相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

相続登記

マンションを相続したとき相続登記は必要?名義変更の方法は?

投稿日:

相続財産(遺産)の中に、マンションが含まれている場合が多くあります。お亡くなりになった方(被相続人)の自宅がマンション、という場合はもちろんのこと、投資用マンションや別宅を購入している方もいます。

マンションであっても、相続がはじまったら、相続登記が必要となります。マンションの所有権が、相続によって所有権移転したことを第三者にも示すために登記の名義変更が重要だからです。

マンションの相続登記であっても、他の不動産(土地・建物)の相続登記と同様、法務局へ相続登記申請書を提出して行いますが、マンションの相続登記特有の注意点などについて、相続登記の経験豊富な司法書士が解説します。

参 考
相続登記申請書の書き方・作成方法は、こちらをご覧ください。

相続財産(遺産)の中に不動産が含まれるとき、不動産の名義変更をする手続が必要となります。この手続きを「相続登記」といいます。 相続登記を行うとき、法務局に提出する「相続登記申請書」を作成しなければなり ...

続きを見る

「相続登記」の人気解説はこちら!

相続登記

2018/11/18

相続財産を得た相続人が忘れてはならない「対抗要件の具備」とは?

今回は、相続財産(遺産)を得た相続人が、その財産を守るために忘れてはならない「対抗要件の具備」について説明します。 相続財産の「対抗要件の具備」の問題は、2018年7月に成立した改正法でつくられた新しいルールです。 どうしても注意しておかなければならない重要事項ですので、はじめに結論を書きます。 注意ポイント 2018年7月に成立した改正法により、相続人は、法定相続分を超えて相続財産を取得したときは、「対抗要件の具備」手続きをしなければなりません。 「対抗要件の具備」をしなければ、最悪の場合、もらった相続 ...

ReadMore

相続登記

2019/1/8

不動産登記とは?なぜ登記する必要がある?理由は?

相続問題を考えるとき、「登記」、「不動産登記」という言葉がよく出てきます。「不動産登記」とは、不動産を管理したり、税金を徴収したりするために発明された国の行政上の制度ですが、一般の方にはわかりづらいかもしれません。 しかし、「不動産登記法」という名称の法律もあるとおり、不動産登記はとても重要です。特に相続財産(遺産)の中に不動産を持っているご家庭では、不動産登記についての配慮は欠かせません。登記問題を業務分野としているのが、司法書士です。 不動産登記とはどのようなものかをよく理解していただき、なぜ登記する ...

ReadMore

相続登記

2018/12/11

相続した不動産の権利証を紛失したときの対応を、司法書士が解説!

不動産の権利証は、非常に重要な書類で、大切に保管しておかなければなりません。しかし、相続した不動産に権利証がなかったり、相続時の多忙でなくしてしまったりすることが残念ながらあります。 不動産の権利証がなくなってしまったことをきっかけに、遺産分割や相続登記などの諸手続きが進められないと考え、そのまま故人の名義のまま放置されてしまっている不動産も少なくありません。 不動産の権利証は、再発行することができません。しかし、不動産の権利証がなくても、その後の相続手続きは滞りなく進めて頂く必要があります。 そこで今回 ...

ReadMore

相続登記

2019/3/7

法定相続分で相続登記(相続不動産の名義変更)する方法・注意点4つ

法定相続分とは、民法に定められた、相続人ごとの相続できる割合のことです。法定相続分は、配偶者(夫または妻)、子など、生計をともにしている可能性の高い続柄を優先的な地位に置き、相続できる財産を割合的に定めています。 つまり、法定相続分による分割が、遺産分割のもっとも原則的な方法です。 この原則的な方法である法定相続分による分割の場合にも、不動産を相続人が承継したことを明らかにするために、相続登記(不動産の名義変更)をしておく必要があります。 今回は、法定相続分によって相続財産(遺産)を分配し、相続財産中の不 ...

ReadMore

相続登記

2019/1/9

登記先例・通達とは?【司法書士解説】

相続登記など、不動産登記(名義変更)を行うときに「登記先例」「通達」ということばが出てくることがあります。今回は、この「登記先例」「通達」がどのようなものかという基礎知識について、司法書士が解説します。 「登記先例」や「通達」は、相続登記など不動産登記を進めるときに知っておかなければならず、先例とは異なる登記申請をしてしまうと、登記申請を却下されるというデメリットを受けてしまうおそれもあります。 実務上、登記先例や通達に反する登記は、法務局(登記所)に申請した時点で、申請を取り下げるよう指示されるケースが ...

ReadMore

マンションの相続でも相続登記は必要

マンションは、所有者にとって、他の土地・建物(一軒家)などよりも重要性が低いとか、名義を明らかにする必要などないのではないかと、軽く見がちです。「マンションでも、相続登記は必要ですか?」という相続相談が多く寄せられます。

結論からいうと、マンションであっても、相続によって取得したら当然相続登記をする必要があります。相続登記せずに相続したマンションを放置しておくと不都合が多くあります。

相続登記とは、相続によって取得した不動産(土地・建物)の所有権の名義を変更する手続きのことです。相続登記には期限はありませんが、相続したマンションを売却したいときは当然相続登記が必要なので、早めに対処しておきましょう。

マンションの相続登記をしないとデメリットは?

