相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

相続登記

登記先例・通達とは?【司法書士解説】

投稿日:

相続登記など、不動産登記(名義変更)を行うときに「登記先例」「通達」ということばが出てくることがあります。今回は、この「登記先例」「通達」がどのようなものかという基礎知識について、司法書士が解説します。

「登記先例」や「通達」は、相続登記など不動産登記を進めるときに知っておかなければならず、先例とは異なる登記申請をしてしまうと、登記申請を却下されるというデメリットを受けてしまうおそれもあります。

実務上、登記先例や通達に反する登記は、法務局(登記所)に申請した時点で、申請を取り下げるよう指示されるケースがほとんどです。

一方で、「登記先例」や「通達」は、専門的なもので、司法書士など登記の専門家でなければ知らないことが多く、読んでも理解できないものも多いかと思います。

この点で、「登記先例」や「通達」を知り、これに基づく正しい登記ができるかどうかが、良い司法書士を選ぶポイントにもなります。

「相続登記」の人気解説はこちら!

相続登記

2019/1/7

遺言による相続登記の必要書類・申請書の書き方・方法4つ

お亡くなりになった方(被相続人)が、生前に遺言書を作成していたときには、その遺言書にしたがって相続手続きを進めることができます。相続財産(遺産)に不動産(家・土地)が含まれるとき、「遺言による相続登記」が可能です。 遺言による相続登記ができるときは、遺産分割協議を行ったり遺産分割協議書を作成したりする手間なく相続登記ができますので、可能な限り生前に遺言書を作成しておくほうが、相続登記の面でも、有効な生前対策となります。 そこで今回は、相続登記を数多く取り扱う司法書士が、遺言による相続登記の必要書類、申請書 ...

ReadMore

相続登記

2019/3/7

法定相続分で相続登記(相続不動産の名義変更)する方法・注意点4つ

法定相続分とは、民法に定められた、相続人ごとの相続できる割合のことです。法定相続分は、配偶者(夫または妻)、子など、生計をともにしている可能性の高い続柄を優先的な地位に置き、相続できる財産を割合的に定めています。 つまり、法定相続分による分割が、遺産分割のもっとも原則的な方法です。 この原則的な方法である法定相続分による分割の場合にも、不動産を相続人が承継したことを明らかにするために、相続登記(不動産の名義変更)をしておく必要があります。 今回は、法定相続分によって相続財産(遺産)を分配し、相続財産中の不 ...

ReadMore

相続登記

2018/11/18

相続財産を得た相続人が忘れてはならない「対抗要件の具備」とは?

今回は、相続財産(遺産)を得た相続人が、その財産を守るために忘れてはならない「対抗要件の具備」について説明します。 相続財産の「対抗要件の具備」の問題は、2018年7月に成立した改正法でつくられた新しいルールです。 どうしても注意しておかなければならない重要事項ですので、はじめに結論を書きます。 注意ポイント 2018年7月に成立した改正法により、相続人は、法定相続分を超えて相続財産を取得したときは、「対抗要件の具備」手続きをしなければなりません。 「対抗要件の具備」をしなければ、最悪の場合、もらった相続 ...

ReadMore

相続登記

2019/1/21

相続前後に土地を分筆すべき5つのケースと、分筆登記の方法

「分筆」という言葉をご存知でしょうか。不動産登記の専門用語で、1つの土地を2つ以上に分けることを「分筆」といいます。具体的には1つだった土地の登記を、2つ以上の登記簿謄本に載るように分割することです。 専門用語で、土地は「1筆(ふで)」、「2筆(ふで)」と数えます。「筆を分ける」ことを意味する「分筆」を行うことで、1つの土地だった土地は、登記上別々の土地とみなされ、法律上、税務上さまざまな効果があります。相続の前後でも「分筆」が活用されます。 登記の専門家というと「司法書士」が思い浮かぶ方もいるかと思いま ...

ReadMore

相続登記

2019/1/9

相続登記の本人申請とは?自分自身で登記申請できますか?

ご家族がお亡くなりになって相続が開始されたとき、相続財産(遺産)の中に不動産が含まれているときには、相続登記の手続きが必要となります。このとき、登記の専門家である司法書士に依頼すると、手間がかからず楽に終わるかわりに、司法書士報酬がかかります。 司法書士報酬などの費用をかけずに、自分自身で登記をすることを、相続登記の「本人申請」といいます。しかし一方で、不動産(土地・建物)に関する権利を確定的なものにする不動産登記は重要であり、ミスなく迅速に行う必要があります。 今回は、相続登記を「本人申請」することがで ...

