相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

遺産分割

疎遠だった元父の子に「相続放棄してほしい」と言われたら【相続Q&A】

投稿日:

今回の相続相談は、両親の離婚をきっかけとして母方についていき、その後疎遠となっていた実の父親が死亡したときの相続についてのご相談です。相続問題に詳しい弁護士がQ&A形式で回答します。

両親が離婚したとき、別れた実の親とは、もう長年連絡をとっていないという人は多くいます。このような場合でも、母方にも父方にもそれぞれの生活があります。別れた実の父が、新しい妻と家庭を持ち、新たに子をもうけたとき、その子から「相続放棄をしてほしい」という連絡が来ることがあります。

夫婦の離婚率は3割~4割ともいわれており、一度結婚をしたとしても、その後離婚をし、さらに再婚をし、相続についての権利関係が複雑になることは、よく起こることです。

参 考
相続放棄と、単純承認・限定承認との違いは、こちらをご覧ください。

相続のしかたには、単純承認、限定承認、相続放棄の3種類があります。 相続放棄は、ほかの2つの方法(単純承認、限定承認)が、相続財産を引き継ぐことを前提としているのに対して、相続財産を引き継がないための ...

続きを見る

「遺産分割」の人気解説はこちら!

遺産分割

2018/11/16

相続放棄と、単純承認・限定承認の違いは?相続放棄のデメリットは?

相続のしかたには、単純承認、限定承認、相続放棄の3種類があります。 相続放棄は、ほかの2つの方法(単純承認、限定承認)が、相続財産を引き継ぐことを前提としているのに対して、相続財産を引き継がないための手続の方法をいいます。 相続放棄を中心に、その他の2つの方法との違い、相続放棄のデメリットなどについて、相続に強い弁護士が解説します。 「遺産分割」の人気解説はこちら! 目次1 3つの相続の方法とは?1.1 単純承認とは?1.2 限定承認とは?1.3 相続放棄とは?2 相続放棄を利用すべきケースは?3 相続放 ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/8

死亡直前・直後の預金引出しへの、相続人の対応は?返してもらえる?

口座の名義人がお亡くなりになると、銀行などの金融機関では、預貯金口座を凍結し、入出金ができないようにするのが原則です。しかし、金融機関は、人の生死を常にチェックしているわけではないので、死亡直前・直後に預金の引き出しが行われることがあります。 預貯金は、相続の際に、1円単位で分割できる、分割しやすい相続財産(遺産)である反面、預貯金の凍結解除や解約、名義変更、払い戻しに手間がかかったり、死亡直前・直後の引出が「不当利得」として「争続」の火種となるなどの問題があります。 特に、ご家族の死亡する前後では、入院 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/8

相続人の確定とは?遺産分割協議の前に必要な相続人の確定方法!

ご家族がお亡くなりになったとき、遺産分割協議を始める前に、「相続人の確定」をしておくことが重要です。 「誰が相続人になるのか。」は、民法で法定相続人に関するルールが定められていますが、実際の相続のときに具体的に誰が相続人となるかは、「相続人の確定」で決める必要があります。 「相続人の確定」を、遺産分割協議の前提事項として調査しておかなければ、「知らなかった」、「発見できなかった」思わぬ相続人を見落とすおそれがあります。 そこで今回は、相続人の確定方法、相続人を確定する時期、相続人の確定にかかる費用などにつ ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/15

遺留分減殺請求の相手方・請求先・判断方法・順番は?【弁護士解説】

民法で定められた相続人(法定相続人)が、最低限相続によって承継することが保障されている相続分を「遺留分」といい、遺留分を侵害されたときに、多くの財産を入手した人に対して財産を取り返すために行使されるのが「遺留分減殺請求権」です。 ところで、遺留分減殺請求権を行使する相手方、すなわち、請求先は、誰なのでしょうか。「遺留分を侵害している相手方」に行うのが原則ですが、「遺留分の侵害のされ方」も様々に異なるため、相手方・請求先が誰か迷う場合があります。 例えば、遺留分を侵害する生前贈与、遺贈(遺言による贈与)が複 ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/13

兄弟姉妹に遺留分はない?兄弟姉妹が相続財産を増やす方法5つ

兄弟姉妹には、遺留分が認められていません。「遺留分」とは、民法に定められた、最低限相続でき、侵害されない財産のことですが、兄弟姉妹は、遺留分を認めてまで相続財産(遺産)を保護するほどの必要性がないと考えられているからです。 遺留分が認めらないと、遺言による贈与(遺贈)や生前贈与によって相続財産(遺産)が一切もらえないという結果になったとき、遺留分減殺請求権という法律上の権利行使によって財産を取り返すことができなくなります。 今回は、兄弟姉妹には遺留分が認められないことと、兄弟姉妹がお亡くなりになったときに ...