相続登記は必ずやらなければならない義務はないと聞きました。マンションの相続登記をしないまま放置しておくとき、デメリットはあるのでしょうか。

マンションの相続登記をせず、亡くなった故人(被相続人)の名義のままとしておくと、様々なデメリットや、後の世代への迷惑がかかることもあります。

相続登記は、相続人の義務ではなく、相続登記をせずに放置をしておくこともできます。

しかし、マンションの場合、不動産の中では流動性の高い資産であり、売り買いが他の不動産よりは容易です。そのため、相続財産(遺産)のうちマンションについて次のような処分が行われることがあります。

ポイント

  • 遺産分割方法に争いがあるため、売却してその代金を分割する。
  • 相続人がマンションを利用しないため、他人に賃貸する。
  • マンションを担保に抵当権を設定してお金を借りる。

マンションを売却、処分、賃貸などすることを検討している場合には、名義人と所有者が異なるまま行うことはできません。

更に、相続したマンションの相続登記をしないまま、あなたがお亡くなりになってしまえば、更なる相続が発生します(二次相続)。このとき、はじめてマンションの相続登記をすると、収集する戸籍などの必要書類が多数となり、非常に大きな手間を、下の世代に押し付けることになります。

登記は、所有権者が誰であるかを対外的に示す役割があります。マンションの相続登記がされていないままだと、第三者からの無用な権利主張や、他の相続人からの財産分与の主張などをまねきかねません。

もっとくわしく!

東日本大震災のとき、倒壊したマンションなどの保障をするにあたり、相続登記がされずに放置されていたことによって、マンションの所有権者と登記名義人が異なることで、誰に保障をしてよいかが問題となることがありました。

このように非常事態となったとき、相続登記を放置していたことが仇となって不都合が生じることがあります。非常事態で問題点が明らかになると、そのときにすぐ相続登記をすることは困難です。

参 考
相続に必要な「出生から死亡まで」の戸籍の収集は、こちらをご覧ください。

身近なご家族がお亡くなりになり、相続手続きをしなければならないときに必要となるのが、戸籍の収集です。今回は、必要な戸籍の集め方・取り寄せ方についての解説です。 遺産分割協議を開始するときに相続人を調査 ...

続きを見る

マンションの相続登記の必要書類

マンションの相続登記をするときは、一般的に、次の資料が必要となります。ただし、財産状況、分割方法などによって必要となる書面は異なりますので、法務局や司法書士などの専門家に、事前にご確認ください。

ポイント

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • マンションを取得する相続人の現在戸籍の謄抄本
  • マンションを取得する相続人の住民票又は戸籍の附票
  • 遺産分割協議書(相続人全員の印鑑証明書付き)

これらの必要書類を添付した上で、相続登記申請書を作成し、法務局に提出します。この際にかかる費用は、登録免許税として、マンションの固定資産税評価額×0.4%の金額を印紙で支払います。

マンションの相続登記をするときの相続登記申請書を具体的にイメージしていただくため、例を示します。

不動産登記申請書

登記の目的 所有権移転
原   因 平成32年1月1日

相 続 人 (被相続人〇山〇男)
(相続人) 〇山△男

送付の方法により登記識別情報通知の交付を希望します。
送付先 申請人の住所
連絡先の電話番号 03-1234-5678

添付書類 登記原因情報 住所証明情報

その他の事項 送付の方法により登記完了証の交付及び添付書類の原本還付を希望します。
送付先 申請人の住所

平成32年2月2日申請 東京法務局 御中

課税価格 金4,000,000円
登録免許税 金16,000円

不動産の表示

一棟の建物の表示
所   在  東京都中央区銀座二丁目1234番地567
建物の名称  銀座二丁目マンション

専有部分の建物の表示
不動産番号  0100XXXXXXXX
家屋番号   銀座二丁目1234番567の1111
建物の名称  1111号
種   類  鉄骨鉄筋コンクリート造1階建
床 面 積  11階部分 222.22㎡

敷地権の表示
土地の符号  1
所   在  東京都中央区銀座二丁目1234番567
地   目  宅地
地   積  10000.00㎡
敷地権の種類 所有権
敷地権の割合 1000000分の100

注意ポイント

マンションの相続登記をするとき、相続登記申請書に記載する事項のうち、「不動産の表示」の欄の記載が複雑になります。

具体的には、マンションの不動産の表示は、敷地部分と建物部分の必要事項をそれぞれ分けて記載しなければなりません。上の例にしたがって、マンションの登記簿謄本を見ながら、作成してみてください。

その他の、相続登記申請書の一般的な書き方は、他の不動産と同様ですので、次の解説をご覧ください。

基本的に、「登記申請書」と書いたA4の紙に、黒色ボールペンもしくはパソコンで、「原因」に被相続人の死亡年月日と「相続」と記載し、被相続人の氏名、相続人の生年月日、住所、氏名などを記載します。

参 考
相続登記申請書の書き方・作成方法は、こちらをご覧ください。

相続財産(遺産)の中に不動産が含まれるとき、不動産の名義変更をする手続が必要となります。この手続きを「相続登記」といいます。 相続登記を行うとき、法務局に提出する「相続登記申請書」を作成しなければなり ...

