相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

遺産分割

代襲相続とは?範囲・割合をケースごとに弁護士が解説!

投稿日:

「代襲相続」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。「代襲相続」を知ることによって、いざ相続が発生したとき、誰が、どれだけの遺産(相続財産)を相続できるかがわかります。

通常、相続が発生したときには、民法という法律に定められた相続人である「法定相続人」が相続をするのが原則となります。

しかし、「法定相続人」が、相続が発生したとき、既に死亡してしまっていた場合に発生するのが「代襲相続」です。

そこで今回は、「代襲相続」が起こるケースで、相続は具体的にどのように進むのか、「代襲相続」の範囲、割合などについて、相続問題に強い弁護士が解説します。

「遺産分割」の人気解説はこちら!

遺産分割

2018/12/29

子どもの一人にできるだけ相続財産(遺産)を残さない6つの方法

家庭内に問題があり、子供の1人に、相続財産(遺産)を一切残したくない、という相続相談が少なくありません。しかし、さまざまな方法があるものの「100%必ず、子供の1人に相続財産を与えない」方法はありません。 一般的には、「子どもにできるだけたくさんの財産を残してあげたい」というのが親心でしょうが、中には「勘当した」「縁を切った」「子がどこにいるか、生死もわからない」というご家庭もあります。 一方で、「子どもに与えるくらいなら、配偶者(夫や妻)、近しい友人に財産をもらってほしい」という想いを実現する方法もあり ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/4

相続財産に債務(借金・ローン)がある場合の遺留分の計算方法は?

相続によって取得する財産には、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も含まれます。 マイナスの財産には、お亡くなりになった方(被相続人)が生前にした借金や住宅ローン、自動車ローンや教育ローンなど、支払わなければならないあらゆる金銭が含まれます。これをまとめて「相続債務」と呼ぶことがあります。 民法に定められた、相続人が最低限相続できる財産である「遺留分」を計算するにあたり、相続債務も考慮に入れる必要があるのでしょうか。遺留分は相続財産をもらう権利ではあるものの、そもそも債務があれば、その分だけ遺留分も少な ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/3

相続放棄や限定承認の有無を調べる方法は?【弁護士解説】

お亡くなりになった方(被相続人)が、多くの借金をしていて財産が少なかった場合などに、相続放棄、限定承認といった相続の方法が選択されることがあります。 相続放棄や限定承認がなされているかどうかは、相続人本人以外にとっても重要な問題です。 たとえば・・・ 亡くなった方の債権者(お金を貸した人など)から見れば、相続人が相続放棄や限定承認をしている場合には、その相続人に対して借金の返済を求めることができない可能性があります。 相続放棄していれば、相続人に対して借金を1円も請求することができず、連帯保証人への請求を ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/20

親を介護したら、多くの財産を相続できる?相続分を増やす方法は?

介護が必要となった方がお亡くなりになるとき、お亡くなりになる直前の介護負担は相当大変なものとなることが予想されます。介護の貢献をたくさんした相続人にとっては、より多くの財産を相続したいと考えるお気持ちは当然のことです。 しかし、既に同居をしていなかったり、遠方に嫁いでしまったりして、介護を受け持たなかった相続人が、「法定相続分通りこそが公平」、「介護負担など同居していればそれほど重くないのでは」と反論してきて、「争続」となってしまうことも少なくありません。 そこで今回は、お亡くなりになった方(被相続人)の ...

ReadMore

遺産分割

2019/3/13

生前の預貯金の無断引出と、遺留分の関係は?パターン4つを解説!

ご家族がお亡くなりになったときに、「長男に全ての財産を相続させる」といった遺言があると、他の相続人の遺留分を侵害することとなります。民法で定められた最低限の相続分である遺留分を侵害された相続人は、遺留分減殺請求権によって救済を図ります。 しかし、上記のような不公平な遺言が残っていたようなケースでは、すでに、生前もしくは死後に、預貯金が無断で引き出されてしまっており、使われてしまっている場合が少なくありません。 このように、同居の家族や、遺留分を侵害するほどの財産を取得した相続人などが、預貯金を無断で引き出 ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/24

法定相続分を超える「超過特別受益」は、返還する義務がある?

