相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

民事信託

ペットのための信託とは?死後のペットの世話は?【信託契約書付】

更新日:

ペットのための信託をご存知でしょうか。ペットを飼っているけれども、自分が死んだあとペットの世話・面倒を見てくれる人がいないのではないかと心配な方に向けて、相続に強い司法書士が解説します。

ペットの飼育が身近になり、ペットは家族の一員となっているご家庭も多いのではないでしょうか。

ペットの飼育は子供の教育に最適といいますが、犬、猫などペットは人間の生活にますます身近になり、ペットの飼い主の高齢化が進んでいます。死後のペットの生活保障を確実なものにするため、ペットのための信託を活用しましょう。

「相続手続」の人気解説はこちら!

相続手続

2019/3/28

相続放棄と自己破産はどちらがよい?違い・判断基準・注意点は?

ご家族が多額の借金をして、利息などが膨れ上がってしまっていたとき、「借金を相続したくない」という人が考える方法には「相続放棄」と「自己破産」があります。 「相続放棄」も「自己破産」も、これ以上借金を肩代わりして返さなくてもよくなる、という意味では同じですが、全く別の制度ですので、異なる点も多くあります。 親の借金であっても、自分が連帯保証人になってさえいなければ、必ずしも引き継いで代わりに返済しなければならないわけではありません。 そこで今回は、ご家族に借金があったときに比較しておくべき「相続放棄」と「自 ...

ReadMore

相続手続

2018/11/23

相続で委任状が必要なケースと、委任状の書き方を弁護士が解説!

相続には、多くの手続きが必要です。相続の準備は手間が多く、時間もかかります。しかも役所や金融機関など、平日の日中しか開いておらず、昼に仕事がある会社員などの方々は、手続を進めることが難しい場合があります。 相続の手続きや準備をする際に、弁護士、司法書士、税理士などの相続の専門家を積極的に活用することで、便利に相続手続きができます。 相続の専門家に手続きを任せる際に記載するのが委任状です。今回は、委任状が必要なケースと、その際の委任状の記載方法について、相続に強い弁護士がご説明します。 委任状をきちんと作成 ...

ReadMore

相続手続

2018/12/1

相続・生前贈与で「贈与契約書」が必要な理由と作成方法【書式付】

相続対策をするとき、検討しなければならないのが「生前贈与」です。つまり、お亡くなりになる前に、生きているうちに、財産の一部を他人に贈与するという相続対策です。 財産を贈与する契約のことを贈与契約といいます。贈与契約は、財産を送る人と、財産を受け取る人の合意によって成立するもので、贈与の合意を証拠化したものが、「贈与契約書」です。 今回は、相続対策をするときに検討すべき生前贈与の際、締結しておくべき贈与契約書の作成方法と注意点について、弁護士が書式・ひな形・文例のサンプルを示しながら解説します。 ポイント ...

ReadMore

相続手続

2018/11/16

戸籍謄本と戸籍抄本の違いは?戸籍のとり方、記載内容は?

相続手続きでは、多くの戸籍が必要となります。相続手続きで必要となる戸籍には種類があります。 よく使われるのが、戸籍謄本、戸籍抄本、除籍、改製原戸籍です。このうち、戸籍謄本、戸籍抄本を「現在戸籍」といいます。相続手続きで現在戸籍が必要となるとき、戸籍謄本を使用するのが一般的です。 では、戸籍謄本と戸籍抄本はどのように違うのでしょうか。記載方法や戸籍のとり方に違いがあるのでしょうか。 今回は、相続手続きでよく利用される戸籍謄本と戸籍抄本の違い、記載内容がどのように異なるかと、その取り方について、相続手続きに強 ...

ReadMore

相続手続

2018/12/5

相続する借金があるか調査する方法は?信用情報調査の具体的方法

相続財産(遺産)の調査で忘れてはならないのが「借金の調査」です。プラスの財産もマイナスの財産もいずれも相続するため、借金調査の結果、借金の方が多い可能性がある場合、相続放棄・限定承認を選択する必要があります。 相続放棄・限定承認の期限は、相続開始を知ったときから3か月のため、借金の調査に時間がかかりすぎたり、借金を調べず放置したりしておくと、相続放棄できず借金を返済する負担を相続によって負うおそれがあります。 借金を相続して支払う場合にも、借金の金額を事前に調査しておくことで、相続税の計算の際、借金額を控 ...