続きを見る

敷地権付きマンションの相続登記とは?

マンションは、法律上「区分建物」といい、一般的にその多くは、「専有部分」の区分所有権のかたまりです。

そして、マンション敷地の土地は所有者全員の共有となっており、専有部分はそれぞれ、土地の敷地権がついている状態で登記されています。「マンションを相続した」というとき、そのマンションに付随する敷地権も、一緒に相続しています。

つまり、マンションについて相続する権利は、専有部分(マンションのお部屋の部分)の所有権と、建物の敷地に関する共有持分権が、一体化したものなのです。

そのため、敷地権付きマンションの相続登記では、次の事項も、相続登記申請書に正確に記載する必要があります。

ポイント

敷地権の種類
(例:所有権、地上権、賃借権など)

敷地権の割合
(専有部分の割合に応じた割合となることが一般的です。)

敷地権とマンションの専有部分とをあわせて相続することとなりますが、敷地権付き区分建物であるマンションでは、敷地権だけを単独で処分することはできません。

マンションの相続登記の注意点

マンションの相続登記を行うとき、以上で説明した必要書類と登記申請書を、マンションの所在する地域を管轄する法務局に提出して行います。

ただし、マンションの相続登記の書類が不足していたり、記載に誤りがあったりすると、法務局で補正を行わなければならず、ミスなく正確に記載しなければなりません。また、日中に法務局へ行くことは、お仕事をされている方にとって大きな負担となるでしょう。

マンションの相続登記を多く行っている、経験豊富な司法書士に依頼することによって、相続登記1件あたり50,000円~70,000円程度の司法書士報酬で、ミスなくスムーズに相続登記を進めてもらうことができます。

登記識別情報を保管しておく

登記申請書を提出してマンションの相続登記を行うと、相続登記が完了した後、「登記識別情報通知書」が、登記申請者宛に送られてきます。

登記識別情報とは、以前の登記済権利証の代わりになる12桁の数字とアルファベットを言います。書面ではなく12桁の情報が重要になります。

登記完了証は、単に相続登記が完了したことを知らせる通知ですが、登記識別情報は、以前の登記済権利証と同じで売買をしたり担保を設定したりする場合に必要になります。

相続人間のトラブルを回避する

マンションの相続登記をせずに放置しておいたり、相続登記に多大な手間を要してしまったりすると、相続登記が済まない間に、他の共同相続人が、遺産分割について文句を言ってくるおそれがあります。

遺言や遺産分割協議書によって、一旦はマンションの分割方法に合意した相続人も、時間が経過すると、子が成長して学費がかかるなど、状況が変わることもあります。このような家族状況の変化が、相続人間の遺産分割についてトラブルの原因となります。

相続するマンションが遠方のときは?

ご両親などの相続人が所有していたマンションを相続したときや、別荘、投資用不動産としてのマンションを相続したとき、マンションの所在地が、相続人が住んでいるところから遠く離れていることもあります。

相続登記は、マンションの所在する場所の法務局で行わなければなりませんが、相続登記を依頼する司法書士は、お近くにいて相談しやすい事務所のほうがお勧めです。

マンションの相続登記に慣れた司法書士であれば、相続登記自体は、インターネットや郵送で遠方であっても行うことができるからです。

参 考
相続登記にかかる費用と司法書士報酬は、こちらをご覧ください。

相続財産に、不動産が含まれている場合には、遺言、遺産分割協議などによって決まった相続分にしたがって、不動産の登記名義を変更する必要があります。 相続が発生したときに、相続分にしたがって不動産の登記名義 ...

続きを見る

相続登記は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか?

今回は、相続のよくあるケースで、相続財産(遺産)の中にマンションが含まれているときに行うべき相続登記の具体的な方法について、相続に強い司法書士が解説しました。

マンションを所有している方は多いでしょうが、マンションは法律の専門用語で「敷地権付き区分所有建物」と呼び、登記簿上の権利関係が複雑です。その分、相続登記申請書の記載も複雑なものとなり、ミスのないようにしなければなりません。

相続登記をはじめとした相続手続きについて、相続人だけで行う自信がないときは、ぜひ相続手続きに強い司法書士にお任せください。

「相続財産を守る会」では、相続手続きを常時、多数件お取り扱いしており、難しい相続登記についてもスムーズに処理できるノウハウと知識を蓄積しています。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
司法書士 吉越 清顕

司法書士 吉越 清顕

司法書士吉越清顕は、弁護士法人浅野総合法律事務所に所属する司法書士です。東京都中央区、銀座駅から徒歩3分の利便性の高い、相続登記・戸籍に強い司法書士です。 同場所に所在する税理士法人浅野総合会計事務所と連携をとることで、ご相談者にとって最適なトータルサポートによる相続問題の解決を目指します。

-相続登記
-

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.