お亡くなりになった方(被相続人)から、生前贈与などによって特別な利益を得た人は、その分を遺産分割のときに調整することとなります。これを「特別受益」といいます。 特別受益の考え方は、共同相続人間の不公平を正すために、相続財産(遺産)となるはずの財産をより多く得ていた方が、その財産を相続財産(遺産)に加算して清算するためのものです。しかし一方で、法定相続分を超える財産を生前に得ていたとき、特別受益の考え方では調整ができない場合があります。 そこで今回は、法定相続分を超える財産を、被相続人の生前に得ていた「超過 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/13

遺留分減殺請求権の行使方法を、弁護士がわかりやすく解説!

相続が開始されたときに、相続財産をどのように引き継ぐ権利があるかは、民法に定められた法定相続人・法定相続分が目安となります。 しかし、お亡くなりになった方(被相続人)が、これと異なる分割割合を、遺言によって定めていた場合、法定相続人の法定相続分を少しでも権利救済する目的で設けられた制度が、「遺留分減殺請求権」です。 今回は、遺留分減殺請求権を行使するための方法を、相続に強い弁護士が順にわかりやすく解説します。 目次1 遺留分減殺請求権とは?2 遺留分減殺請求権を裁判外で行使する方法2.1 遺留分減殺請求権 ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/1

遺留分減殺請求の前後に、目的物が第三者に譲渡されたときの対応は?

遺留分減殺請求権とは、民法に定められた相続人(法定相続人)のうち、兄弟姉妹以外の人が、少なくとも最低限相続することができる割合を確保するため、より多く相続財産(遺産)を取得した人から取り返す権利のことをいいます。 遺留分減殺請求権は、現在の制度では、相続財産(遺産)そのものを取り戻すことが原則とされており、例外的に、権利行使を受けた人が選択する場合には、「価額弁償」といって、相当額の金銭を支払うことを選ぶことができます。 しかし、遺留分を侵害するような不公平な生前贈与、遺贈などが行われているケースでは、遺 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/9

限定承認すべき場合とは?限定承認の方法と手続の流れを弁護士が解説

限定承認について、その方法と手続を解説します。相続人は、相続が開始した時点から、お亡くなりになった方(被相続人)の一切の権利義務を承継します。 一切の権利義務の中には、プラスの相続財産(遺産)も含まれますが、マイナスの相続財産(遺産)も含まれます。被相続人が生前に借り入れをした借金などが典型例です。 借金も相続してしまうのでは、せっかく相続財産(遺産)を得た意味がないので、どうせなら相続をしたくないです。 亡くなった私の父は、借金がかなり多く、借金の金額を合計すると、得られる相続財産(遺産)の金額を越えて ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/20

持戻し免除の意思表示とは?遺留分との関係を、弁護士が解説!

お亡くなりになった方(被相続人)から生前に特別の利益を受けていた相続人がいる場合、「特別受益の持戻し計算」といって、特別受益分を、相続財産(遺産)に加えて計算することで、不公平を取りのぞくこととなっています。 しかし、この方法によると、被相続人が、ある相続人に対して特に多く財産を相続させるはずであったという意思が実現できなくなります。そこで活躍するのが「持戻し免除の意思表示」です。つまり、「特別受益であっても、持戻し計算はしなくていい」ということです。 「持戻し免除の意思表示」を行った場合、相続分の計算、 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/11

遺産分割協議書の書式・ひな形サンプルのダウンロードと作成方法

ご家族がお亡くなりになると、相続財産(遺産)を得るためには、遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成しなければならない場合があります。 遺言がない場合や、遺言があるけれども、相続財産(遺産)の全てについての相続が記載されていないケースでは、相続人全員が協議に参加し、遺産分割協議書に実印を押印しなければ、相続財産の名義変更、処分ができません。 今回は、遺産分割協議書の作成方法を、書式・ひな形のサンプルをもとに、相続に強い弁護士が解説します。 ポイント 遺産分割協議書の書式例・ひな形のサンプルは、こちらからダ ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/13

