相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言の比較!結局どちらがいい?弁護士が解説

投稿日:

数ある遺言書の種類のうち、特によく利用されているのが「自筆証書遺言」「公正証書遺言」の2種類です。この2つの遺言については聞いたことがある方が多いでしょう。他方、秘密証書遺言や緊急時の遺言の利用頻度は非常に低いです。

自筆証書遺言にも公正証書遺言にも、いずれもメリット、デメリットがあると解説されています。メリット、デメリットとして非常に多くの項目を比較していくと、結局どちらを利用したらよいかわからなくお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、ご状況に合わせて結局自筆証書遺言と公正証書遺言、どちらを利用したらよいのかを、相続・遺言に詳しい弁護士がわかりやすく解説します。

「遺言」の人気解説はこちら!

遺言

2018/11/12

口約束の相続は有効?口約束の遺産をもらう2つの方法【弁護士解説】

亡くなったご家族が、生前に残した口約束が、相続のとき問題となることがあります。「私が死んだら、一緒に住んでいた家は、妻のために残す」と言われていた人は、遺産分割協議のとき強く主張するでしょう。 一方で、共同相続人にとって、「全ての財産をあなたに譲る」と他の相続人が言われていたと主張するとき、相続で取得できる財産の激減を意味しますから、強硬に反対するに違いありません。 よくある相続相談 相続財産をもらう口約束をしてもらった相続人が、財産を確実に取得する方法はありますか? 口頭による相続の約束は、遺言として有 ...

ReadMore

遺言

2019/2/11

遺言者より先に相続人が死亡した場合の対応は?代襲相続できる?

遺言をのこしてくれたご家族(遺言者)が、「全ての財産を相続させる」と遺言に書いてくれたのに、その遺言者よりも先に、財産をのこされる側の相続人(受遺者)がお亡くなりになってしまった場合、どのように対応すればよいのでしょうか。 受遺者はもはやこの世にいないわけですから、遺言書の通りに相続させることはできません。相続問題において、相続人が先に死んでしまったときにその子が代わりに相続する「代襲相続」がありますが、遺言の際には同様の状況でも「代襲相続」とはなりません。 そこで今回は、例えば祖父が、「長男にすべての財 ...

ReadMore

遺言

2018/12/22

遺言執行者とは?2018年の法改正で権限が明確化!

相続財産(遺産)を、大切な家族やお世話になった方にどう分けてもらうかを生前に決めておく方法に、「遺言」の制度があります。遺言の中に、不動産は配偶者(妻や夫)に、預金は子どもに、などと財産の分け方を書いておくのです。 財産の分け方を遺言で決めても、いざ遺言者がお亡くなりになると、財産を遺言書どおりに分けるための手続きが必要です。 遺言に書かれた内容を実現する行為を、「遺言の執行」と呼び、この遺言の執行をする役割を負う人のことを、「遺言執行者」といいます。 2018年(平成30年)7月の相続法の改正で、遺言執 ...

ReadMore

遺言

2019/3/5

夫婦で一緒に遺言書を作成するときの注意点と、共同遺言の禁止

相続対策を検討するとき、相続問題は、ある1人の問題ではありません。ご家族全体の問題であるという自覚をもって、家族全員で話し合いをしながら、遺言書の作成など生前対策を進めるのはとても効果的です。 しかし、夫婦で一緒に遺言書を作成しようと考えるときには、注意点があります。それは、「共同遺言」が禁止されているということです。 夫婦の相続財産(遺産)の行方について、将来のことは未定ですので、「原則として配偶者(夫や妻)に残す。しかし、配偶者が死亡している場合には、長男に残す」と遺言したいとき、どのように進めたらよ ...

ReadMore

遺言

2019/1/6

複数の遺言書が発見!対応は?どれが優先?【弁護士が解説!】

遺言書とは、お亡くなりになったご家族の、相続財産の分け方についての意向を示す、とても重要な書類です。その効果は絶大で、民法に定められた法定相続分よりも、遺言書に書かれた指定相続分が原則として優先します。 しかし、尊重されるべき重要な書類である遺言書が、複数発見されたとき、どのように対応したらよいでしょうか。どの遺言書にしたがえばよいのでしょうか。優先順位などはあるのでしょうか。特に、全ての遺言書の内容が全く違い、相反するとき混乱することでしょう。 遺言書は、お亡くなりになった方(被相続人)が熟考に熟考を重 ...

ReadMore

【判断基準①】遺言作成を弁護士に依頼するかどうか

まず、遺言書の作成を弁護士に依頼するかどうかによって、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」のいずれがよいかが変わります。

いずれにしても弁護士に依頼して適切な遺言書案を練りたいところではありますが、弁護士に依頼しない場合、自筆証書遺言の方法によってしまうと、有効要件を満たさず、お亡くなりになった後で遺言が無効だったと判明してしまう場合があるからです。

自筆証書遺言の、「誰にでも簡単に作成できる」というメリットだけにとらわれてしまうと、自筆証書遺言の方式が非常に厳しく民法に定められているデメリットを見逃してしまいがちです。

弁護士に依頼しないとしても、公正証書遺言にしておけば、最悪公証人が遺言書が有効となるかどうかはチェックしてくれます。また、遺言者が遺言の内容を伝えれば、その趣旨にかなうような文書を公証人が作成してくれます。

ただし、たとえ公証人といえども遺言内容が適切であることは保障してくれないので過信は禁物です。

参 考
遺言書がトラブルの原因となるケースと解決法は、こちらをご覧ください。

相続の生前対策として「遺言書を書くこと」がよくあげられます。しかし、お亡くなりになったご家族残していた遺言が、かえってトラブルの原因・発端となることもあります。 「遺言書がなくて遺産分割でもめた」とい ...

