相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

相続の相談窓口

相続の法律相談するとき「弁護士」と「司法書士」の違いは?

投稿日:

遺産相続についての法律問題を相談するときに、相談先として考えられる「法律の専門家」には、弁護士と司法書士の2つがあります。弁護士も司法書士も「士業」と呼ばれますが、できることや役割が異なります。

今回は、あなたが直面している遺産相続についての法律問題が、法律専門家のうち、弁護士と司法書士のどちらに相談するのが適切かについて、わかりやすく解説していきます。

参 考
遺産相続に強い弁護士の選び方は、こちらをご覧ください。

いざ遺産相続が起こり、弁護士に相談、依頼することが決まったとしても、一般の方の中には、「知り合いに弁護士がいない。」という方も多いのではないでしょうか。広告などで法律事務所は知っていても、手元の遺産相 ...

続きを見る

「遺産分割」の人気解説はこちら!

遺産分割

2018/12/22

【書式付】遺留分減殺請求の内容証明の書き方・作成方法・注意点

遺留分減殺請求権とは、民法で認められた法定相続人のうち、兄弟姉妹以外(配偶者、子、孫、直系尊属)がもつ、遺言などによっても侵害されずに相続できる相続分のことをいいます。 生前贈与や遺言による贈与(遺贈)などによって遺留分が侵害されてしまったとき、遺留分減殺請求をするわけですが、この権利行使の意思表示を確実に相手方に伝えるために、「配達証明付き内容証明郵便」が利用されます。 内容証明郵便は、郵便局が取り扱う送付方法の中でも特殊なものです。そこで今回は、遺留分減殺請求権の行使を確実に行えるように、遺留分減殺請 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/7

相続の順位と「誰が優先順位か」を、弁護士がわかりやすく解説!

配偶者相続人が、常に相続順位のうちの最優先順位にいるのに対して、血族相続人には、相続順位に優劣があります。 血族相続人の相続順位には、「相続順位の優先する相続人がいる場合には、その人は相続人になることができない。」という明確なルールがあります。 いいかえると、相続順位において先順位の相続人が誰もいない場合にはじめて、その順位の法定相続人が、相続財産を実際に受け継ぐことができるということです。 たとえば・・・ 相続順位の第一順位の子がいる場合には、子が相続順位において優先しますので、それよりも劣後する両親、 ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/11

疎遠だった元父の子に「相続放棄してほしい」と言われたら【相続Q&A】

今回の相続相談は、両親の離婚をきっかけとして母方についていき、その後疎遠となっていた実の父親が死亡したときの相続についてのご相談です。相続問題に詳しい弁護士がQ&A形式で回答します。 両親が離婚したとき、別れた実の親とは、もう長年連絡をとっていないという人は多くいます。このような場合でも、母方にも父方にもそれぞれの生活があります。別れた実の父が、新しい妻と家庭を持ち、新たに子をもうけたとき、その子から「相続放棄をしてほしい」という連絡が来ることがあります。 夫婦の離婚率は3割~4割ともいわれており、一度結 ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/1

遺留分減殺請求の前後に、目的物が第三者に譲渡されたときの対応は?

遺留分減殺請求権とは、民法に定められた相続人(法定相続人)のうち、兄弟姉妹以外の人が、少なくとも最低限相続することができる割合を確保するため、より多く相続財産(遺産)を取得した人から取り返す権利のことをいいます。 遺留分減殺請求権は、現在の制度では、相続財産(遺産)そのものを取り戻すことが原則とされており、例外的に、権利行使を受けた人が選択する場合には、「価額弁償」といって、相当額の金銭を支払うことを選ぶことができます。 しかし、遺留分を侵害するような不公平な生前贈与、遺贈などが行われているケースでは、遺 ...

ReadMore

遺産分割

2019/3/13

生前の預貯金の無断引出と、遺留分の関係は?パターン4つを解説!

ご家族がお亡くなりになったときに、「長男に全ての財産を相続させる」といった遺言があると、他の相続人の遺留分を侵害することとなります。民法で定められた最低限の相続分である遺留分を侵害された相続人は、遺留分減殺請求権によって救済を図ります。 しかし、上記のような不公平な遺言が残っていたようなケースでは、すでに、生前もしくは死後に、預貯金が無断で引き出されてしまっており、使われてしまっている場合が少なくありません。 このように、同居の家族や、遺留分を侵害するほどの財産を取得した相続人などが、預貯金を無断で引き出 ...