相続財産をもらいすぎた人への対応は?特別受益で調整する方法

遺言や、お亡くなりになった方の生前の贈与によって、相続財産(遺産)をもらいすぎの人がいるとき、相続人はどのように対応したらよいのでしょうか。 相続財産を守る会には、「特別受益」に関する次のようなご相談がよく寄せられます。 よくある相続相談 兄が親と同居しており、親が亡くなる前に多額の生活費をもらっていた。兄は相続財産をもらいすぎではないか? 妹は結婚の際に多額の支度金をもらっていたが、自分はもらわなかった。妹だけお金をたくさんもらって不公平ではないか? 他の相続人から「遺産をもらいすぎだ」と言われているが ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/20

いとこが亡くなったら遺産を相続できる?いとこが相続する方法は?

一般的に、「相続」というと、親子関係で起こる相続をイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし、相続の中には、親子だけでなく、祖父母、孫、兄弟姉妹などが相続人となる場合があります。 「いとこ(従兄弟、従姉妹)」は、両親の兄弟の子のことをいい、4親等離れています。直接の親子関係にある「直系血族」に対して、「傍系血族」といいます。 いとこは、相続人となることができるのでしょうか。いとこが死亡したとき、相続財産を得られるのでしょうか。いとことの関係が仲良しの方も仲が悪い方もいるでしょうが、いとこが相続する ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/18

相続財産(遺産)が少ないのでは?と感じたときのチェックリスト

遺産相続に関するトラブルは、相続財産(遺産)のたくさんある富裕層特有の問題というわけではありません。相続財産(遺産)が少ない方がむしろ、奪い合いが加速し、相続トラブルが激化することもあります。 一方で、遺言や遺産分割協議の結果、「相続財産(遺産)が思ったより少ないのでは?」、「生前にはもっと財産があると聞いていたのだが。」といった不満、疑問を感じる相続人の方もいます。 本当はもらえるはずだった相続財産(遺産)を損していないかどうか、「相続財産(遺産)が少ないのでは?」と感じた方は、今回の解説を参考にして、 ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/25

生前贈与された財産を遺留分減殺請求で取り戻す方法【弁護士解説】

「生前贈与」と「遺留分」という言葉をご存知でしょうか。お亡くなりになった方(被相続人)が、生前に、相続人や、相続人以外の人に対して、財産を贈与することを「生前贈与」といいます。 被相続人の生前贈与の結果、相続人であるあなたのもらえる財産が少なくなってしまったとき、救済する手段が「遺留分減殺請求権」です。しかし、生前贈与の全てがこの「遺留分減殺請求権」の対象となるわけではありません。 故人が生前にかわいがっていた弟にばかり結婚、出産、新居購入のタイミングに財産を贈与した。 父が、母が亡くなった後に同居した事 ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/29

遺留分減殺請求をされても不動産を失わない方法「価額弁償」とは?

民法上、相続人が最低限相続できる財産である遺留分を侵害して多くの財産を得た人は、他の相続人から「遺留分減殺請求権」を行使されるおそれがあります。 遺留分減殺請求をされたとき、不動産(土地・建物)を生前贈与や遺贈などによって得て、多くの相続財産(遺産)を得ていたとき、遺留分減殺請求の結果、その不動産が共有となってしまったり、その不動産を渡さなければならなかったりすることがあります。 「価額弁償」という方法を利用することによって、不動産を多くもらうことによって他の相続人の遺留分を侵害した人であっても、不動産を ...

ReadMore

遺産分割

2018/8/6

2018改正で導入「預貯金の仮払い制度」の対応・利用方法は?

