相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

遺言

遺言者より先に相続人が死亡した場合の対応は?代襲相続できる?

投稿日:

遺言をのこしてくれたご家族(遺言者)が、「全ての財産を相続させる」と遺言に書いてくれたのに、その遺言者よりも先に、財産をのこされる側の相続人(受遺者)がお亡くなりになってしまった場合、どのように対応すればよいのでしょうか。

受遺者はもはやこの世にいないわけですから、遺言書の通りに相続させることはできません。相続問題において、相続人が先に死んでしまったときにその子が代わりに相続する「代襲相続」がありますが、遺言の際には同様の状況でも「代襲相続」とはなりません。

そこで今回は、例えば祖父が、「長男にすべての財産を相続させる」という「相続させる旨の遺言」を残したとき、長男が先に死亡したらどう対応したらよいか、孫は相続することができるかなどについて、相続に強い弁護士が解説します。

「遺言」の人気解説はこちら!

遺言

2018/7/27

遺言は作り直せる?自筆証書遺言の修正・変更の5つのポイント

あなたは、遺言を作っていますか? 「遺言」は、遺言をのこす人が、ご家族や、お世話になった人などのために、遺言をのこす人の「想い」にそって財産をわたすための、大切な手紙のようなものです。 「遺言」を、書面の形で示したのが「遺言書」ですが、「遺言書」は、自分ひとりで書くもの(「自筆証書遺言」といいます。)でものこすことができます。 私達弁護士が相続についての法律相談を受けて、このような話をすると、「実は仏壇の下に・・・」など語りだす方も少なくありません。 しかし、ご自分ひとりで書く「自筆証書遺言」は、専門家が ...

ReadMore

遺言

2019/2/11

遺言者より先に相続人が死亡した場合の対応は?代襲相続できる?

遺言をのこしてくれたご家族(遺言者)が、「全ての財産を相続させる」と遺言に書いてくれたのに、その遺言者よりも先に、財産をのこされる側の相続人(受遺者)がお亡くなりになってしまった場合、どのように対応すればよいのでしょうか。 受遺者はもはやこの世にいないわけですから、遺言書の通りに相続させることはできません。相続問題において、相続人が先に死んでしまったときにその子が代わりに相続する「代襲相続」がありますが、遺言の際には同様の状況でも「代襲相続」とはなりません。 そこで今回は、例えば祖父が、「長男にすべての財 ...

ReadMore

遺言

2018/11/7

不公平な遺言書は有効?無効?公平に相続財産をもらう方法は?

あなたにとってあまりにも不公平な内容の遺言書が残っていたとき、「この遺言書は無効なのではないか。」と納得がいかない相続人の方から、ご相談を受けることがあります。 結論から申しますと、遺言書は、「不公平である。」という理由だけで無効になることはありません。すなわち、不公平な遺言書もまた、「遺言は有効である。」ということです。 一方で、不公平な遺言書によって権利を侵害された相続人が、少しでも公平に相続財産(遺産)をもらう方法として、「遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求権)」があります。 しかし「遺留分減殺請求 ...

ReadMore

遺言

2019/1/14

【2019年1月13日施行!】自筆証書遺言の財産目録の改正ルール【完全版】

2018年7月の相続法の改正で、自筆証書遺言の作成ルールが変わります。 この改正は、2019年(平成31年)1月13日に施行されます。施行日に、この記事は修正しました。 遺言書は、のこされる家族などのために、自分の財産の分け方を決めておくための、大切な文書です。せっかく作った遺言書を後から無効とされてしまわないように、正しい作成方法を知っておくことが重要です。 今回は、この自筆証書遺言の作成ルールの変更について、施行日直前ということで詳しい解説を、相続に強い弁護士が解説します。 目次1 そもそも自筆証書遺 ...

ReadMore

遺言

2018/12/6

遺言書がトラブルの原因となるケースと解決法を、弁護士が解説!

相続の生前対策として「遺言書を書くこと」がよくあげられます。しかし、お亡くなりになったご家族残していた遺言が、かえってトラブルの原因・発端となることもあります。 「遺言書がなくて遺産分割でもめた」という話はよく聞きますが、逆に「遺言があったことでもめた」という相続相談も、弁護士のもとには多く寄せられています。遺産分割でもめると、相続税申告、相続登記などにも影響します。 そこで今回は、遺言書がかえってトラブルの原因となるケースと解決法を、相続に詳しい弁護士が解説します。遺言書は、争い回避の手段ですが、不適切 ...

