相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

相続税

親子間の土地の使用貸借には税金(贈与税・相続税)がかかる?

投稿日:

相続財産(遺産)の中に不動産(土地・建物)が含まれているときに、土地と建物の所有権が、親と子に分かれていることがあります。子が、親の土地を借りて、親の土地上に家を建てて暮らしている場合などが典型例です。

親子間で土地の貸借関係が発生するのは、例えば次のようなケースです。

よくある相続相談

親が代々相続によって取得した土地上に、子が自宅を立てた
親が所有していた家と土地のうち、家を生前贈与で子に譲った
親の土地に子が店舗を建て、事業を営んでいた

特に、子どもが結婚して家族を持ったり、出産・育児などによって広い家が必要となったりした際に、親の不動産の一部を貸借して生活の基盤をつくることがありますが、このような場合、気になるのは税金(贈与税・相続税)の問題です。

そこで今回は、親の土地を子どもに貸して、その土地上に家を建てて生活をするときの税金(贈与税・相続税)の問題について、不動産相続に強い税理士が解説します。

「相続税」の人気解説はこちら!

相続税

2018/12/23

暦年贈与信託とは?メリット・デメリットや利用方法、注意点など

「暦年贈与」とは、毎年繰り返して贈与を行うことをいいます。相続の場面では、相続税の節税対策として、お亡くなりになる前(生前)に、ご家族、親族に対して毎年贈与を行うことをいいます。 暦年贈与のうち一定額(受贈者1名につき1年110万円)の範囲内は贈与税が非課税となるため、お亡くなりになって相続で財産移転して相続税を支払うよりも、負担する税金の合計額が少なくなります。 暦年贈与には、「非課税の贈与のつもりだったのに、税務署に否認されて、贈与税を課税されてしまう。」という落とし穴がありますが、このような事態をで ...

ReadMore

相続税

2019/1/9

相続時精算課税制度を利用するときの注意点6つ!節税になる?

財産を「贈与」によって移転をするときには贈与税、「相続」によって移転をするときには相続税がかかります。贈与税、相続税にはそれぞれ非課税となる枠が定められていますが、この調整を行うのが、今回解説する「相続時精算課税」の制度です。 本来、贈与税は、贈与を受ける人1人あたり年間110万円までは非課税とされていますが、相続時精算課税を利用することによって、この非課税の枠を2500万円まで増やすことができます。 しかし一方で、相続時精算課税制度を利用したときは、贈与した財産が、のちの相続の際に、相続財産(遺産)に加 ...

ReadMore

相続税

2018/12/11

親子間の借金は「贈与」?贈与税を回避・減額する方法を税理士が解説

親から借金をしただけで税金を課税されることはないですが、借金の貸し手が親であることから、「実際にはお金をあげたのと同じだ」と税務署に目をつけられると、この借金が「贈与」となり「贈与税」がかかるおそれがあります。 人生には、次のように、親からお金を借りる機会が、しばしば訪れます。 よくある相続相談 結婚するときの結納金が足りない マイホームを建てたい 子供が大学にいくときの学費が足りない 本来であればお金を借りなければならない大変な状況なのに、「贈与」とみなされると高い税金がかかります。仮に500万円の贈与 ...

ReadMore

相続税

2019/2/2

教育資金贈与の非課税措置はどう変わる?【2019年4月から!】

教育資金贈与を、一括で行った場合に、一定の要件のもとに1人あたり1500万円までの贈与額に対しての贈与税が非課税となる、という説明を、こちらの解説で行いました。具体的には、30歳未満の子もしくは孫に対して、教育資金の用途に限り利用可能な非課税措置です。 しかし、この制度は「期間限定」であり、利用したい方は、2019年3月31日までに贈与を実行しなければならず、そのためには、銀行や信託銀行などの金融機関で、教育資金贈与の信託契約を締結する必要がありました。 そこで、子や孫への教育資金贈与をこれから行うことを ...

ReadMore

相続税

2019/4/11

配偶者居住権の評価額は?算定方法を知って相続対策に生かす!

2018年7月の相続法改正によって、「配偶者居住権」という権利が導入されることになりました。「配偶者居住権」は、配偶者(夫または妻)の死亡によって残されたご家族の生活を保護するための権利です。 配偶者居住権の制度は、2020年4月1日から始まりますので、対応が必要です。そして、配偶者居住権は、権利としての価値がある以上、相続税との関係でも「評価額」を決めなければなりません。 今回は、その配偶者居住権の、相続税における評価額について説明します。 「相続税」の人気解説はこちら! 目次1 配偶者居住権とは?2 ...

ReadMore

親子間の「使用貸借」なら贈与税は非課税!

