相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

事業承継

事業承継で、後継者に求められる資質・要件は?ポイント4つ

投稿日:

後継者に対して事業承継をするとき、後継者候補として多くの人があがることがあります。例えば、実の息子、娘を後継者とする「親族承継」もあれば、社内の幹部役員を後継者としたり、事業承継のためにあらたに外部から後継者を連れてきたりすることもあります。

いずれの場合にも、会社・事業を継続していくために重要となるのが、「後継者の見極め」です。そして、後継者の資質を見極めるときに「お気に入りだから」といった感情が入らないように、客観的に見極めなければなりません。

資質・要件を満たさない後継者に継がせることは会社にとっても後継者にとっても不幸ですし、後継者として適切な人がいない場合、廃業、M&A(事業買収)など他の道を模索することになります。

そこで今回は、事業承継で、後継者に求められる資質・要件について、相続・事業承継の経験豊富な弁護士が解説します。

「事業承継」の人気解説はこちら!

事業承継

2019/5/11

【オーナー経営者向け】事業承継時の株式譲渡契約書のポイント5つ!

相続・事業承継を考えるとき、オーナー経営者(経営株主)から後継者への株式の移転(譲渡)が、重要なポイントの1つとなります。 「ハッピーリタイアのための資金が必要である」など、引退する経営者がお金を得たい場合には、株式を後継者に「譲渡(売却)」の方法で渡すのが一般的です。 ところが、オーナー経営者の中には、これまで一度も株式を譲渡(売却)した経験がない方も多くいます。「株式譲渡契約」の契約書を十分に検討せずに締結して、後からトラブルになるケースも少なくありません。 そこで今回は、オーナー経営者向けに、自社株 ...

ReadMore

事業承継

2019/4/10

特別清算の手続き・流れ・注意点を、弁護士が解説!

会社のオーナー経営者が引退を考えるとき、事業譲渡やM&A(事業売却)をせず、会社を清算せざるをえないことがあります。 会社を清算する場合は、会社の財産で債務を返済し、のこった財産を株主がうけとって会社をとじる、というのが通常の流れです。 しかしながら、会社を清算する場合に、その会社にはもはや価値がないというケースもあります。債務が多すぎる場合には、通常の清算の手続きがとれないこともあります。 株式会社の解散決議をおこない、清算手続きに入ったとき、会社の債権者から反対があるなど、清算手続きを進めるのに支障が ...

ReadMore

事業承継

2019/3/8

「遺留分に関する民法の特例」を利用し事業承継を円滑に進める方法!

会社の経営をしている人が、その事業を後継者に引き継ぎたいと考えたときに行うのが「事業承継」です。しかし、民法には、最低限相続できる権利である「遺留分」が定められているため、これが事業承継の弊害となる場合があります。 法定相続人の遺留分を侵害するような事業承継の対策を、生前贈与や遺言などによって行った結果、遺留分減殺請求権を行使され、思った通りに事業承継が進まないリスクがあります。最悪の場合、株式が分散し、事業の支配権をめぐって、家族間のトラブルが激化します。 そこで今回は、円滑な事業承継のために、遺留分に ...

ReadMore

事業承継

2019/1/26

会社をたたむ適切なタイミングとは?事業を生かす方法はある?

日本にある数多くの会社のうち、そのほとんどが中小企業であるといわれています。日本の会社の99%以上は中小企業であり、上場企業はごくわずかの割合に過ぎません。 上場企業であれば、会社の経営状況が悪化したとしても、株式の発行を通じて、株主となる投資家から資金調達することも可能ですが、中小企業は、そうはいきません。中小企業の経営状況が悪化したときには、資金調達は、銀行などの金融機関からの借入に頼らざるを得ず、その場合、社長(代表者)の個人保証が必要なことも少なくありません。 中小企業の経営がうまくいかなくなった ...

ReadMore

事業承継

2019/4/20

会社分割を活用して2人の子供に事業承継させる方法【弁護士解説】

会社のオーナー経営者の相続で、ご自分の会社の経営を子供に引き継がせたいときに、兄弟姉妹が仲良く協力して経営してくれるのであれば、いうことはありません。 しかし、子供たちの事業に対する興味や、能力・性格が異なることも、よくあります。1人を社長にすると、他の兄弟が文句をいうケースもあるため、複数の子供に別々の事業をまかせた方が、会社経営がうまくいくことも多いです。 このように、相続人となる子どもが複数いて、事業を分割して任せたい、という場合に活用できるのが、「会社分割」です。文字通り、会社を2つ以上に「分割」 ...

ReadMore

事業承継の後継者を客観的に見極める

事業承継の後継者を選定するとき、その資質・要件に対して、客観的な見極めが必要です。これは、会社経営者として、長年にわたって会社・事業を見てきた社長にしかできない非常に重要な業務です。引退前の最後の重要業務といってよいでしょう。

実の息子・娘に事業を継がせる「親族承継」の場合、親族であるからこそ、より客観的に、厳しい目線で判断しなければなりません。間違っても、子の意思に反して無理やり承継を押し付けることはいけません。

実の息子・娘がいると、「親族承継」を重視しがちですが、実の息子・娘には事業を継ぐ気が無かったり、事業を継ぐ気持ちがあっても能力がなかったりする場合には、継がせることが「家族不和」など不幸を呼ぶおそれもあります。

後継者に必要な資質・要件のポイント4つ

さて、たとえ実の息子・娘への親族内承継であったとしても、後継者の資質・要件を「客観的な視点から」見極めなければならないことを理解していただいたところで、実際にその見極めのポイントを、弁護士が紹介していきます。