ReadMore

代襲相続は、遺言では認められない

冒頭で紹介したように、遺言者よりも先に、遺言によって財産をもらう相続人(受遺者)が死亡してしまったときであっても、「代襲相続」は認められません。

「代襲相続」とは、相続問題の場面において、被相続人よりも先に相続人がお亡くなりになったとき、相続人の子が代わりに相続することです。この「代襲相続」は、遺言のない通常の相続の場合に適用される相続手続きのルールであって、遺言の場合には適用されません。

参 考
代襲相続の範囲と割合は、こちらをご覧ください。

「代襲相続」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。「代襲相続」を知ることによって、いざ相続が発生したとき、誰が、どれだけの遺産(相続財産)を相続できるかがわかります。 通常、相続が発生した ...

続きを見る

遺言書の書き方には、「自宅不動産を長男に『贈与する』」と記載する「遺贈(遺言による贈与)」と、「預貯金を妻に『相続させる』」という「相続させる旨の遺言」の2種類があります。

このうち、遺贈については、代襲相続が発生しないことが、民法に次の通り定められています。受取人が相続人以外の第三者の場合、「遺贈」となるため代襲相続は発生しません。

民法第994条(受遺者の死亡による遺贈の失効)

1.遺贈は、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない。
2.停止条件付きの遺贈については、受遺者がその条件の成就前に死亡したときも、前項と同様とする。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

民法第995条(遺贈の無効又は失効の場合の財産の帰属)

遺贈が、その効力を生じないとき、又は放棄によってその効力を失ったときは、受遺者が受けるべきであったものは、相続人に帰属する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

これに対して、「相続させる旨の遺言」相続分の割合を指定していると評価させるため、裁判例でも「代襲相続が発生する」とするもの「代襲相続が発生しない」とするものに分かれていましたが、最高裁で次の通り、「代襲相続が発生しない」ことが原則とされました。

最高裁平成23年2月22日判決

「『相続させる』旨の遺言は、当該遺言により遺産を相続させるものとされた推定相続人が遺言者の死亡以前に死亡した場合には、当該『相続させる』旨の遺言に係る条項と遺言書の他の記載との関係、遺言書作成当時の事情及び遺言者の置かれていた状況などから、遺言者が、上記の場合には、当該推定相続人の代襲者その他の者に遺産を相続させる旨の意思を有していたとみるべき特段の事情のない限り、その効力を生ずることはないと解するのが相当である。」

参 考
相続させる旨の遺言と遺贈の違いは、こちらをご覧ください。

遺言書においてひんぱんに登場するのが、「不動産は妻に相続させる」、「A銀行の預金は長男に相続させる」といった、「~を相続させる」という言葉です。このような内容の遺言は「相続させる旨の遺言」と呼ばれます ...

続きを見る

遺言者より先に相続人が死亡した場合の対応

遺言者が公正証書遺言、自筆証書遺言などを作成した遺言時点では、元気に存命の方に財産を譲る予定であったとしても、その後になって、財産を譲る予定だった方がいつお亡くなりになってしまうかもわかりません。

遺言者が遺言を作成してから、相続財産をもらう予定の人(受遺者)がお亡くなりになったとき、遺言書のうち、そのお亡くなりになった相続人へ財産を渡すという部分は実現不可能となります。

そして、実現不可能となった遺言の部分は無視されます。つまり、そこに記載された遺贈(遺言による贈与)は失効し、なかったことになります。あげるはずだった財産は相続財産(遺産)に含まれ、遺産分割協議などによって遺産分割しなければなりません。

遺産分割協議によって相続人全員の合意がとれないときには、お亡くなりになった人に贈るはずだった財産について、遺産分割調停、遺産分割審判などによって「争続」が長期化します。

参 考
遺産分割協議の流れと、円滑な進め方は、こちらをご覧ください。

遺産分割協議とは、ご家族がお亡くなりになってしまったときに、相続人が、遺産の分割方法について話し合いを行うことをいいます。 遺産分割協議が行われるのは、相続財産(遺産)の分け方に争いがあるケースです。 ...