ReadMore

相続相談の内容

質問

私は現在24歳で、東京の会社ではたらいています。

10年前、私が14歳で中学生だったころ、両親が離婚しました。私は、一人っ子でしたが、母方についていくことになり、父は家を出ていきました。その後、父の顔を見たことはなく、メールや電話で連絡を取り合うこともまったくありませんでした。

しかし、この度、元父の息子を名乗る人から、元父が亡くなったと聞きました。その際に「相続放棄をしてほしい」ともお願いされました。確かに、父もまた、別れた後すぐに再婚して、新しい家庭をもうけたと母に聞いています。

私の母もまた、父と別れた後新しい人と結婚をしました。私もその人の養子となったので、「新しいお父さん」です。もし、昔の父親が亡くなったことで、少しでも財産がもらえるのであれば、母を楽にさせてあげるためにも相続財産(遺産)がほしいと思うのですが、どう考えたらよいでしょうか。

相続専門家(弁護士)の回答

回答

弁護士の浅野です。今回の質問について、私が回答します。

まず、両親が離婚をしたとしても、あなたが、「そのお父さんの子どもであること」に変わりはありません。つまり、両親が離婚したとしても、親子関係は断絶されないのです。その結果、「子」の続柄にある人は、民法に定められた「法定相続人」として、相続する資格があります。

したがって、両親が離婚をした後であっても、別れて疎遠となった父が死亡したときには、相談者様は相続人となります。新しいお父さんと普通養子縁組をしたとしても、前の親子関係がなくなることはありません。

注意していただきたいのは、別れた母親には、相続権がないということです。配偶者は、離婚によって配偶者ではなくなり赤の他人となります。そのため相続権はなくなります。

――両親が離婚した後であっても、生き別れになって疎遠になった父親からの相続財産(遺産)を得ることができることはわかりました。実際には、どれほどの相続財産(遺産)を私は得ることができるのでしょうか?

浅野:実際にどの程度の財産を相続できるかは、疎遠になっていた前のお父様が、遺言書を残しているかどうかによって変わります。遺言書を残していない場合には、民法に定められた法定相続分によって決まることになり、その場合に、得られる相続割合は次のとおりです。

再婚後の新しい妻 相続財産の2分の1
再婚後に生まれた息子 相続財産の4分の1
ご相談者様 相続財産の4分の1
離婚した元妻(ご相談者様の母) 相続財産を得られない

 

しかし、離婚した後、実の子と疎遠になって、更に新しい家庭を築いたという方の中には、遺言書を作成している方もいます。遺言書で相続割合を指定している場合には、ご相談者様が得られるのは、「遺留分」だけです。

例えば、「全ての財産を、再婚後に生まれた息子に相続させる」という遺言を、疎遠になっていた前のお父様が残していた場合、ご相談者様の遺留分割合は、次のように計算します。

  • 遺留分割合=相続財産の1/4(法定相続割合)×1/2(遺留分割合)=1/8

したがって、ご相談内容のような状況で、いくらの相続財産が得られるかを知りたいときは、まずは「相続放棄をしてほしい」といってきた息子に対して、「遺言書があるかどうか知りたい」と伝え、遺言があるときはその内容も確認すべきです。

参 考
遺留分の認められる割合と計算方法は、こちらをご覧ください。

相続のときに、「相続財産(遺産)をどのように分けるか」については、基本的に、被相続人の意向(生前贈与・遺言)が反映されることとなっています。 被相続人の意向は、「遺言」によって示され、遺言が、民法に定 ...

続きを見る

――得られる可能性のある相続財産(遺産)の額・割合についてもよくわかりました。すると、結局、相続放棄をしないほうがよい、という結論でよいのでしょうか。少しでも多くの財産を得るためのアドバイスをください。

浅野:そうとは限りません。まず、「相続放棄をすべきかどうか」という判断をするためには、相続財産がいくらあるか、相続債務(被相続人の借金など)がいくらあるか、を知る必要があります。

また、遺言によってさきほど解説した「遺留分」が侵害されているかどうかも知る必要があります。「相続放棄したほうが得かどうか」は、こちらの解説も参考にしてください。

参 考
相続放棄したほうが得かどうかの判断基準は、こちらをご覧ください。

相続放棄とは、お亡くなりになったご家族から、財産を引き継がず、その代わりに莫大な借金も引き継がないために利用する制度です。 いざ相続が開始したら、葬式や通夜などであわただしいでしょうが、早めに相続財産 ...

続きを見る

ご相談内容のように、ご両親の離婚から長らく疎遠になっていた実の親の死亡というケースでは、離れて生活していた期間が長ければ長いほど、どのような財産を持っているか、どのような借金をしているかなど、全く知らない場合も少なくありません。

「相続放棄をしてほしい」と強く求めてきた、新しい家庭の子のいうことを、鵜呑みに信じることもできないことでしょう。したがって、このような場合に相続放棄をすべきかどうかを判断するためには、自分で財産調査を進めなければならず、その手続きはかなり大変なものとなることが予想されます。

参 考
遺産相続に強い弁護士の選び方は、こちらをご覧ください。

いざ遺産相続が起こり、弁護士に相談、依頼することが決まったとしても、一般の方の中には、「知り合いに弁護士がいない。」という方も多いのではないでしょうか。広告などで法律事務所は知っていても、手元の遺産相 ...

続きを見る

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-遺産分割
-,

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.