2018年(平成30年)7月に、民法の中の相続法に関する部分が改正されました。相続法の改正は、私たちの生活にも重要な影響を与えます。 改正項目の1つに「預貯金の仮払い制度」というものがあります。この記事をお読みの皆さんも、どこかで「預貯金の仮払い制度」を見聞きしたのではないでしょうか。 「預貯金の仮払い制度」は、特にこれまでの改正前のルールでは不都合の多かった部分であり、注目度の高い改正です。 よくある相続相談 相続人間に争いがあり、預貯金を引き出すことができないため、相続税が支払えない。 相続人のうち1 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/2

遺産分割協議の流れと、円滑な進め方のポイントを弁護士が解説!

遺産分割協議とは、ご家族がお亡くなりになってしまったときに、相続人が、遺産の分割方法について話し合いを行うことをいいます。 遺産分割協議が行われるのは、相続財産(遺産)の分け方に争いがあるケースです。例えば、次のような遺産分割協議についての相談が、相続に強い弁護士に寄せられます。 よくある相続相談 遺産分割協議を、損しないようスムーズに進めるための方法を教えてほしい。 遺産分割協議の方法、期間、期限や進め方を教えてほしい。 遺産分割協議の結果を遺産分割協議書にまとめるときの書き方(書式・文例)を知りたい。 ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/4

遺留分減殺請求訴訟とは?訴訟提起から判決までの流れ【弁護士解説】

相続人の最低限の相続分を確保するための「遺留分減殺請求」にまつわる争いごとを行うとき、話し合い(交渉・協議)や調停によっても解決できないときに利用されるのが「遺留分減殺請求訴訟(いりゅうぶんげんさいせいきゅうそしょう)」です。 遺留分減殺請求訴訟は、裁判所で行う訴訟手続きですので、訴状作成、証拠収集などの複雑な手続きは、弁護士にご依頼頂くメリットが大きいです。ただ、基本的な訴訟提起から判決までの流れや、依頼者に行って頂く準備などを理解しておいたほうがよいです。 遺留分の争いには、「取得した相続財産の評価」 ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/12

遺産相続に強い弁護士に、相談・依頼する6つのメリット

遺産相続トラブルを抱えている方から、「弁護士には敷居が高くて相談できない。」とか、「弁護士に相談するととても高額の費用がかかるのではないか。」といったお声を聞きます。 確かに、遺産相続トラブルを自分たちだけで解決をできることもありますが、家族内では解決できないほど紛争が激化してしまったとき、遺産相続を解決した実績の豊富な、相続に強い弁護士に相談したり、依頼したりすることはとても有益です。 そこで今回は、遺産相続トラブルを抱えて、弁護士に相談しようかお悩みの相続人の方に向けて、その相続問題を弁護士にご相談い ...

ReadMore

相続財産を守る会を運営する、弁護士法人浅野総合法律事務所では、相続問題と遺産分割協議のサポートに注力しています。

弁護士
浅野英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野です。

「代襲相続」という用語は、相続における法律専門用語であり、とてもわかりにくく感じますが、弁護士がわかりやすく解説します。

特に、親が子よりも先に亡くなってしまった、という亡くなる順序が逆転してしまったケースで考えなければならないのが、今回解説する「代襲相続」です。

代襲相続とは?

代襲相続とは、本来の相続人である「法定相続人」が、相続開始時に、既に死亡してしまっていたときなどに、その承継人が代わりに「法定相続人」としての地位を受け継ぎ、相続する制度のことをいいます。

代襲相続をする相続人のことを、「代襲相続人」といいます。

代襲相続人が相続できる相続分(相続割合)は、代襲相続によって受け継いだ相続人(本来相続するはずであった相続人)の相続分と同じ割合であるとされています。

参 考
「法定相続人」の順位、相続分(割合)、範囲などは、こちらで詳しく解説しています。

身近なご家族がお亡くなりになってしまったとき、「誰が財産を相続することができるのだろう。」と不安に思うことでしょう。 遺言・遺書などがのこされていたなど、お亡くなりになったご家族の意思が明らかでない場 ...

