相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

相続税

タンス預金は、相続税の節税になる?相続のとき申告が必要?

投稿日:

ご家族がお亡くなりになったとき、その方(被相続人)がタンスにしまっていた現金、いわゆる「タンス預金」は、相続税の課税対象なのでしょうか。正確には把握できませんが、一説には、数十兆円ものタンス預金が日本には存在するといわれています。

もし、「タンス預金」が相続税の課税対象になるとすると、「相続開始(被相続人の死亡)から10カ月以内」という申告・納税期限内に、相続税の申告をしなければなりません。期限に間に合わないと、延滞税などがかかり、納税額が高額となってしまいます。

「節税対策」という観点からも、タンス預金の存在や金額を把握し、適切な生前対策をほどこしておきたいところです。

そこで今回は、タンス預金が相続税の課税対象となるのかどうか、相続税の申告が必要なのかどうかについて、相続税に強い税理士が解説します。

「相続税」の人気解説はこちら!

相続税

2018/12/17

相続税を少しでも安くする節税対策の基本を、税理士が解説!

相続税は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10カ月以内に、税務署に対して申告し、納税しなければなりません。節税対策を全く行っていないと、相続税があまりにも高額となり、期間内に払いきれない危険があります。 相続税は、現金で一括納付することが原則とされているため、仮に相続財産(遺産)が相当たくさんあったとしても、そのうちの多くの割合を不動産(土地・建物)が占めており、売却が困難な場合、早め早めの節税対策が重要となります。 そして、相続税を期間内に申告、納付できないと、相続税の「滞納」という状態にな ...

ReadMore

相続税

2019/1/10

財産を、経営する会社に贈与すると税金がかかる?【税理士解説】

財産をたくさん貯めたままお亡くなりになって、相続税として税金をとられてしまうくらいだったら、できるだけ早くから、事前の生前対策をしておきたいものです。 今回は、会社の経営者であり、個人としても豊富な財産を持っている方に向けて、個人資産を会社に贈与したときにかかる税金(贈与税・法人税・所得税など)について、税理士がわかりやすく解説します。 「相続税」の人気解説はこちら! 目次1 財産を、経営する会社に贈与しても、贈与税はかからない!2 【法人側】法人税がかかる3 【個人側】所得税がかかる4 贈与税も課税され ...

ReadMore

相続税

2019/4/5

相続税の障害者控除とは?対象者・金額は?【税理士解説】

障害者の方が、各種の税金を納めるときには、その税金の種類に応じて控除の特例が定められています。障害者の日常生活への負担を考慮して、相続税の負担を軽減するための制度です。 障害者の税金を低く抑えることのできる「障害者控除」は、所得税にもありますが、相続税にもあります。つまり、障害者が相続や遺贈によって相続財産(遺産)を得たときに、一定の税額控除を受けることができるというわけです。 そこで今回は、相続税の障害者控除について、どのような障害者が利用することができるのか、どの程度の節税効果、控除額があるのかについ ...

ReadMore

相続税

2019/1/8

親子間の土地の使用貸借には税金(贈与税・相続税)がかかる?

相続財産(遺産)の中に不動産(土地・建物)が含まれているときに、土地と建物の所有権が、親と子に分かれていることがあります。子が、親の土地を借りて、親の土地上に家を建てて暮らしている場合などが典型例です。 親子間で土地の貸借関係が発生するのは、例えば次のようなケースです。 よくある相続相談 親が代々相続によって取得した土地上に、子が自宅を立てた 親が所有していた家と土地のうち、家を生前贈与で子に譲った 親の土地に子が店舗を建て、事業を営んでいた 特に、子どもが結婚して家族を持ったり、出産・育児などによって広 ...

ReadMore

相続税

2019/1/9

相続時精算課税制度を利用するときの注意点6つ!節税になる?

財産を「贈与」によって移転をするときには贈与税、「相続」によって移転をするときには相続税がかかります。贈与税、相続税にはそれぞれ非課税となる枠が定められていますが、この調整を行うのが、今回解説する「相続時精算課税」の制度です。 本来、贈与税は、贈与を受ける人1人あたり年間110万円までは非課税とされていますが、相続時精算課税を利用することによって、この非課税の枠を2500万円まで増やすことができます。 しかし一方で、相続時精算課税制度を利用したときは、贈与した財産が、のちの相続の際に、相続財産(遺産)に加 ...

ReadMore

タンス預金も相続財産に含まれる

タンス預金が存在するときに、相続税の申告が必要かどうか、という冒頭の疑問について、結論からもうしますと、タンス預金も相続財産(遺産)に含まれ、相続税が課税されます。

金庫や押し入れ、仏壇や冷蔵庫などに保管されることもありますが、これらも「タンス預金」と呼びます。

相続税の課税対象となる相続財産(遺産)とは、お亡くなりになった方(被相続人)の保有していたすべての財産であり、当然ながら、現金もその対象に含まれるからです。自宅に保管されている現金も集計して、相続税申告をする必要があります。

タンス預金自体がだめなわけではありませんし、お金をどこに保管しようとも個人の自由ですが、タンス預金であることをいいことに財産を隠して、相続税の脱税をすることは違法です。

タンス預金のメリット・デメリット

タンス預金が、相続税の節税にはまったくならないにもかかわらず、タンス預金をする人がとても多いのは、タンス預金にはメリットがあるからです。

まず、タンス預金は、金融機関に頼らない分、金融機関の営業時間や手数料などにかかわらず、いつでも使えるため便利です。また、預貯金は、銀行などが破綻してしまうと1000万円までしか保証されませんが、タンス預金は銀行などが破綻してもなくなりません。

手元に現金がたくさんあるという安心感は、ご家族の死亡、葬儀などお金が入り用なとき、なにものにも代えがたいものです。

一方で、タンス預金のデメリットは、タンス預金の存在が証拠に残らないことから、悪意のある人が関わる場合であっても、そうでない場合であっても、「お金がなくなりやすい」ということです。それゆえ、タンス預金はトラブルの元凶となります。

地震や家事、水害などに弱い点も、タンス預金のデメリットです。

タンス預金が税務署にバレる理由は?