ReadMore

相続の法律相談は、得意な専門家に!

遺産相続の法律問題に、人生で何度も直面するという方はむしろ少ないのではないでしょうか。相続トラブルにお困りの方のほとんどが、「相続問題に巻き込まれて悩むのははじめて」という人ばかりです。

「相続の専門家」というときに思いつくプロとして、税理士や不動産会社、銀行などの相談先もありますが、こと「法律」に関する問題を専門的に取り扱う職業は、「弁護士」か「司法書士」のいずれかです。

相続にお悩みを抱えた方で、弁護士と司法書士の違いを正しく理解している方は少ないかもしれません。中には、「司法書士のほうが安いから、司法書士に依頼する」という方もいます。

しかし、弁護士と司法書士の違いは、かかる報酬や費用の違いを越えた、根本的な役割の違いにあります。お悩みの問題ごとに、適切な専門家を選定しなければ、手間と費用を無駄遣いするおそれもあります。

参 考
遺産相続問題を弁護士に依頼・相談する方法は、こちらをご覧ください。

遺産相続問題を、弁護士に相談・依頼し、解決するまでの流れを、わかりやすく順番に解説します。弁護士に初回相談した後は、弁護士の指示にしたがって進めていけばよいですが、基本的な流れについては理解して、不安 ...

続きを見る

弁護士と司法書士の、相続に関する業務範囲は?

弁護士と司法書士とは、それぞれ役割と業務範囲が異なり、適切な専門家に依頼すべきであることをご理解いただけたでしょうか。各士業はそれぞれ、弁護士法、司法書士法という法律で、できる業務の範囲が制限されているからです。

例えば、遺産相続に関する法律問題を抱え、解決を依頼したいとき、弁護士と司法書士の担当できる業務分野には、次のような違いがあります。

弁護士 司法書士
相続人の調査
自筆証書遺言の作成支援
公正証書遺言の作成支援
遺産分割協議の代理 ×
遺産分割調停の代理 ×
遺産分割審判の代理 ×
相続放棄手続の代理 ×
遺留分減殺請求の代理 △(140万円以下に限る)
相続登記(相続不動産の名義変更)

ただし、以上の表のうちの、「業務範囲として可能であるかどうか」と、「実際に相談した専門家が担当してもらうことができるかどうか」は、別問題です。

というのも、特に弁護士は、その業務範囲がとても広く、相続だけに限られるものではありませんし、相続問題でも、不動産相続から事業承継までとても多岐にわたっています。そのため、「相続登記」などは、弁護士にも法律上依頼することができますが、慣れていない人が多いため司法書士に依頼したほうが無難です。

弁護士だからこそできる遺産相続業務とは?

遺産相続問題が、相続人間でうまくまとまらずトラブルになり、「争続」が長期化したとき、あなたの代わりに、代理人となって問題解決に尽力してくれるのが、「弁護士」です。

司法書士の場合には、弁護士と同様に「法律の専門家」ではあるものの、裁判所で扱える法律問題が、「金額が140万円以下のもの」に限定されています。行政書士にいたっては、書類の代筆しかできず、代理して交渉、訴訟などを行ってもらうことはできません。

書面の代筆をしてもらって代わりに提出してもらうだけでは相続問題が解決できない場合には、あらためて弁護士に頼まなければならず、費用と手間が余分に必要となるおそれがあります。遺産相続問題の、交渉のストレス、負担は想像以上のもので、「代わりに行ってほしい」と弁護士に依頼しなおされる方は多くいます。

参 考
遺産分割協議がもめる理由と対処法は、こちらをご覧ください。

「遺産分割協議」とは、法定相続人や、遺言によって相続人に指定された人が、相続財産(遺産)をどのように分けるかについて話し合いをする協議のことです。 遺産分割協議は、あくまで話し合いですから、円満に解決 ...

続きを見る

司法書士だからこそできる遺産相続業務とは?

