被相続人の資産、収入、社会的地位などを総合的に考慮して、特別受益と認められるどうかが判断されます。

なお、特別受益が認められるかどうかにかかわらず、遺産分割協議を行う前に、相続人の確定、相続財産の調査を行っておく必要があります。

遺贈による特別受益

遺贈とは、遺言によって、遺言者の財産を無償で相続人などに贈与することをいいます。

遺贈は、他の贈与とは違って、その目的にかかわらず特別自益と認められます。

また、包括遺贈であっても特定遺贈であっても特別受益となりますので、「相続させる」という内容の遺言であっても、実質的には遺贈である場合には、特別受益と認められます。

婚姻又は養子縁組のための贈与による特別受益

結婚養子縁組の際に必要となる、支度金、持参金などとすることを目的とした贈与は、原則として特別受益であると認められます。

ただし、金額が少額であって、被相続人の資産の状況、生活状況に照らして、扶養の一部であると考えられる場合には、特別受益とは認められません。

結納金や挙式費用とすることを目的とした贈与は、一般的には特別受益にはならないと考えられています。

学資のための贈与による特別受益

普通教育以上の、高等な教育を受けるための費用を負担してもらった場合には、その利益は、特別の利益として特別受益になります。

しかし、その家庭にとって通常の教育水準であれば、学資のための贈与特別受益にはなりません。例えば、両親ともに私立医学部出身といった場合、たとえ子の学費が高くても、特別受益にならないケースもあるでしょう。

すべての子に対して、同等の教育環境が与えられている場合も同様に、学資のための贈与特別受益とは認められない場合があります。

その他の生計の資本としての贈与による特別受益

居住用の不動産(土地・建物)の贈与や、家を建てるための資金の贈与は、特別の利益として特別受益になります。

独立開業資金、企業資金を目的とした贈与も、特別受益と認められています。

これに対して、扶養義務の範囲内の生活費の援助は、特別受益とは認められません。

特別受益と認められる人とは?

ここまで特別受益として認められる財産の贈与について、類型に応じて説明をしてきました。

特別受益として認められるかどうかは、財産の贈与の方法だけでなく、贈与される人によっても判断されます。特別受益者に該当するのは、遺贈・生前贈与などをなされた時点で、その贈与を受ける者が推定相続人である必要があります。

つまり、相続人になる可能性のない人に対する贈与は、特別受益にはなりません。例えば、祖父母から孫への贈与は、特別受益にはなりません。

注意ポイント

ただし、特別受益と判断されることを回避するために、贈与の対象者について、名義だけ別人にするようなケースでは、特別受益と判断される可能性があります。

例えば、相続人である子に生前贈与すると特別受益となってしまうため、子の配偶者(夫または妻)に対して名義上贈与する、といった場合です。

特別受益の持戻し計算とは?

特別受益は、相続することのできる財産を、一部前渡しされたものと考えて計算します。

特別受益がある場合、相続財産の計算方法は、特別受益によって得た財産を、相続財産に持戻し(加算し)、これを法定相続分にしたがって分けた上で、特別受益者の相続分から特別受益によって受けた利益を控除する、という方法によります。

この計算方法を、「持戻し計算」といいます。

「持戻し計算」とは?

  1. 特別受益者が受けた特別の利益の額を、相続財産の金額に加算し(持戻し)「みなし相続財産」とします。
  2. 持戻した相続財産の金額を、法定相続分に応じた割合で分割します。
  3. 法定相続分から、特別に受けた利益の額を控除した額が、特別受益者の具体的な相続分となります。
  4. 特別に受けた利益の額を控除した結果がマイナスになる場合、相続できる財産はゼロとなります。

たとえば・・・

ある男性の法定相続人が、妻と、子4人であり、死亡時にのこされた相続財産が1億円であったとします。

そして、相続人のうち、長男には、独立開業資金として400万円、長女には結婚の支度金として1000万円を生前に贈与し、次男には600万円を遺贈し、いずれも特別受益にあたるとします。

このときの、法定相続人の具体的相続分の計算は、次のとおりとなります。

  1. それぞれ特別受益によって受けた400万円、1000万円、600万円を持戻して「みなし相続財産」を計算すると、「みなし相続財産」の金額は1億2000万円となります。
  2. 法定相続分は、妻が1/2、子はそれぞれ1/8ずつです。
  3. 法定相続分に応じてみなし相続財産を分割すると、妻6000万円、子はそれぞれ1500万円ずつです。
  4. ここから特別受益分を控除し、妻6000万円、長男1100万円、長女500万円、次男900万円、三男1500万円が具体的相続分となります。

特別受益と認められないケースとは?

