相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

遺産分割

遺留分減殺請求の相手方・請求先・判断方法・順番は?【弁護士解説】

投稿日:

民法で定められた相続人(法定相続人)が、最低限相続によって承継することが保障されている相続分を「遺留分」といい、遺留分を侵害されたときに、多くの財産を入手した人に対して財産を取り返すために行使されるのが「遺留分減殺請求権」です。

ところで、遺留分減殺請求権を行使する相手方、すなわち、請求先は、誰なのでしょうか。「遺留分を侵害している相手方」に行うのが原則ですが、「遺留分の侵害のされ方」も様々に異なるため、相手方・請求先が誰か迷う場合があります。

例えば、遺留分を侵害する生前贈与、遺贈(遺言による贈与)が複数行われ、相手方・請求先となりそうな「遺留分を侵害している人」が複数いるケースです。

今回は、遺留分を侵害され、不公平な相続を強いられた相続人が、遺留分減殺請求権を行使するときの相手方・請求先について、相続に強い弁護士が解説します。

「遺産分割」の人気解説はこちら!

遺産分割

2018/11/12

未成年者の特別代理人が必要な場合と、選任方法を弁護士が解説!

相続において、相続人の中に未成年者がいるとき、未成年者の特別代理人が必要な場合があります。例えば、お亡くなりになった方の妻と未成年の子が相続人であるといったケースです。 通常であれば、親は「法定代理人」として未成年者を代理して手続を行うことができますが、相続問題に限っては、妻と未成年の子の利益が相反する可能性があるため、母親として「法定代理人」になることはできません。 ご主人がお亡くなりになり、何もする気が起きなくなってしまうことでしょう。複雑な手続きをすぐに行う気力がわかない、というつらい気持ち、悲しい ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/9

特別受益とは?認められる場合・認められない場合と計算方法

お亡くなりになったご家族から、生前に、学費や住宅の新築、建替えなど、多くの援助をしてもらった相続人と、援助を全くしてもらえなかった相続人との間で、不公平感が生じることがあります。 相続人間の、生前にお亡くなりになったご家族(被相続人)から受けた利益による不公平をなくすための制度が、特別受益です。 よくある相続相談 長男は結婚してマイホームの頭金をもらったが、次男は、独身で実家に住んでいる。 長男の私立大学の学費を全て親が出したが、次男は公立大学に通った。 娘は、結婚の際に多くの援助を受けたが、息子は全く援 ...

ReadMore

遺産分割

2018/8/15

遺留分侵害額請求権とは?遺留分侵害への対応が、法改正で変わる!

相続問題が発生し、相続人間でトラブルになると、「もらえるはずの遺産がもらえなかった・・・。」という問題が発生します。 「もらえるはずの遺産」のことを「法定相続分」といいます。「民法」という法律に定められた、「相続できるはずの財産」のことです。 ご家族がお亡くなりになったとき、相続をあてにしていたのに、もらえるはずの遺産がもらえなかったら、どうしますか? 私たち弁護士のもとにも、次のような相続の相談が寄せられることがよくあります。 よくある相続相談 兄弟(姉妹)なのに、自分は全く遺産をもらえなかった。 亡く ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/1

遺留分減殺請求の前後に、目的物が第三者に譲渡されたときの対応は?

遺留分減殺請求権とは、民法に定められた相続人(法定相続人)のうち、兄弟姉妹以外の人が、少なくとも最低限相続することができる割合を確保するため、より多く相続財産(遺産)を取得した人から取り返す権利のことをいいます。 遺留分減殺請求権は、現在の制度では、相続財産(遺産)そのものを取り戻すことが原則とされており、例外的に、権利行使を受けた人が選択する場合には、「価額弁償」といって、相当額の金銭を支払うことを選ぶことができます。 しかし、遺留分を侵害するような不公平な生前贈与、遺贈などが行われているケースでは、遺 ...

ReadMore

遺産分割

2019/3/13

生前の預貯金の無断引出と、遺留分の関係は?パターン4つを解説!