ReadMore

ペットのための信託とは?

ペットのための信託とは、ペットを飼っている方がお亡くなりになったときに、あなたにかわって死後のペットの世話をしてくれる人を決め、ペットの飼育費用分のお金を「信託」のしくみによってまかなう方法のことをいいます。

そもそも、信託とは、ある人(委託者)が、自分の財産の一部又は全部を、信頼できる人(受託者)に預けて、ある目的のために受託者に財産を管理・運営してもらう制度のことです。

ペットのための信託に関する商標を登録している団体もあるように、信託法に基づいて行われるペットのための信託は、現在注目され、利用例も増えています。

たとえば・・・

夫婦と子1名の家族がいたとして、そのうち、お父様がお亡くなりになってしまったとします。この家族には、昔から飼育していた犬が1匹いました。

お父様がお亡くなりになった後も、お母様とお子さんで犬の面倒を見られればよいのですが、お父様がお亡くなりになると飼育費用もかさみ、お子さんも結婚して犬の面倒を見ることは難しくなってしまう状況です。

このとき、ペットの面倒を見てくれる人がいたとしても、無料では引き受けてくれないですし、飼育費用もかかります。将来ペットの世話にかかる飼育費用分の財産とセットなら、世話したいという人もいるかもしれません。

この需要を叶え、ペット飼育のための財産を、ペットのためだけに使用してもらうことができるのが、ペットのための信託契約です。

ペットのための信託の利用方法・手続き

では、ペットのための信託がどのようなものかをご理解いただいたところで、早速、ペットのための信託の利用方法と、この信託制度を利用するときの必要な手続きについて、相続に強い司法書士が解説します。

ペットのための信託を、法律的に適切に運用するためには、信託契約書、遺言書など、法定の要件を満たさなければならない重要書類が複数必要となります。

ペットのための信託契約書を締結する

飼主が亡くなった後、ペットの面倒を見てくれる新しい飼い主との間で、ペットの面倒をみてくれることを約束するための信託契約書を作成し、締結します。

この信託契約書では、ペットの面倒をみてくれること、そのための飼育費用を信託財産から支払うことなどのことが定められます

信託契約書の例は、次のとおりです。

ペット信託契約書

(目的)
第1条 本信託は、次条に規定する信託財産につき、受託者に管理を託し、委託者の飼育する犬(次条第1項第1号、以下「犬」という)に、安定した生活を提供し、委託者の死後も犬が幸せに暮らすことを目的とする。

(信託財産)
第2条 本信託の信託財産は、以下の各号とする。
一 別紙記載のとおりの犬
二 金〇〇万円(以下「信託金銭」という)
三 前各号から生じるすべての果実
2 前項第3号から生じた金銭は、すべて信託金銭に組み入れる。

(受託者)
第3条 本信託の受託者以下の者とする。

(信託金銭の管理)
第4条 受託者は信託金銭につき、信託に必要な表示又は記録等を行い、自らの固有財産と分別して管理しなければならない。
2 信託金銭は、以下の各号のためにのみ使用することができる。
一 犬の飼育及び治療の費用
二 犬の飼育の委託費用
三 犬の葬儀及び墓所の費用
四 その他の犬の飼育のために必要な一切の費用

(業務の委託)
第5条 受託者は、本信託の業務の一部について、第三者に委託することができる。
2 本信託の効力発生時には、犬の飼育は委託者がみずから行い、受託者が必要と認めたときは、受託者が委託者より犬を引き取り飼育し、又は第三者に飼育を委託する。

(受益者及び受益権)
第6条 本信託の受益者は当初委託者とする。
2 本信託の受益権の内容は、犬の幸福な生活により、精神的な利益を受ける。
3 本信託の受益権は譲渡又は質入れをすることができない。
4 当初受益者が死亡した後は、以下の者を受益者とする。
(信託の終了)
第〇条 本信託は下記の事由により、終了する。
一 犬が死亡し、葬儀を終えたとき
二 信託法に定める事由が生じたとき
三 信託金銭が、無くなったとき

