相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

遺産分割

異母兄弟には相続権がある?相続分の割合は?【弁護士解説】

投稿日:

「相続人が誰か?(誰が相続権を持っているか?)」を考えるとき、現代の家族関係の複雑さが、問題を難しくすることがあります。

近年では、「3人に1人が離婚する」といわれているように、離婚率が非常に高い状況となっています。そのため、離婚にともなって、意図している場合、意図しない場合いずれも、「異母兄弟」が相続人となるケースがあります。

特に、バツイチ同士が、子連れで再婚した、という場合、誰が相続権を持つのか、また、異母兄弟の具体的相続分はいくらなのか、計算が複雑化することも少なくありません。

今回は、異母兄弟の相続権と、相続分の割合について、相続に強い弁護士が解説します。

「遺産分割」の人気解説はこちら!

遺産分割

2019/1/4

遺留分の放棄はできる?方法・手続と注意点を弁護士が解説!

他の相続人にあらかじめ遺留分を放棄させたい、もしくは、「争続」を回避するために、遺留分を放棄したい、という相続相談が、弁護士のもとに寄せられます。しかし、遺留分の放棄は、(特に、ご家族がお亡くなりになる前には)容易ではありません。 遺留分の放棄は、ご家族がお亡くなりになる前に行うものについては、強制的に、無理やり放棄させられてしまう場合に備えて、本人の意思では自由には行えないことになっています。「相続放棄」とも間違えやすいですが、区別して理解してください。 遺留分の放棄をすると、放棄した人は相続人となるこ ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/2

相続放棄申述受理証明書とは?取得する必要あり?入手方法は?

相続放棄とは、相続人が、相続する権利を放棄することです。「相続しない」と宣言すること、と言ってよいでしょう。 相続をすると、亡くなった方のプラスの財産だけでなく、マイナスの財産、つまり借金・負債も引き継ぐため、亡くなった方が借金を多く抱えていた場合、借金を引き継がないために相続放棄を検討します。 相続放棄の手続きを家庭裁判所で行うと「相続放棄申述受理通知書」という書面が交付され、ほとんどの相続手続きはこの書面で進められます。 しかし、相続放棄申述受理通知書では足りず、「相続放棄申述受理証明書」を発行しても ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/15

遺留分減殺請求の相手方・請求先・判断方法・順番は?【弁護士解説】

民法で定められた相続人(法定相続人)が、最低限相続によって承継することが保障されている相続分を「遺留分」といい、遺留分を侵害されたときに、多くの財産を入手した人に対して財産を取り返すために行使されるのが「遺留分減殺請求権」です。 ところで、遺留分減殺請求権を行使する相手方、すなわち、請求先は、誰なのでしょうか。「遺留分を侵害している相手方」に行うのが原則ですが、「遺留分の侵害のされ方」も様々に異なるため、相手方・請求先が誰か迷う場合があります。 例えば、遺留分を侵害する生前贈与、遺贈(遺言による贈与)が複 ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/20

親を介護したら、多くの財産を相続できる?相続分を増やす方法は?

介護が必要となった方がお亡くなりになるとき、お亡くなりになる直前の介護負担は相当大変なものとなることが予想されます。介護の貢献をたくさんした相続人にとっては、より多くの財産を相続したいと考えるお気持ちは当然のことです。 しかし、既に同居をしていなかったり、遠方に嫁いでしまったりして、介護を受け持たなかった相続人が、「法定相続分通りこそが公平」、「介護負担など同居していればそれほど重くないのでは」と反論してきて、「争続」となってしまうことも少なくありません。 そこで今回は、お亡くなりになった方(被相続人)の ...

ReadMore

遺産分割

2018/8/15

遺留分侵害額請求権とは?遺留分侵害への対応が、法改正で変わる!

相続問題が発生し、相続人間でトラブルになると、「もらえるはずの遺産がもらえなかった・・・。」という問題が発生します。 「もらえるはずの遺産」のことを「法定相続分」といいます。「民法」という法律に定められた、「相続できるはずの財産」のことです。 ご家族がお亡くなりになったとき、相続をあてにしていたのに、もらえるはずの遺産がもらえなかったら、どうしますか? 私たち弁護士のもとにも、次のような相続の相談が寄せられることがよくあります。 よくある相続相談 兄弟(姉妹)なのに、自分は全く遺産をもらえなかった。 亡く ...

ReadMore

そもそも「異母兄弟」とは?

異母兄弟(いぼきょうだい)とは、その名のとおり「母が異なる兄弟」のことをいいます。つまり、父親は同じだけれども、母親が異なる兄弟関係にある親族のことです。

生まれてきた母が違うことから、「腹違い」と俗称することもあります。当然、「父が異なる兄弟」、つまり、「異父兄弟」もあります。

離婚件数の増加に伴い、次のように親族関係が複雑なケースがあります。

ポイント

離婚前に隠し子がいた
前婚でできた子が連れ子となって、後婚で養子縁組をした
バツイチ同士の再婚で互いに連れ子がいるが、養子縁組はしなかった

結婚時に、前もって前婚時の子どもの有無を正直に教えていれば、あらかじめ生前に対策もできますが、異母兄弟がいることを伝えていなかった場合、お亡くなりになり相続が開始してはじめて発覚するという場合もあります。