ご家族がお亡くなりになったときに、「長男に全ての財産を相続させる」といった遺言があると、他の相続人の遺留分を侵害することとなります。民法で定められた最低限の相続分である遺留分を侵害された相続人は、遺留分減殺請求権によって救済を図ります。 しかし、上記のような不公平な遺言が残っていたようなケースでは、すでに、生前もしくは死後に、預貯金が無断で引き出されてしまっており、使われてしまっている場合が少なくありません。 このように、同居の家族や、遺留分を侵害するほどの財産を取得した相続人などが、預貯金を無断で引き出 ...

ReadMore

遺留分減殺請求権を行使する相手方・請求先とは?

遺留分減殺請求権は、相続人間に不公平が生じてしまうような生前贈与、遺贈(遺言による贈与)が行われたとき、兄弟姉妹以外の法定相続人(配偶者、子・孫、両親・祖父母など)がもつ、不公平を解消するために財産を取り戻す権利です。

しかし、遺留分を侵害されたとき、遺留分減殺請求権を行使する相手方・請求先は、誰でもよいわけではありません。遺留分侵害の原因となった、最も不公平を解消できる人が相手方となることとなっており、民法で次の通りルール化されています。

民法1033条(贈与と遺贈の減殺の順序)

贈与は、遺贈を減殺した後でなければ、減殺することができない。

民法1034(遺贈の減殺の割合)

遺贈は、その目的の価額の割合に応じて減殺する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

民法1035(贈与の減殺の順序)

贈与の減殺は、後の贈与から順次前の贈与に対してする。

以上の民法の規定を理解することによって、実際に遺留分の侵害を受けている相続人が、どのような相手方に対して、権利行使の通知書(内容証明郵便など)を送ったらよいのかを判断することができます。弁護士が、順に解説します。

なお、遺留分減殺請求権は「相続開始を知った時から1年(もしくは、相続開始から10年間)」という消滅時効の定めがあり、権利行使に期限があります。権利行使の相手方・請求先を知らないうちに期限を過ぎてしまうことのないようご注意ください。

参 考
遺留分が認められる割合と計算方法は、こちらをご覧ください。

相続のときに、「相続財産(遺産)をどのように分けるか」については、基本的に、被相続人の意向(生前贈与・遺言)が反映されることとなっています。 被相続人の意向は、「遺言」によって示され、遺言が、民法に定 ...

続きを見る

遺留分減殺請求権を行使する相手方・請求先は誰?候補者は?

では、実際に、あなたが遺留分に関する権利を行使することを考えたときに、相手方・請求先となりうる候補の人ごとに、その判断基準を弁護士が解説します。

遺留分減殺請求権の相手方・請求先は、遺留分を侵害している生前贈与の受贈者、遺贈の受遺者などが原則です。

他方で、具体的な状況によっては、直接の侵害者ではない転得者などに請求できる場合や、遺言執行者など、特殊な立場にある人に対して権利行使の通知をしなければならない場合もあり、注意が必要です。

参 考
遺留分減殺請求の期限は、こちらをご覧ください。

相続開始からある程度たった後ではじめて、「自分の相続した財産が少ないのではないか」、「不公平な相続で権利を侵害されたのではないか」と気づいたとき、どのように対応したらよいでしょうか。 民法で最低限相続 ...

続きを見る

共同相続人(きょうどうそうぞくにん)

「共同相続人」とは、相続人が複数いるときの、他の相続人のことです。相続人は、配偶者は必ず相続人となり、その他、子・孫、直系尊属(両親・祖父母)、兄弟姉妹の優先順位で相続人となります。また、子、両親、祖父母、兄弟姉妹などが複数いる場合もあります。

そのため、相続人は複数となることが少なくありません。

そして、相続人のうちの一部が、生前贈与や遺贈を受けたり、相続の割合を遺言で指定されていたりすることで、遺留分を侵害するほど多くの相続財産(遺産)を得ていた場合、その共同相続人は、遺留分減殺請求権の行使の相手方・請求先となります。

参 考
法定相続人の範囲・順位と割合は、こちらをご覧ください。

身近なご家族がお亡くなりになってしまったとき、「誰が財産を相続することができるのだろう。」と不安に思うことでしょう。 遺言・遺書などがのこされていたなど、お亡くなりになったご家族の意思が明らかでない場 ...