続きを見る

たとえば・・・

代襲相続についての考え方をわかりやすく理解していただくため、1つの例で解説します。

例えば、ある方(被相続人)がお亡くなりになったとき、妻子がいたけれども、既に子どもはお亡くなりになってしまっていたとします。

この場合、相続が開始したときに、子どもの子(つまり、孫)がいる場合には、孫が、子の相続分を代襲相続します。

この場合、妻子が相続人だとした場合の相続分は妻が1/2、子が1/2ですから、子を代襲相続した孫もまた、1/2の相続財産を相続することとなります。

【ケース別】誰が代襲相続人になる?

では、実際に、世代を飛び越えて代襲相続が起こるケースを見ることによって、「誰が代襲相続人になるのか」を、相続に強い弁護士が解説します。

結論から申し上げますと、代襲相続人となる可能性のある人、代襲相続にならない人は、次のようにまとめることができます。

ポイント

代襲相続人となる可能性のある人

  • 孫、曾孫(ひ孫)などの直系卑属
  • 兄弟姉妹の子(甥・姪)

代襲相続人とならない人

  • 甥・姪の子
  • 配偶者の連れ子

兄弟姉妹の代襲相続は、甥・姪までであり、その子は再代襲しませんが、直系卑属の再代襲は、子、孫、曾孫(ひ孫)、玄孫(やしゃご)へと続いていきます。

孫が代襲相続する場合

被相続人がお亡くなりになって相続が開始されるよりも前に、被相続人の子が死亡しており、被相続人に孫がいる場合(被相続人の子に、子がいる場合)には、代襲相続します。

この場合、子を代襲相続した孫が、相続できる相続財産の割合は、次のとおりです。

相続人が孫と配偶者(夫または妻)の場合 孫:1/2、妻:1/2
相続人が孫のみの場合 孫が全ての遺産を相続する

子は、第一順位の法定相続人であるため、子を孫が代襲相続するときには、子よりも順位の低い親(父母)、兄弟姉妹は、法定相続人にはなりません。

養子の子が代襲相続する場合

さきほどと同様に、「孫が子を代襲相続する」という場合であっても、「養子の子」である場合には、特別のルールがあります。「養子の子」についての代襲相続の考え方は、次のとおりです。

ポイント

  • 養子縁組よりも前に生まれた子
    →代襲相続することができます。
  • 養子縁組よりも後に生まれた子
    →代襲相続することができません。

養子縁組よりも前に生まれていたその養子の子(被相続人の孫)は、いわゆる「連れ子」であって、子が死亡していた場合には代襲相続することができません。

これに対して、養子縁組をした後に生まれたその養子の子(被相続人の孫)は、代襲相続人となることができます。

甥・姪が代襲相続する場合

兄弟姉妹が本来相続人となるはずであったけれども、既に兄弟姉妹がお亡くなりになってしまっていたときは、兄弟姉妹の子(つまり、甥・姪)が、代襲相続します。

なお、甥・姪も既に死亡してしまっていたときは、甥・姪の子が「再代襲」することはありません。

この場合、兄弟姉妹が相続人となる場合であることから、お亡くなりになったご家族には、子、両親・祖父母などの直系尊属がいずれも存在しない場合となります。甥、姪の相続割合は、次のとおりです。

相続人が甥・姪と配偶者(夫または妻)の場合 孫:1/4、妻:3/4
相続人が孫のみの場合 甥・姪が全ての遺産を相続する

もっとくわしく!

兄弟姉妹とも、既に疎遠となってしまっていることも少なくありませんが、甥・姪が代襲相続するケースでは、兄弟姉妹も既に亡くなった後であり、甥・姪と連絡がとれないことも少なくありません。

このような場合に備えて、既に子、両親がおらず、兄弟姉妹も既にお亡くなりになっている、という方は、「全ての相続財産を配偶者(妻もしくは夫)に相続する」という内容の遺言を残しておくことがお勧めです。

兄弟姉妹には「遺留分」が存在しないため、遺言が法定相続分よりも優先することから、このような遺言があれば、甥・姪が代襲相続することはありません。

代襲相続する人が複数いる場合は?