続きを見る

遺言者が死亡したとき「代襲相続」できる場合とは?

例外的に、遺言者より先に、遺言によって相続財産(遺産)を得るはずだった人が死亡したときに、その子が「代襲相続」と同様に、代わりに相続できる場合があります。この例外的な扱いは、裁判例(東京地裁平成21年11月26日判決)によって認められています。

まず、この裁判例では、遺言の場合に「代襲相続」がないことについて、次のように述べています。

東京地裁平成21年11月26日判決

「遺言は、通常、名宛人とされた特定の相続人に向けられた趣旨と解すべきであって、名宛人とされていた特定の相続人が、遺言者より先に死亡した場合には、遺言書の中に当該相続人が先に死亡した場合には代襲相続人に当該遣産を代襲相続させる旨の記載があれば代襲相続も認められるが、そうでなければ、原則として遺言は失効すると解される。」

つまり、遺言者より先に財産をもらうはずの人がお亡くなりになったときには、遺言が失効するのが原則です。

しかし、この裁判例は、次に、その場合の処理について、例外的なケースについてこのように述べています。

東京地裁平成21年11月26日判決

「当該遺言を合理的に解釈したうえ、遺言者の意思が、当該相続人が先に死亡した場合には、当該財産を代襲相続人に相続させるというものであったと認められるような特段の事情がある場合には、代襲相続が認められる。」

つまり、遺言書の「合理的な解釈」により、遺言により財産を得る人がお亡くなりになっていたときには、その子が相続する、というように読める場合には、「代襲相続」と同様に、子が代わりに相続する、という状況となるということです。

受遺者が先に死亡する可能性があるときの対策は?

相続対策、生前対策として、遺言書を書くことはよく提案されますが、今回の解説のとおり、遺言書を書いたからといって万全なわけではなく、遺言書の内容までしっかり吟味しなければなりません。

遺言書を書いた後、遺言によって財産を贈与(遺贈)されるはずであった人が死亡したとき、「遺言に別段の定め」があれば、その定めにしたがうことになります。つまり、遺言をより効果的にするため「受遺者が先に亡くなってしまったときの別段の定め」をしておくべきです。

たとえば・・・

相続財産のうち、自宅不動産を配偶者(妻)に贈与するという遺言書を作成したものの、夫婦が同じくらいの年齢の場合には、夫より先に妻が死亡してしまうおそれもあります。

そこで、妻が先に死亡した場合に備えて、「妻が死亡していた場合には、自宅不動産は長男に相続させる」とか、「妻が死亡していた場合には、子に等分に相続させる」などと、遺言書に追記しておくことが有効です。

このような、受遺者の死亡に備えた遺言書の記載を「予備的遺言」といいます。

ただし、「予備的遺言」は、遺言書の内容がとても複雑となり、相続開始後にその読み方が争いの火種となったり、複雑すぎて、自分の思い通りの相続とならない文言となってしまったりする危険もあります。

遺言書に記載した内容と、実際の状況が異なってしまった場合には、遺言書をその想定される状況に合わせて、書き直しを行うことがお勧めです。

参 考
公正証書遺言の書き方と注意点は、こちらをご覧ください。

公正証書遺言は、自筆証書遺言、秘密証書遺言といった、その他の遺言の形式に比べて、確実性が高く、偽造、改ざんをされにくい点で、最もお勧めの遺言方法です。 遺言書を作成して遺言を残そうと、弁護士、税理士、 ...

続きを見る

相続問題は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか?

今回は、遺言書を作成後に、遺言によって相続財産(遺産)を得られるはずだった人が、先にお亡くなりになってしまったとき、どのように対応したらよいのか、について、相続問題に強い弁護士が解説しました。

「代襲相続」という考えが相続問題でよく登場しますが、遺言書の場合には、「遺言による贈与(遺贈)」であっても「相続させる旨の遺言」であっても「代襲相続」はないと考えるのが一般的です。

遺言書の内容をよく吟味し、どのような可能性に対しても適格に対象できる汎用性の高い役に立つ遺言とするため、ぜひ一度「相続財産を守る会」の弁護士に、法律相談ください。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-遺言
-, ,

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.