続きを見る

受遺者(じゅいしゃ)

「受遺者」とは、遺贈(遺言による贈与)を受けた人のことです。相続人以外の人であっても、遺贈の対象である受遺者になることができます。

遺贈によって与えられた財産が多額になる場合、遺贈を受けられなかった相続人の遺留分が侵害されることがあります。遺贈は、生前贈与よりも優先的に遺留分減殺請求権の対象となりますので、受遺者が、権利行使の相手方・請求先となります。

譲受人(ゆずりうけにん)

「譲受人」とは、受遺者から、遺留分減殺請求権の対象となる財産を譲り受けた人のことです。遺留分減殺請求権を行使する前に、受遺者が目的物を第三者に譲渡してしまった場合、その財産を遺留分に関する権利行使で取り戻すことはできないのでしょうか。

この点について原則としては、譲受人は、遺留分減殺請求権の相手方・請求先とはならず、遺留分の権利は、受遺者に対して、価額弁償を請求するのみとなります。例外的に、遺留分を侵害することを知って譲り受けた譲受人は、遺留分減殺請求権の相手方・請求先となります。

なお、遺留分減殺請求権の行使の意思表示を受けた後で、受遺者が対象物を譲渡した場合には、先に登記を備えたほうが、その物に関する権利を得ます。

参 考
遺言書に記載された財産が譲渡された場合の対応は、こちらをご覧ください。

相続対策として遺言書を作成している人の中でも、「争続」の大変さを理解している人は、かなり若いうちから遺言を残している人もいます。しかし、生前早くから相続対策をすればするほど、「遺言書に書いた財産がなく ...

続きを見る

転得者(てんとくしゃ)

「転得者」とは、遺留分減殺請求権の対象となる財産を、譲受人から、さらに譲渡を受けた人のことです。

転得者も、譲受人と同様に、原則としては遺留分減殺請求権の相手方・請求先にはなりませんが、例外的に、遺留分を侵害することを知って譲り受けた場合には、遺留分減殺請求権の相手方・請求先となります。

転得者が存在するとき、遺留分を持つ権利者としては、受遺者、譲受人、転得者がそれぞれ遺留分減殺請求の相手方・請求先となり得ることとなり、判断が困難です。この場合、すべての候補者に対して、配達証明付内容証明郵便による意思表示を通知すべきです。

承継人(しょうけいにん)

「承継人」とは、遺留分減殺請求権の相手方・請求先の人を、その地位を包括的に承継した人のことをいいます。例えば、遺留分減殺請求権の相手方・請求先の人が、その後に死亡した場合の相続人が、「承継人」の典型例です。

遺留分減殺請求権の消滅時効は1年、除斥期間は10年ですが、相続開始をしらない遺留分権利者などがいた場合、時効が進行しない間に、遺留分減殺請求権の相手方・請求先の人がお亡くなりになってしまうこともあります。

そのため、「承継人」もまた、遺留分減殺請求の相手方・請求先になり得ます。

遺言執行者(いごんしっこうしゃ)

「遺言執行者」とは、遺言書を、その文言通りに執行するために選任される役職のことをいいます。遺言執行者もまた、遺言執行前であれば、遺留分減殺請求権の相手方・請求先となる場合があります。なお、遺言執行後は、遺言執行者に対して遺留分減殺請求はできません。

具体的には、遺言によって包括遺贈が定められている場合であって、いまだ遺言の執行が未了である場合に、遺言執行者が遺留分減殺請求権の相手方・請求先となります。包括遺贈とは、遺贈の目的物を特定せず、一部または全部を遺贈することです。

遺言執行者と、2018年法改正による権限の明確化は、こちらをご覧ください。
【オーナー経営者向け】事業承継時の株式譲渡契約書のポイント5つ!

相続・事業承継を考えるとき、オーナー経営者(経営株主)から後継者への株式の移転(譲渡)が、重要なポイントの1つとなります。 「ハッピーリタイアのための資金が必要である」など、引退する経営者がお金を得た ...

続きを見る

遺留分減殺請求の相手方・請求先の判断方法・順序は?