ReadMore

司法書士
吉越清顕

弁護士法人浅野総合法律事務所、司法書士の吉越です。

「登記先例」というと、一般の方には聞きなれない言葉かと思いますが、実際に相続登記をはじめとした登記実務を進めるにあたり、先例の調査がとても重要です。先例は、法律・法令の下位に位置する、行政機関の発する通達です。

登記先例・通達は、事例に合わせた判断

不動産登記のときに遵守しなければならない基本的なルールは、不動産登記法、不動産登記規則という法令に定められています。また、民法などより一般的な法律を守らなければならないことも当然のことです。

しかし、上記の法令はいずれも、ごく一般的なケースについて定めているに過ぎず、個別具体的な事例に沿った判断をする際には、不動産登記法、不動産登記規則などの法令に書かれた文言を「解釈」し、法令を「適用」する必要があります。

個別具体的な、登記の事例が起こったときに、どのように法令を解釈し、適用するかといった事例にあわせた判断について、法務省民事局長が発する質疑応答集や通達などが、「登記先例」と呼ばれるものです。

登記を申請する側の司法書士だけでなく、登記を受理する側の法務局(登記所)もまた「登記先例」「通達」にしたがい、これに基づいて登記実務を運用しているため、円滑に登記を行うためには、登記先例、通達を調べ、理解しなければなりません。

最高裁判所の「判例」と似た考え方

相続問題をはじめとする紛争、トラブルは、最終的には裁判所で判断されます。つまり、人と人との間のトラブルを最終的に、その事例に合わせた判断を下すことができるのが、裁判所の役割です。

そして、裁判所の中でも、最も権威をもっているのが最高裁判所であり、最高裁判所の下した判決、決定は、「判例」と呼ばれ、他の事例の判断においても尊重されています。

最高裁判所の出した判例が、同種の事例の際には参考にされ、その判例の範囲内においては、判例変更がされない限り同様の判断が下されるというわけです。

この最高裁判所の判例と同様のことが、登記実務でいう「登記先例」で行われています。つまり、登記実務で、同種同様の状況が起こったときには、「登記先例」に照らして、同様の登記判断が下されるのです。

注意ポイント

ただし「判例」も「登記先例」も、全く同一の状況という事態が起こることはむしろ稀であり、その判断の範囲には注意が必要です。

似たような状況であっても、違った事実関係があることから、「判例」「登記先例」どおりの結論にならないケースもあるからです。

登記先例・通達の調べ方は?

登記先例や通達は、とても数が多く、全てを記憶することが難しいことはもちろん、相続登記を専門的に取り扱う司法書士であっても、全ての登記先例・通達を知っているということはありません。

登記実務上で困った事態におちいったときに、同種の登記先例や通達がないかどうか、司法書士ですら、その都度調査をして、解決していかなければなりません。まして、相続登記を本人申請で行う場合などには、登記先例や通達がわからず困ることが多いかと思います。

登記先例や通達をまとめた「不動産登記先例集」などの書籍が出版されていますので、これらの書籍を調査することによって、有名な登記先例・通達を調べることができます。より詳しく、細かい登記先例や通達まであたりたいときには、次のような方法もあります。

ポイント

  • 過去の登記の専門誌
  • インターネット先例検索サービス(有料サービス)
  • 法務局(登記所)の窓口での相談

いずれにしても、登記先例・通達の調査まで必要となるような困難な登記のケースでは、不動産登記に詳しい司法書士に調査を依頼したり、登記自体を代わりに行ってもらったりするほうが、登記を間違いなく、スムーズに進めることができます。

なお、先例を詳しく調査しても、法務局(登記所)ごとに取扱いが微妙に異なる場合もあるため、実際に登記をするときには、法務局(登記所)の担当者に事前確認を徹底することをお勧めします。

相続登記は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか?

今回は、相続登記などの登記実務を進める際に必要となる「登記先例」、「通達」についての基礎知識を、司法書士が解説しました。

特に、相続登記を本人申請で進める場合など、登記の専門家のサポートを受けない場合には、登記先例や通達に反する誤った登記申請になっていないかどうか、注意が必要です。相続登記にお困りの相続人の方は、ぜひ「相続財産を守る会」の司法書士にご相談ください。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
司法書士 吉越 清顕

司法書士 吉越 清顕

司法書士吉越清顕は、弁護士法人浅野総合法律事務所に所属する司法書士です。東京都中央区、銀座駅から徒歩3分の利便性の高い、相続登記・戸籍に強い司法書士です。 同場所に所在する税理士法人浅野総合会計事務所と連携をとることで、ご相談者にとって最適なトータルサポートによる相続問題の解決を目指します。

-相続登記
-

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.