タンス預金であっても相続税を支払わなければならないと解説しました。「家に保管してある現金など、税務署にばれようがないのではないか」、「申告しなくても見つからないのでは?」という疑問が生まれるのではないでしょうか。

しかし、税務署は、お亡くなりになった方の所得を、確定申告や住民税の納税などの機会に把握することができます。また、税務署の権限を用いて、税務調査を行い、銀行など金融機関の預貯金額を調べることもできます。

そのため、被相続人の生前の所得に比して、相続財産(遺産)となる預貯金が少なすぎる場合や、預貯金から不自然に多額の引出しが行われていた場合などには、調査が行われて、タンス預金が発覚してしまうケースがあります。

税務調査において、説得的な理由が説明できない場合には、過少申告加算税、無申告加算税などが5~20%課せられ、相続税の支払額が増額されてしまう危険があります。

さらには、隠蔽、偽装など悪質性があると判断された場合25%~40%の重加算税を支払わなければならないケースもあります。

タンス預金をめぐるトラブルの注意点

タンス預金が相続財産となり、相続税が課税されるという基本を解説しましたが、一方で、タンス預金は、預貯金などにくらべて、トラブルの大きい資産です。

まず、タンス預金が存在するかどうか、存在するとしてその金額がいくらであるかを証明する証拠がなく、タンス預金がなくなってしまったときに、その救済を得ることが難しいという点が理由の1つです。

更には、同居の親族などの近親者が、タンス預金を勝手に持ち去ってしまったり、悪意がなくてもタンス預金を紛失してしまったりした結果、相続人間の「争続」の火種となることもしばしばです。

タンス預金の相続税で困らないための事前対策

タンス預金と相続税の問題で、トラブルをまねかないためには、まず、タンス預金が今回解説したように問題の大きい資産であるということをよく理解していただくことが必要です。

どうしてもタンス預金で現金を保有しておかなければならない理由があるのでない限り、銀行など金融機関に預金していただくほうが無難です。

資産状況を相続人と共有する

その上で、相続財産(遺産)となる各資産の保管状況について、被相続人と相続人との間で、情報を共有しておくことが、円満に相続・遺産分割するためのポイントです。

同様に、貸金庫に現金を入れておいたり、他人に現金を預けておいたりした場合にも、その存在や金額が証明しづらく、紛失されてしまったり、横取りされてしまったりといった問題が起きやすくなります。

どうしても手元に現金をまとまって用意しておきたい事情がある場合にも、タンス預金は一か所にまとめ、相続人にも保管状況を伝えておきましょう。

タンス預金を贈与する

タンス預金のまま保有し続けていた現金は、いざお亡くなりになったときには相続財産(遺産)となり、相続税が課されます。

そのため、相続税が課されてしまうくらいであれば、生前からしっかりと節税対策をし、タンス預金のまま相続税がかかってしまうことのないようにしておくほうがお勧めです。

タンス預金の主な使い道として、節税対策のために考えられる手が、生前贈与の資金にあてることです。生前贈与が、結婚・子育て目的のものである場合には最大1000万円までの贈与について非課税枠があります。

また、受贈者1人あたり年間110万円までの贈与は贈与税が非課税になるなど、時間をかけて相続税対策をしていけば、タンス預金のまま隠しておくより有意義な使い方ができます。

タンス預金は節税にならない

相続財産(遺産)の総額が少なければ少ないほど、支払うべき相続税額は少なくなります。特に「3000万円+500万円×相続人の数」という相続税の基礎控除以下の財産しかない場合には、相続税はかかりません。

不動産や預貯金など、外部に情報が記録されている財産に比べて、タンス預金の場合には隠しておくことができるのではないかと考える人も多いですが、実際には、発覚してしまうと大きなリスクがあるため、節税対策にはなりません。

税務署には、税務調査を行う強力な権限があり、預貯金通帳に記録された入出金履歴を、過去にさかのぼって調べることも可能です。不審な点がみつかれば徹底的に調査され、タンス預金を隠し通すことは困難です。

相続税対策は、「相続財産を守る会」にお任せください!

今回は、相続税の節税対策の1つとして思いつきがちな「タンス預金」について、相続税の申告が必要であることとともに、なぜ税務署にばれてしまうのかなど、相続税に強い税理士が解説しました。

預貯金口座の開設にマイナンバーが義務化されるともいわれており、税務署の強い調査権限とあわせて、今後ますます、タンス預金によって相続財産(遺産)を隠すことは難しくなります。

相続税の未申告による重い制裁(ペナルティ)をくらってしまわないよう、正しい節税対策を行うためには、事前に「相続財産を守る会」の税理士に、ぜひ一度ご相談ください。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
岡本道雄税理士事務所

岡本道雄税理士事務所

岡本道雄税理士事務所は、四ツ谷駅の傍にある税理士事務所です。次代へ思いを受け継ぐ相続をお手伝いします。 特に、会社を経営している方にとって、相続・事業承継は、次代へ受け継ぐ非常に重要なタイミングです。

-相続税

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2020 All Rights Reserved.