以上の通り、遺留分減殺請求の相手方・請求先となり得る候補者についてご理解いただいた上で、次に、具体的に相続開始したとき(被相続人の死亡時)、誰に対して遺留分減殺をするかを知るための判断方法を、弁護士が解説します。

相手方・請求先がわかったら、次の順序で、遺留分の権利を行使し、実現する流れで進めてください。

ポイント

遺留分減殺請求権の通知(内容証明郵便)
話し合い(交渉・協議)
遺留分減殺請求調停(調停前置)
遺留分減殺請求訴訟

参 考
遺留分減殺請求調停の申立てから解決までの流れは、こちらをご覧ください。

遺産分割調停とは、相続財産(遺産)の分割方法について、家庭裁判所において、調停委員の関与のうえで話し合いを行うことです。遺産分割協議が、いざ進めると相続人本人間だけでは思ったようにまとまらないとき利用 ...

続きを見る

参 考
遺留分減殺請求訴訟の提起から判決までの流れは、こちらをご覧ください。

相続人の最低限の相続分を確保するための「遺留分減殺請求」にまつわる争いごとを行うとき、話し合い(交渉・協議)や調停によっても解決できないときに利用されるのが「遺留分減殺請求訴訟(いりゅうぶんげんさいせ ...

続きを見る

生前贈与より、遺贈を先に減殺する

遺留分を侵害されており、生前贈与と遺贈とが両方存在するときに、どちらが遺留分侵害に寄与しているのか、どのように判断したらよいのでしょうか。

遺留分減殺請求権の考え方においては、生前贈与よりも、遺贈を優先して減殺請求の対象とするものと決められています。つまり、受贈者よりも先に、受遺者から遺留分減殺請求権の相手方・請求先にするのです。

遺贈をすべて減殺した(受遺者から相続財産を取り戻した)上で、まだ遺留分の侵害が残っている場合には、次に、生前贈与を減殺する(受贈者から相続財産を取り戻す)という順で進めます。

遺贈は、遺贈額の按分で減殺する

遺贈が複数ある場合には、その遺贈の価額に応じて、割合的に減殺することとされています。つまり、遺留分侵害額を、遺贈額で割って、その割合分だけの相続財産(遺産)を、それぞれの受遺者から取り戻せるというわけです。

ただし、例外的に、遺言による別段の意思表示がある場合には、これに従うものとされています。つまり、遺贈が複数あるけれども、その減殺の順序について遺言に定められているときは、遺言にしたがった順序で減殺請求の相手方・請求先としていきます。

生前贈与は、新しいものから順に減殺する

遺留分を侵害されているとき、生前贈与が複数あるときは、新しい生前贈与から古い生前贈与の順番で、遺留分減殺請求権の相手方・請求先としていきます。

これは、生前贈与はかなり昔になされたものも減殺請求権の対象となり得るため、古い贈与のほうが、新しい贈与のほうが、贈与の安定性を保護する必要が高く、逆に言うと、減殺されてしまうと、第三者を侵害する可能性が高いためです。

誰が相手方・請求先かわからないときは?

ここまでお読みいただければ、遺留分減殺請求権の請求先・相手方が誰で、どのような判断基準で選択すればよいか、ご理解いただけたのではないでしょうか。

具体的な状況によって異なりますが、「譲受人」や「転得者」など、その人に悪意があるかどうかによって相手方・請求先になるかどうかの結論が異なる場合には、念のため、配達証明付き内容証明郵便で、意思表示を伝えておくことがお勧めです。

少なくとも、自分が知らないところで生前贈与や遺贈がなされている可能性もありますから、知り得る共同相続人全てに対しては、遺留分減殺請求権を行使する意思表示を通知すべきです。

特に、「誰に生前贈与がされているかわからない」等、結局誰が遺留分減殺請求権の請求先・相手方かが不明な場合には、全ての候補者に対して通知を行う必要があります。

相続問題は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか?

今回は、遺留分の権利を認められており、不公平な相続を強いられている方に向けて、遺留分減殺請求権の請求先・相手方をどのように判断したらよいかについて、弁護士が解説しました。

遺留分減殺請求権の請求先・相手方をきちんと理解し、正しい相手に対して権利行使の意思表示をしなければ、相手方を知らなかったり、間違えていたりする間に「相続開始を知ったときから1年」という消滅時効期間が経過してしまうおそれがあります。

「相続財産を守る会」では、遺留分減殺請求に関するサポート経験が豊富で、知識、ノウハウを有する弁護士が、あなたの不公平な相続を解消し、相続財産(遺産)を取り戻すお手伝いをします。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-遺産分割
-,

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2021 All Rights Reserved.