続きを見る

【判断基準②】遺言内容が秘密かどうかは関係ない

「遺言の内容を秘密にしておきたい」という理由で、自筆証書遺言の方式を利用する方がいますが、あまりお勧めの判断基準とはいえません。

というのも、遺言を秘密にするため自筆証書遺言を作るという人は、弁護士にも依頼していないことが多く、先ほど解説した通り、無効となってしまうような自筆証書遺言を作りがちだからです。

一方で、公正証書遺言の秘密が保たれないわけではありません。確かに、公証人、証人には見られるものの、公証人は、裁判官、検事、弁護士、法務局長経験者から選ばれ、職務上の守秘義務があります。証人にも、相続人や親族などを選ばなければならないわけではありません。

弁護士にも、弁護士法で定められた厳しい守秘義務があります。そのため、弁護士は、相続相談の内容を、たとえ親族、家族であっても漏らすことはありません。「遺言を秘密にしたい」というだけの理由で遺言の方式を選ぶべきでないことをご理解ください。

【判断基準③】遺言作成費用がかかるかどうか

公正証書遺言を作成するときは、公証役場に支払う作成費用がかかります。また、公正証書遺言の作成時には、作成過程の全てに2人以上の証人が立ち会う必要がありますが、証人に日当を支払うこともあります。

しかし、「遺言作成費用がかかるから」という理由で、公正証書遺言をやめて自筆証書遺言にすることはお勧めできません。

公正証書遺言でも自筆証書遺言でも、作成を弁護士に依頼するときには一定の弁護士費用がかかります。また、遺言書は、相続財産(遺言)を守るためのものであり、そもそも作成費用すら支払えないのであれば、遺言によって守る財産もないと考えられるからです。

【判断基準④】遺言執行が確実かどうか

遺言をのこしてお亡くなりになった場合には、相続開始後に、遺言が執行されます。つまり、遺言に指定したとおりの相続が実行されるということです。この遺言執行の場面でも、自筆証書遺言公正証書遺言には大きな違いがあります。

公正証書遺言の場合には、「執行力」があります。つまり、遺言書に記載されたとおりに従わない者に対して、公正証書遺言をもって強制執行をすることができます。

また、自筆証書遺言の場合には、公証人などの専門家が関わっていないことから偽造、変造、隠匿のおそれがあるため、家庭裁判所で検認の手続を行う必要があり、遺言執行の準備に手間がかかります。

参 考
遺言の調査方法と検認の手続は、こちらをご覧ください。

「遺言書」が、相続において非常に重要であることは、一般の方でもご理解いただけているのではないでしょうか。遺言が存在する場合には、民法の原則にしたがわない遺産分割を行わなければならないことが多いからです ...

続きを見る

公正証書遺言のほうが安全確実

以上のとおり、各判断基準に分けて、自筆証書遺言と公正証書遺言のメリットとデメリットを比較しました。最終的にどちらを選ぶほうがよいかは、遺言をのこす人が「どの点(判断基準)を重視するか。」にもよってかわります。

しかし、結局どちらがよいかを考えるとき、公正証書遺言のほうが、安全で確実な遺言方法であるといってよいでしょう。結論としては、弁護士として公正証書遺言を作成する方をお勧めします。

作成マニュアルや書籍などを購入して自筆証書遺言を作成する人は多く、「簡単に書ける遺言」などといった本も多く出ています。

しかし、実際に遺言と相続のからむ法律相談を受ける弁護士の立場からすれば、不備のある遺言書しかなかったり、遺言書の有効性が争いになったりすることは、皆さまが想像しているよりはるかに多いとお考え下さい。

参 考
公正証書遺言の作成方法と注意点は、こちらをご覧ください。

公正証書遺言は、自筆証書遺言、秘密証書遺言といった、その他の遺言の形式に比べて、確実性が高く、偽造、改ざんをされにくい点で、最もお勧めの遺言方法です。 遺言書を作成して遺言を残そうと、弁護士、税理士、 ...

続きを見る

遺言作成は、「相続財産を守る会」にお任せください。

いかがでしたでしょうか?

今回は、自筆証書遺言公正証書遺言とを比較することで、「結局どちらの方法で遺言書を作成したらよいの?」というお悩みに弁護士が回答しました。結論としては、公正証書遺言を選択したほうがよいケースがほとんどです。

公正証書遺言を作成することを決断したとき、重要になるのが、公証役場にもっていく遺言書の原案です。というのも、遺言書の原案が適切な内容となっているかどうかまで、公証人は確認してくれないためです。もちろん、有利な相続についてのアドバイスもしてくれません。

「相続財産を守る会」では、公正証書遺言の原案作成はもちろん、公証役場との連絡窓口、スケジュール調整、戸籍など必要書類の収集から立会い証人の準備まで、弁護士に一貫してお任せいただくことができます。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-遺言
-,

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.