異母兄弟にも原則として相続権がある

異母兄弟であっても、同じ父親の子どもです。血のつながりがあるので、異母兄弟にも相続権があります。

もっとも、両親がともに同じである兄弟と、異母兄弟とでは、扱いが違う場合があります。

共通の父親が亡くなった場合の相続権

父親が亡くなった場合、異母兄弟は、同じ父親の子ですので、当然に相続権があります。

一方、前妻の子と、後妻の間には、血のつながりも家族関係もないので、後妻が亡くなった場合でも、前妻の子に相続権はありません。前妻の子が亡くなった場合も、後妻に相続権はありません。

後妻の子と、前妻の間の関係も同様に、相続権はありません。

兄弟姉妹が亡くなった場合の相続権

兄弟姉妹が亡くなった場合の、異母兄弟の相続権はどうでしょうか。

「兄弟姉妹」は、もともと、法定相続人としての優先順位が低くなっています。というのも、兄弟姉妹は、その他の法定相続人である配偶者(夫または妻)、子、両親などよりも、お亡くなりになった方(被相続人)との財産的関係が薄い場合が多いからです。

そのため、異母兄弟もまた「兄弟姉妹」として相続権がありますが、兄弟姉妹は、お亡くなりになった方(被相続人)に、法定相続人の第1順位である「子」や、第2順位である「直系尊属(両親・祖父母)」がいないときにはじめて、相続権をもつことができます。

「子」も「直系尊属」もいなければ、被相続人に配偶者がいるかどうかにかかわらず、相続権をもつことになります。

非嫡出子の場合に注意

ただし、異母兄弟であっても、非嫡出子(ひちゃくしゅつし)の場合には、注意が必要です。非嫡出子とは、法律上の婚姻関係にない男女間に生まれた子のことです。

血のつながりがあっても、認知も養子縁組もしなければ、法律上の親子関係がみとめられず、相続権もみとめられません。

また、法律上の親子関係がなければ、血のつながりのある異母兄弟との間でも、法律上の兄弟姉妹とはみとめられず、やはり相続権がみとめられません。

異母兄弟の法定相続分は?

次に、異母兄弟に相続権があるときの、相続分(相続できる割合)について、弁護士が解説します。関連する条文は、民法900条4項です。

民法900条4項ただし書きの定め

民法900条4項は、次のように定めています。

民法900条4項

子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

異母兄弟や異父兄弟は、「父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹」にあたります。これを「半血」の兄弟姉妹ということもあります。「父母の双方を同じくする兄弟」のことは、「全血」の兄弟姉妹ということがあります。

「半血」(異母兄弟や異父兄弟)か、「全血」かで、法定相続分が変わらないこともあれば、法定相続分がことなることもあります。

異母兄弟でも法定相続分が同じになるケース

異母兄弟の、共通の父親が亡くなった場合、異母兄弟は同じ父親の子ですので、当然に相続権があります。

そして、共通の父親が亡くなり、前妻も後妻もいないとき、2人の異母兄弟の相続分は、同じ割合(2分の1ずつ)となります。

お亡くなりになった方(被相続人)の子として相続する場合には、全血か半血かで、法定相続分にちがいはありません。

平成25年の最高裁判所の判決によって、非嫡出子の相続分を嫡出子の2分の1とする民法の規定は、違憲であるとされました。その結果、民法もあらためられ、現在では、嫡出子と非嫡出子とでは、法定相続分にちがいはありません。

異母兄弟で法定相続分が異なるケース

一方、次のような事例では、異母兄弟(半血)か、共通の父母をもつ(全血)かで、相続分の割合がことなります。

たとえば・・・

被相続人の相続財産が2000万円で、相続人が、被相続人と父母を共通にする兄弟姉妹(全血)A・B2名と、異母兄弟(半血)であるC1名であるとします。

この場合、A・Bの法定相続分は同じになりますが、Cの法定相続分は、A・Bの2分の1となります。これは、民法900条4項ただし書きに、「父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする」と定められているためです。

したがって、法定相続分は、Aが2/5、Bが2/5、Cが1/5となり、相続できる財産の金額は、Aが800万円、Bが800万円、Cが400万円となります。

相続関係を明確にする!

以上のように、「異母兄弟」でも、法定相続分のちがいのないケースもあれば、法定相続分が異なってくるケースもあります。

「異母兄弟」が子として相続する場合と、兄弟姉妹として相続する場合とで、扱いがかわるのです。

なお、上でも解説しましたが、兄弟姉妹が相続人になるのは、お亡くなりになった方(被相続人)に、子や孫、直系尊属(父母や祖父母)がいない場合にかぎられます。

異母兄弟の相続権や相続分が問題となる場合には、家族関係・相続関係をきちんと整理して確認する必要があります。

相続問題は、「相続財産を守る会」にお任せください!

今回は、「異母兄弟」の相続権や相続分について解説しました。

「異母兄弟」の相続が問題となる場合には、母親がそれぞれ異なることなどから、通常の相続よりも、感情的なもつれが大きくなり、相続で争いとなることが多くなりがちです。

「相続財産を守る会」では、相続関係の整理や、遺産分割手続きなどから、「争続」となった場合のすみやかな解決まで、相続に関する幅広い問題を、専門家が協力しあってサポートしています。

「異母兄弟」の相続をめぐる問題については、「相続財産を守る会」の専門家におまかせください。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-遺産分割
-,

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2021 All Rights Reserved.