相続人に与えられた利益であっても、特別受益とは認められない場合もあります。

相続人に与えられたある利益が特別受益にあたるかどうかが、相続人間で争いとなる場合には、家庭裁判所の遺産分割調停、遺産分割審判において、判断してもらうことができます。

持戻し免除の意思表示があると、特別受益は認められない

特別受益を持戻し計算するのは、相続人間の公平とともに、お亡くなりになったご家族(被相続人)の意思にも合致すると考えられているからです。

特別の利益を与えたとしても、それ以外の財産の分割には影響させないという意思を被相続人が持っていた場合には、遺留分を侵害しない限り、その意思が尊重されます。

つまり、「持戻し計算をしない。」という被相続人の意思が明示されていれば、特別受益を受けた人が、その不公平を是正されず、利益を受けることができます。これを「持戻し免除の意思表示」といいます。

お亡くなりになったご家族が、「ある相続人に、特に利益を与えたい。」という意思で行った生前贈与、遺言などは、その意思が尊重されます。ただし、遺留分侵害には注意が必要です。

参 考
遺留分の割合について、詳しくはこちらをご覧ください。

相続のときに、「相続財産(遺産)をどのように分けるか」については、基本的に、被相続人の意向(生前贈与・遺言)が反映されることとなっています。 被相続人の意向は、「遺言」によって示され、遺言が、民法に定 ...

続きを見る

参 考
遺留分の計算方法について、詳しくはこちらをご覧ください。

相続の専門用語である「遺留分」の考え方について、弁護士が、わかりやすく解説します。 「遺留分」とは、ご家族がなくなったときに発生する、「相続人が、これだけはもらえる。」という財産の割合のことです。 相 ...

続きを見る

生命保険は、特別受益と認められない

最高裁判所の決定によれば、生命保険(死亡保険金)は、原則として、特別受益にはならないものと判断されています(最高裁平成16年10月29日決定)。

ただし、生命保険の死亡保険金の金額が、相続財産の大部分を占めている場合など、特別受益として持戻し計算をしなければ著しく不公平な場合には、例外的に、生命保険が特別受益と認められるものとされています。

相続財産のうち、どの程度の割合を占めている生命保険であれば、特別受益と評価されるのかについて、次のとおり、裁判例の基準を参考にしてください。

もっとくわしく!

生命保険が特別受益と認められなかった例

  • 最高裁判所平成16年10月29日決定
    :生命保険が、相続財産の9.6%
  • 大阪家裁境支部平成18年3月22日審判
    :生命保険が、相続財産の6.1%

生命保険が特別受益と認められた例

  • 東京高裁平成17年10月27日決定
    :生命保険が、相続財産の99.9%

なお、不公平といえるほどの特段の事情があるかどうかは、死亡保険金の額や相続財産に占める割合のほか、同居の有無、相続人による貢献の度合いなどを総合考慮するものとされています。

その他、特別受益とは認められない場合とは?

家庭裁判所において特別受益があったと認めてもらえるためには、証拠が必要となります。そのため、特別の利益を受けた証拠がなければ、特別受益があったかどうかを証明すること自体が困難となってしまいます。

例えば、預金を引き出して現金化して交付し、領収書なども残さずに長期間経過してしまったケースでは、特別受益が認められない可能性が高いです。

相続人・被相続人間で、金銭の授受や、資金の移動があったとき、振込明細、領収書、通帳の記載などの証拠によって、これを証拠化、記録化しておく必要があります。

そもそも、特別の利益とは評価されない場合も、特別受益とは認められません。

例えば、学費が、他の相続人よりも少し高額であった、という程度では、特別受益とは認められない可能性が高いです。

相続問題は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか。今回は、生前贈与遺贈などによって起こる、相続人間の不公平を是正するための特別受益が認められる場合、認められない場合について、相続に強い弁護士が解説しました。

自分以外の相続人が、お亡くなりになったご家族から特別の利益を受けていたとき、特別受益の考え方を理解し、正しく相続財産を計算することによって、不公平な状況を回復しなければなりません。

特別受益の考え方を活用した、円満で損のない相続の実現のためには、相続に関する豊富な知識、経験を有する弁護士への相談が重要となります。

「相続財産を守る会」には、相続に強い弁護士が在籍しており、特別受益の絡む相続問題を多く解決した過去の実績から、無料相談にて相続をお手伝いしています。

ご相談の予約はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-遺産分割
-

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.