  • 信託契約書には、委託者と受託者が、それぞれ署名・押印をして作成します。押印する印鑑は、必ずしも実印である必要はありませんが、シャチハタは避けたほうがよいでしょう。
  • 信託契約書は、同内容のものを2通用意して作成し、委託者と受託者が、1通ずつ保管します。

遺言書を作成する

信託契約書を作成して、ペットのための信託を行うとき、相続人に対してそのことが明らかになるように、遺言書にも記載しておくのがお勧めです。

信託財産をペットのために残しておくということは、その分だけ、相続人が相続できる財産が減ってしまうため、相続人にしっかり理解しておいてもらわなければ争いのもとだからです。

なお、民事信託・家族信託では、信託財産を管理する会社(法人)を設立することもありますが、ペット信託の場合には、信託契約書の締結で十分です。

参 考
自分で遺言書を作成する方法と注意点は、こちらをご覧ください。

遺言書を作成しておくことで、未然に防げる相続トラブルは多くあります。遺言を作成するのに、早すぎるということはありません。 遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種がありますが、今回は、 ...

続きを見る

信託監督人を選任する

信託を行うときに、あわせて、「信託監督人」を選任しておくこともできます。「信託監督人」とは、受託者が、信託契約の内容をしっかりと守ってくれるかどうか、監督する人のことです。

愛するペットを残してお亡くなりになるとき、ペットのための信託に基づいてしっかりとペットの世話が行われるか、心配でならないのではないでしょうか。

信託監督人に、弁護士、司法書士などの専門家士業を選任することで、法的に適切な監督が行われ、信託契約がきちんと守られることが期待できます。信託監督人が、信託を受けた飼育費を管理する人を見守ります。

ペットのための信託を活用するメリット

ペットのための信託を活用することにより、「自分が怪我をしたり、病気になったり、動けなくなったりしてしまったら、ペットの飼育が心配だ。」という不安を抱かずにペットを飼うことができます。

ペットのための信託を活用するメリットについて、信託の経験豊富な司法書士が解説します。

飼い主の死後のペットの生活が保障される

ペットのための信託を活用すれば、ペットを飼っていた人がお亡くなりになってしまっても、ペットの飼育費用を、あらかじめ準備しておくことができます。ペットを保護するとともに、ペットを飼う家族も保護することができます。

「飼い主が亡くなってしまったらペットを飼い続けられないのではないか。」、「ペットの餌代が生活費を圧迫するのではないか」という不安を解消できることが、ペットのための信託のメリットです。

高齢でもペットを飼う決断ができる

ペットのための信託によって飼い主が死亡後もペットの生活が保障されるため、高齢であったり、介護が必要な状態であっても、ペットを飼う決断をしやすくなります。

老後の寂しさ、独居の辛さを癒すのに、ペットを飼うことはとても効果があります。

もっとくわしく!

ペットのための信託によってペットの世話を任された人は、信託契約によって、「善管注意義務」、「忠実義務」、「分別管理義務」という3つの義務を負います。

つまり、信託契約にもとづいて、信託されたペットのための財産を自分の財産とは分けて管理をし、信託契約に定められたペットの世話を忠実に行わなければならないということです。

そして、ペットのための信託で管理される信託財産は、買主がお亡くなりになった場合はもちろんのこと、生前であっても、介護が必要となったり、重病になったりした場合であっても活用できます。

相続人の負担を軽減できる

ペットの飼い主だけがペットに愛情があり、他の家族にはそれほど愛情がないというケースでは、愛するペットがないがしろにされないために、ペットのための信託で、ペットの行き場を確保してあげるのがお勧めです。

また、遺産分割について、相続人間で争いとなったとしても、相続財産とペットの飼育のために必要な費用とが分けられているため、ペットの飼育は確実に行ってもらうことができ、ペットの飼育は保障されます。

ペットのための信託を活用するため必要となる費用は?