本来相続するはずであった相続分を、更に代襲相続をする人の人数で割った割合を、それぞれの代襲相続人が相続します。

代襲相続人をさらに代襲相続する「再代襲」の場合にも、再代襲をする人(例えば「孫の子」)が複数名いる場合には、その人数で割った割合を相続することとなります。

たとえば・・・

本来の法定相続人が、兄弟姉妹であったとします。この場合に、被相続人がお亡くなりになって相続が開始するときに、既に兄弟姉妹が死亡していたとき、代襲相続が発生します。

代襲相続は、兄弟姉妹の子である甥・姪が行うこととなりますが、兄弟姉妹の子が、2名いた場合には、兄弟姉妹の相続するであった相続分の1/2が、甥・姪の相続分となります。

なお、甥・姪も既に死亡してしまっていたとき、甥・姪の子は、代襲相続をすることができません。

代襲相続が、死亡以外で起こるケース(相続欠格・廃除)

代襲相続が起こる典型的な事例は、「法定相続人が、被相続人よりも先に死亡していた。」というものですが、この死亡によって起こるケース以外でも、代襲相続が発生する場合があります。

それが、相続欠格による場合と、廃除による場合です。いずれも、相続人が一定の事由にあたることによって相続に参加することができなくなる結果、代襲相続が起こります。

相続欠格による代襲相続

「相続欠格」とは、相続人となるのにふさわしくない、不適切な行為をした相続人を、被相続人の意思とは関係なく、相続人ではなくする制度のことをいいます。

「相続欠格」にあたる行為とは、次のとおりです。

注意ポイント

  • 被相続人や、他の相続人を殺そうとした
  • 遺言を偽造、変造、隠匿した
  • 遺言の作成を詐欺、脅迫により妨害した

相続人が、相続欠格事由にあたるために相続人となれなかった場合であっても、それは相続人個人の問題であって、その子が代襲相続をすることができるものとされています。

したがって、相続欠格にあたる場合には、>代襲相続が起こります。

廃除による代襲相続

「廃除」とは、被相続人に対する背信行為など、相続人となるのにふさわしくない行為をした相続人を、被相続人の意思で、相続人から除外する制度のことをいいます。

例えば、「廃除」が行われるのは次のような場合です。

注意ポイント

  • 被相続人に対して暴力をふるった
  • 被相続人を虐待した(精神的・身体的・経済的な虐待)
  • 被相続人に対するいちじるしい非行があった

廃除によって相続人でなくなってしまう場合もまた、廃除をされた理由は相続人1人に帰属するものであって、その子が代襲相続することは問題ありません。

したがって、相続人が廃除された場合には、代襲相続が起こります。

代襲相続は、相続放棄によっては起こらない!

相続放棄とは、相続人が、相続をすることができる権利を放棄することです。相続人が、相続が発生したことを知ってから3か月以内に、家庭裁判所に申述することによって起こるのが「相続放棄」です。

相続放棄は、ここまで解説した「相続欠格」、「廃除」の場合とは違い、「最初から、相続人ではなかったものとして扱われる」という特殊な決まりがあります。

相続放棄によって、最初から相続人ではなかったこととなるわけですから、その相続人に子がいたとしても、代襲相続は起こりません。

被相続人の財産よりも、被相続人の借金(マイナスの財産)のほうが大きい場合には、相続放棄を家庭裁判所に申述することを検討しましょう。

相続問題は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか。

今回は、代襲相続の基礎知識と、実際に代襲相続が発生したときの具体的な順位、相続分(相続割合)、範囲などについて、相続問題に強い弁護士が解説しました。

代襲相続は、専門的な用語で難しく思えますが、代襲相続を見逃していると、相続割合を間違えてしまい、相続財産の分割協議が困難になってしまうかもしれません。

「相続財産を守る会」でも、相続の専門家(弁護士、司法書士)が、ご家庭のご事情をお聞きして、代襲相続も踏まえた損のない相続を提案します。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-遺産分割
-

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2020 All Rights Reserved.