親の土地を子が借りて、その上に家を建てる場合のように、親子間で土地の貸し借りを行うとき、通常は、地代や賃料、権利金、保証金などの授受は行わないことが一般的です。

金銭の授受なく土地を貸し借りすることは、贈与税の適用対象となるのではないかと疑問に思うところでしょうが、親子間の土地の貸し借りであれば、「使用貸借」にあたり、贈与税はかかりません。

「使用貸借」とは、賃料や地代などの貸借の対価がかかる「賃貸借」とは異なり、無償で貸し借りをすることをいいます。

「使用貸借」だと、無償で土地を借りることができることから、利益を得ていることになるので贈与税が発生するのではないかというご相談がありますが、結論を申しますと、贈与税は非課税です。

親の土地を借りて子が家を建てた場合には、土地を無償で使用する権利を得ていますが、この権利自体には経済的な価値はなく、贈与税の課税対象とはならないからです。

「使用貸借」はみなし贈与とはならない

親子間で起こる贈与には、単純に無償で贈与をする以外に、「他の第三者に対して譲渡するよりも安い金額で譲渡をする」場合があります。これを「みなし贈与」といい、このみなし贈与にあたると贈与税が課税されます。

このことから、賃料、地代、権利金、保証金などの金額を支払わずに、子が親から不動産を借りた場合には、みなし贈与として贈与税が課税されそうにも思えますが、使用貸借による土地の使用については、贈与税は非課税であるとされています。

使用貸借は、親子間で結ばれた場合には、当事者の死亡によって権利が消滅する、とても弱い権利であり、賃貸借によって設定される借地権ほどの経済的価値がありません。

地代を払うと課税される場合あり

ここまでは、親子間でよく行われる、地代・賃料を支払わない貸借(使用貸借)の場合の贈与税の課税関係に関する解説です。これに対して、生計を別にしているご家族には、たとえ親子間であっても、地代・賃料・権利金などの金銭を支払って、不動産を貸借する例があります。

地代・賃料を支払っているとしても、土地の固定資産税以下の金額であれば、無償で貸借しているのと同様、使用貸借であると評価されます。

親から借りている不動産の地代を支払っている場合であって、権利金を支払っていない場合には、権利金相当額の贈与を親から受けたものとして、贈与税を課税されるため、注意が必要です。

地代を支払いながら、この贈与税の課税から逃れるためには、次の2つの方法があります。

ポイント

権利金を支払う
相当の地代を支払う

この場合の税法上で定められた「相当の地代」とは、周辺の相場価格という意味ではなく、次のとおりの特殊な計算方法で算出されます。

  • 相当の地代=自用地としての過去3年平均の相続税評価額×6%

この計算式で算出された「相当の地代」は、周辺相場における通常の地代よりも高く、権利金分の金額を支払ったのと同等の金額であると考えられます。そのため、「相当の地代」を払っている場合には、権利金を支払っていなくても贈与税がかからないのです。

親子間の貸地も相続税の対象となる!

このように、親が生きている間は、親子間で土地を貸し借りしても、贈与税などの税金はかかりませんが、親が亡くなった後は、子が借りていた土地は相続財産(遺産)となり、相続税がかかります。

申告・納付すべき相続税を計算する際には、土地の評価額を算出する必要があるのですが、この際に、親から子どもに対して無償で貸し与えられていた土地の評価額は、第三者に対して賃貸借されていた土地よりも、相続税の計算上、高額に評価されることとなっています。

これは、子が親から無償で「使用貸借」をしていた土地は、親自身が自分で使用しているのと同様のものとして土地の評価をされてしまうからです。専門用語でいうと「貸宅地」ではなく「自用地」として評価額を算出します。

したがって、親子間に「使用貸借」の関係を残したまま親がお亡くなりになり、相続が開始されてしまったとき、相続税をより多く課税されてしまいます。思わぬ高額な相続税を課されて支払きれなくならないよう、入念な生前対策が重要です。

もっとくわしく!

使用貸借された土地は、減額のない自用地評価額で評価されますが、親がそこに居住していて同居している子が土地を相続するなど「小規模宅地の減額特例」の要件を満たす場合には、土地の減額を受けることができます。

不動産相続は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか?

今回は、親子間でよく行われる、無償で不動産(土地・建物)を貸借する「使用貸借」と税金(贈与税・相続税)の関係について、不動産の税金に強い税理士が解説しました。

基本的には、「使用貸借」と評価されれば贈与税は非課税となるのが原則ですが、地代を支払っていたりすると贈与税がかかる場合があります。また、親がお亡くなりになるまで「使用貸借」を続けると、他人に貸していたよりも高額な相続税がかかるため、注意が必要です。

「相続財産を守る会」では、相続時の税金だけでなく、相続に至るまでの生前に発生する贈与税など、不動産にかかるさまざまな税金の問題を総合的に、広い視野で考え、ご家庭の状況にあわせた最良の「タックスプランニング」をご提案します。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
税理士法人シリウス

税理士法人シリウス

税理士法人シリウスは、資産税・不動産税務を得意とする代表税理士が、相続税申告(相続対策)・不動産譲渡税申告について豊富な経験をもとに相談業務を行っています。 4000件以上の相続税・不動産税務の相談業務に携わり、ハウスメーカー・不動産仲介会社・保険会社等のセミナーや研修会にて講演を行うなど、相続の専門知識の啓もうに努めています。

-相続税
-,

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.