では、全ての相続に関する業務を弁護士に依頼すればよいのかというとそうではありません。弁護士は、司法書士のできる業務をすべて含んでいるかのように見えますが、実際には弁護士と司法書士の違いは、それほど簡単なものではありません。

さきほど解説したとおり、弁護士の業務範囲はとても広く、相続だけを行っているわけではありません。そのため、相続を専門的に取り扱う弁護士であっても、司法書士が得意とする「相続登記」の分野については司法書士に依頼しており、自分で行う知識、経験、ノウハウはない人が多くいます。

これに比べて、司法書士の業務範囲は、登記に関することが大半であり、相続登記だけでなく、不動産(家・土地)の売買、贈与の際など、不動産に関する登記業務を数多く担当している司法書士がほとんどです。登記に関しては、司法書士のほうが専門性が高いといってよいです。

弁護士は「なんでもできる」士業である反面、司法書士が専門特化している登記分野には疎く、「何でも屋」であるからこそニッチな分野には強みがないのです。

相続にともなって発生する、遺言による相続登記、遺産分割協議による相続登記、法定相続分による相続登記などをすすめるにあたって、登記手続きの部分については司法書士に依頼した方が、ミスなく円滑に進みます。

もっとくわしく!

司法書士の中でも、一定の試験に合格し、法務大臣から訴訟を遂行するのに必要な能力があると認められた司法書士のことを「認定司法書士」といいます。

司法書士の中でも「認定司法書士」は、訴額140万円以下の問題について、簡易裁判所で、依頼者を代理して訴訟を遂行することができます。

ただし、争いとなっている金額が140万円を越えることが明らかになったときは、たとえ「認定司法書士」であっても訴訟を担当できないため、改めて弁護士に依頼する必要があります。

「非弁行為」とは?

「非弁行為」とは、弁護士ではない人が、「弁護士でなければできない行為」を行うことをいいます。「弁護士でなければできない行為」とは、弁護士法によって弁護士の業務範囲であると定められた、争いごととなった場合の当事者の代理人となる行為のことをいいます。

司法書士であれば、140万円までの訴額の争いについては、代理人となることができるわけですが、それを越えた争いの代理をすることは「非弁行為」として許されません。このことは、相続業務であっても同様です。

ましてや、司法書士ではなく、行政書士や、無資格の業者などが、既に「争続」となることが明らかになったトラブルについて、当事者である相続人を代理して解決のサポートをすることが「非弁行為」として違法なのは明らかです。

注意ポイント

この「非弁行為」となることを避けるために、司法書士の中には、遺産分割協議を事実上、本人の後方支援として担当したり、本人が訴訟などを行っている体裁にして、その支援で報酬をもらったりといった提案を行う司法書士もいます。

しかし、本当に依頼者にとって「後方支援」が必要であり、有効なサポートであればよいですが、実際には弁護士に依頼して代理して活動してもらうべきなのに、司法書士に依頼したばかりに後方支援で余計な費用がかかるといったことにならないよう、十分注意が必要です。

弁護士と司法書士の、相続業務を相談・依頼する費用の差は?

最後に、弁護士と司法書士の業務範囲、役割の差について解説し、どちらに依頼したらよい場合かを選択する必要があると説明すると、「司法書士のほうが安いのではないか」「弁護士は高いから頼めない」というお考えの方もいます。

しかし、「弁護士のほうが司法書士よりも割高だ」というのは、必ずしもすべての場合にあてはまることではありません。特に、さきほど解説したように司法書士のほうが専門性が高く、司法書士に依頼すべきである登記分野では、司法書士であっても相応の報酬が必要です。

要は、適正な報酬で依頼すべきなのであって、「安いから司法書士を選ぶ」という選び方が、相続に強い専門家の正しい選び方でないことは明らかです。

参 考
遺産相続問題を弁護士に相談する費用は、こちらをご覧ください。

遺産相続問題を抱えている方にとって、弁護士に依頼するかどうかを迷う最大の理由が、「弁護士費用がとても高いのではないか。」という不安ではないでしょうか。実際、遺産相続問題の中でも、高額の不動産を奪い合う ...

続きを見る

相続問題は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか?

今回は、相続問題のうち、特に法律問題を担当する専門家である「弁護士」と「司法書士」の違いについて解説しました。

弁護士と司法書士は、どちらが優れているといった問題ではありませんし、費用の高低で決めるものでもありません。遺産相続問題を円滑に、かつ、有利に解決したいのであれば、より専門性の高い適切な専門家を、状況に応じて選択する必要があります。

「相続財産を守る会」では、それぞれ、相続問題を多く取り扱う弁護士、司法書士がいずれも在籍し、相談内容に応じて、どちらの専門家に依頼するのがより適切か、よりお得かを、積極的にご提案します。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-相続の相談窓口

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.