ペットのための信託を活用するためにネック、デメリットとなるのが、必要となる費用ではないでしょうか。ペットのための信託を有効活用するためには、一定の費用が必要となります。

これまでペットを飼育していればお分かりでしょうが、ペットの世話を確実に行うための費用は決して安くはありません。

ペットのための信託を活用するためには、ペットのための信託契約書の作成費用として、弁護士費用、司法書士費用などのほか、実際にペットのために信託する財産がかかります。

そのほか、ペットのための信託を行うに際して必要となる必要書類の収集や、手続など、様々な手間を専門家(弁護士もしくは司法書士)に依頼する場合には、専門家費用がかかります。

ペットのための信託と、負担付遺贈の違い

飼い主がお亡くなりになった後のペットの世話を確保するための方法として、ペットのための信託以外に、「負担付遺贈」または「負担付贈与」を活用する方法があります。

「負担付遺贈」とは、一定の負担を条件として、相続財産を遺贈(遺言によって贈与)することをいいます。この場合、ペットの世話をきちんとしてくれるという負担を条件として、ペットの餌代などに相当する相続財産を遺贈する、という方法です。また、負担付贈与の場合は、生前に贈与することになります。

遺言書に、負担付の遺贈を記載することで、ペットの飼育のための負担付贈与を行うことができます。遺言書の条文は、例えば次のとおりです。

第〇条 遺言者は、次の遺言者名義の預金を受遺者〇〇に下記の負担付きで遺贈する。

【預金の表示】〇〇銀行 ××支店 普通預金 口座番号1234567
受遺者は、遺言者の愛犬〇〇の世話を責任もってすること。
以上

しかし、この負担付遺贈の方法によっては、ペットのための信託による方法に比べて、次のようなデメリットがあります。

【デメリット①】遺贈を放棄できる

ペットのための信託ではなく、負担付遺贈の方法によって死後のペットの生活を保障しようとしたとき、遺言による贈与を受けた人(受遺者)は、遺贈を放棄することができます。

遺贈を放棄すれば、当然ながら、遺贈につけられた負担についても実行しませんので、結局、ペットの世話をする人がいなくなってしまいます。

【デメリット②】負担を実行されない可能性がある

負担付遺贈の場合には、負担としてつけられた行為を実行しなくても、遺贈自体が無効になることはありません。

そのため、生前には「ペットの世話をする」と喜んで約束した人も、財産を遺贈してもらった後、あなたがお亡くなりになった後は、負担を実行しないおそれがあります。

【デメリット③】財産の使途を制限できない

負担付遺贈によって遺贈した財産は、「ペットの世話をする」という負担がついてはいるものの、その負担のために使わなければならないという制限があるわけではありません。

そのため、ペットの飼育費用をケチり、遺贈された財産を他の使途に使ってしまうかもしれません。一方、ペットのための信託では、信託された財産は、ペットの飼育費用にのみあてられます。

民事信託は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか?

今回は、愛するペットを残してお亡くなりになってしまう方の不安・疑問を解消するため、ペットを資金的にも保護するためのペットのための信託について、司法書士が解説しました。

相続財産が多くあり、お金には余裕があるという方であっても、相続人がペットをしっかり世話して飼育してくれるかどうか、不安は尽きないのではないでしょうか。この不安が、ペットのための信託のメリットで解消できます。

ペットのための信託を活用するためには、信託契約書の作成、遺言書の作成など、複雑な手続きが多く存在します。

「相続財産を守る会」では、ペットのための信託の経験豊富な司法書士をはじめ、弁護士、税理士などの相続の専門家が直接サポートすることで、信託を有効活用していただけます。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
司法書士 吉越 清顕

司法書士 吉越 清顕

司法書士吉越清顕は、弁護士法人浅野総合法律事務所に所属する司法書士です。東京都中央区、銀座駅から徒歩3分の利便性の高い、相続登記・戸籍に強い司法書士です。 同場所に所在する税理士法人浅野総合会計事務所と連携をとることで、ご相談者にとって最適なトータルサポートによる相続問題の解決を目指します。

-民事信託
-

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.