親族承継であっても見極めが重要なのですから、ましてや、幹部社員や役員、外部の第三者などに対して「親族外承継」をお考えの際には、後継者として適切かどうか、慎重な目線で判断するため、判断基準を理解しておかなければなりません。

なお、後継者に必要な資質・要件は、会社の規模・業種・社風などによっては特別な考慮が必要な場合もありますので、今回の弁護士解説は、あくまでも参考としての一般的な例とご理解ください。

事業の将来のビジョンに合うか

「後継者を誰にするか」以前に決めるべきこととして、そもそも「事業を継続するかどうか」という点があります。そのため、会社経営者としては、引退する前に、事業の将来性を見極めておく必要があります。

このとき、後継者として選定した人物が、後継者として必要な資質・要件を備えているかを、検討された「事業の将来性」「将来の予測」に合っているかどうか、という観点から見極める視点が大切です。

たとえば・・・

日本の製造業は、衰退傾向にあると一般的に言われています。海外の安価な人件費の活用のため、製造拠点を海外に移す傾向があるからです。事業承継の際に、考えるべき将来性です。

そのため、今後の事業の将来性について、製造業ではなくサービス業に特化していく、というビジョンを描いたときに、これまで「工場長」を任せていた人が、長年の功労者であっても、後継者としての資質・要件は満たしていない、という場合があります。

後継者としての能力があるか

事業承継後に、会社・事業をどのように発展させるべきかの方向性が見えてきたら、次に、後継者として選定した人物に、後継者としてその事業発展に貢献できる能力・資質があるかどうかを見極めます。

「能力」といっても、多面的、総合的に判断しなければなりません。営業スキル、業務遂行能力、財務・経理能力、部下のマネジメント能力などのほか、対人コミュニケーション能力なども、会社経営者にとって必要な能力といってよいでしょう。

正しく能力を評価するためには、書面上の申告だけでなく、実際に仕事をさせてみて判断させるしかありません。

会社経営者としての覚悟があるか

事業承継の後継者として選んだ人物に、十分な業務遂行能力があったとしても、「当事者意識」がなく、いつまでも「平社員気分」「雇われ気分」でいる人では、後継者として適格とはいえません。

ここで、後継者の見極めのために重要となるのが、「事業承継をする『覚悟』」です。実の息子・娘が、単に「父が社長だから、自分も社長になる」、「社長という肩書がほしい」という程度の覚悟しかなかった場合、後継者としての覚悟が不十分といわざるをえません。

会社経営は、人の何倍もの財産を手にする可能性もありますが、逆に、業績が悪化すれば会社に個人資産から貸付を行ったり、取引先や従業員とのトラブルの解決にプライベートの時間を削ったりと、我が身を犠牲にしなければならない場面も多くあるからです。

組織内で信頼されるか

会社がある程度の規模を有している場合には、後継者として必要な資質・要件の中に、「組織マネジメント力」が加わります。

特に、事業承継後も、前社長世代(旧世代)の社員・役員などが会社内に残り続ける場合には、その人達との良好な人間関係を築ける人でなければ、組織内で社長としてふさわしくないと判断されてしまう可能性があります。

社長として威張るのではなく、かといって下手に出るだけではいけない場面も多々あります。組織内で信頼されるかどうかが、事業承継の後継者としての資質・要件を見極める大きなポイントになります。

事業承継税制を利用するための「後継者」の要件

「事業承継時の後継者としての適格性を満たす要件は?」というご相談の中には、事業承継税制を利用したいときの後継者の要件についての質問もありますので、最後に解説しておきます。

事業承継税制とは、事業承継を行うときに、通常よりも税務面で有利な扱いを受けるために用意された税制のことです。この有利な税制を利用するためには、次の「先代経営者」、「後継者」の要件を満たす必要があります。

先代経営者の要件

特例贈与者・特例被相続人の要件

  • 都道県知事の確認を受けた特例代表者であったこと
  • 贈与・相続直前まで、先代経営者グループで過半数の議決権を有し、グループの中で後継者を除いたところで筆頭株主であること

贈与税の納税猶予の要件

  • 贈与時までに代表者を退任すること
  • 贈与時に保有する株式について、議決権の3分の2に達するまでの部分を、一括して贈与すること

後継者の要件

  • 都道府県知事の確認を受けた特例後継者であること
  • 贈与・相続後に後継者グループで過半数の議決権を有しており、後継者グループの中で筆頭株主であること
  • 贈与時において、会社の代表者であること(相続の場合は、5ヶ月を経過するまでに代表者であること)
  • 贈与・相続後、申告期限まで株式を保有し続けること

事業承継税制を利用することができるかどうかは、とても難しい専門的な判断が必要となる場合がありますので、詳しくは、生前贈与、相続などの事前対策を検討する際に、税理士・弁護士などの専門家にご相談ください。

事業承継は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか?

今回は、事業承継を検討されている会社経営者の方に向けて、「どのような後継者を選定したらよいか」、つまり、後継者の資質・要件の見極めについて、弁護士が解説しました。

事業承継の後継者をどのように選定するかは、資質・要件面に関する適格性はもちろんのこと、法律的に可能であるかどうか、税務面において損得があるかどうか、といった多面的かつ総合的な検討が必要となります。

「相続財産を守る会」では、将来の事業発展のビジョンを丁寧にお聴き取りさせていただきながら、かつ、事業承継税制も利用できるよう配慮し、御社にとってより良い後継者選定のお手伝いをさせていただくため、弁護士、税理士が協働しております。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-事業承継
-

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2020 All Rights Reserved.