相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

相続税

相続した不動産を交換するとき、所得税を節税できる?【相続Q&A】

更新日:

今回の相続相談は、相続によって不動産(土地・建物)を取得した相続人が、他の相続人とその不動産を「交換」するときに、かかる税金を安くするための節税方法についての相談です。

不動産を「交換」することは、不動産の「譲渡」と不動産の「取得」の組み合わせと考えられますので、譲渡所得税・住民税など、不動産の所有権を移転するときにかかる税金を払わなければならないように思えます。

しかし、「交換の特例」という税制を活用することができれば、これらの税金をかからなくすることもできます。どのような場合に、不動産の「交換」について節税が可能なのかを、実際のご相談に回答する形で、相続税に強い税理士がQ&A形式でお答えします。

「相続税」の人気解説はこちら!

相続税

2018/11/19

広大地の評価方法が、法改正で変更されました【2018年1月~】

面積が1000平方メートル(三大都市圏では500平方メートル)を越える広い土地のことを、従来「広大地」と呼び、土地の評価額を大きく下げることができました。 土地は、相続財産の中でも、特に価値が高くなりやすい財産です。相続財産の金額が大きくなってしまうと、相続税が多額になるため、土地の評価方法が、相続税の節税対策において非常に重要となります。 今回は、法改正によって変わった「広大地」の評価方法と、「地積規模の大きな宅地」について、具体的にどのように変わったかを、相続税に強い税理士が解説します。 「相続税」の ...

ReadMore

相続税

2019/4/4

生命保険契約に関する権利を相続する時の注意点!相続税がかかる?

相続によって遺産を受け継ぐときに、よく問題となるのが生命保険です。 生命保険は、生前に相続税対策を行うときよく活用されますが、生命保険に気を付けなければならないのは相続税の節税の際だけではありません。 生命保険を受け取る権利には財産的価値があり、相続の対象となることがあります。これを「生命保険契約に関する権利」といいます。 「生命保険契約に関する権利」に気付かずに相続を進めると、相続税を正しく計算し損ねてしまうおそれがあります。 今回は、「生命保険契約に関する権利」を相続するときの注意点について、相続問題 ...

ReadMore

相続税

2019/1/8

親子間の土地の使用貸借には税金(贈与税・相続税)がかかる?

相続財産(遺産)の中に不動産(土地・建物)が含まれているときに、土地と建物の所有権が、親と子に分かれていることがあります。子が、親の土地を借りて、親の土地上に家を建てて暮らしている場合などが典型例です。 親子間で土地の貸借関係が発生するのは、例えば次のようなケースです。 よくある相続相談 親が代々相続によって取得した土地上に、子が自宅を立てた 親が所有していた家と土地のうち、家を生前贈与で子に譲った 親の土地に子が店舗を建て、事業を営んでいた 特に、子どもが結婚して家族を持ったり、出産・育児などによって広 ...

ReadMore

相続税

2019/1/21

【2019年3月末締切】教育資金を1500万円まで非課税で贈与する方法

相続税で財産をとられてしまうくらいなら、子や孫の学費などのために、教育資金として贈与しておきたい、というご相談が多く寄せられます。しかし、贈与によって財産を移転するときに、注意しなければならないのが、「贈与税」の問題です。 「贈与税」の問題を考慮せずに、やみくもに贈与を行ってしまうと、相続によって財産を移転して相続税を払うよりも税金面で損をしてしまうこともあります。教育資金贈与には、1500万円まで贈与税が非課税となる制度があります。 今回は、2019年3月末までと申込期限の迫った、「教育資金の一括贈与」 ...

ReadMore

相続税

2019/1/10

財産を、経営する会社に贈与すると税金がかかる?【税理士解説】

財産をたくさん貯めたままお亡くなりになって、相続税として税金をとられてしまうくらいだったら、できるだけ早くから、事前の生前対策をしておきたいものです。 今回は、会社の経営者であり、個人としても豊富な財産を持っている方に向けて、個人資産を会社に贈与したときにかかる税金(贈与税・法人税・所得税など)について、税理士がわかりやすく解説します。 「相続税」の人気解説はこちら! 目次1 財産を、経営する会社に贈与しても、贈与税はかからない!2 【法人側】法人税がかかる3 【個人側】所得税がかかる4 贈与税も課税され ...

ReadMore

相続相談の内容

質問

私の父が先日亡くなりました。父は地方の資産家であったため、私も、郊外にある広大な敷地や邸宅のいくつかを、相続によって取得することになりました。

しかし、私は既に実家を離れており、実家周辺の不動産(土地・建物)を相続しても、活用することができません。私としては、父の財産は現預金以外いらないのですが、とはいえ、相続人間で不公平が生じて損をするのも気が進みません。

父の相続人には、私以外に、私の兄がいます。兄は長男であり、実家の家業を継ぐため、実家の近くに自宅を構えて生活をしています。そのため、私の相続した土地も、兄にもらってもらえるのであれば、そのほうが有効活用できるのではないかと考えています。

幸いにして、兄は、母の相続時(3年前)に相続で都心部の投資用マンション1棟を譲り受けています。私の相続した父の不動産(土地・建物)の1つを、兄の投資用マンションと交換したいと考えているのですが、何分不動産が高額なため、かかる税金が高額になるのであれば、交換を中止したほうがよいのではないかと悩んでいます。

「不動産相続」の人気解説はこちら!

不動産相続

2018/12/14

相続不動産売却は、大手業者より地元不動産会社がメリット大?

相続した不動産を売却することをお考えの相続人が、仲介業者を選ぶときによくご相談されるのが、「大手不動産会社と、地元密着の小規模業者の、どちらを選ぶべきですか?」という疑問です。 結論からいうと、大手不動産会社にも、地元の地域密着型の中小業者にも、いずれもメリット・デメリットがあります。売却したい相続不動産の種類、規模、価値などによって、できるだけ早く、できるだけ高値で売却してくれる不動産会社を選択すべきです。 そもそも、同じ不動産会社といえども、大手と中小では、ビジネスモデル、顧客対応、集客方法などが全く ...

ReadMore

不動産相続

2018/12/13

不動産売買の「仲介(媒介)」と「代理」の違いは?弁護士が解説!

相続した不動産を売却しようとするときには、「仲介業者」と呼ばれる不動産会社が必要となります。このとき、不動産会社と締結する契約書を、よく読んで理解し、損のない不動産取引を目指してください。 相続した土地や建物を売るとき、相続人本人が全ての手続を行うのでない限り、売却に関する行為を、相続人に代わって行ってくれる人が必要です。このとき、不動産会社が提示してくる契約書には、「仲介(媒介)」と「代理」があります。 「仲介(媒介)」と「代理」は、あなたのために不動産会社が、相続した不動産を売るために必要となることを ...

ReadMore

不動産相続

2019/3/11

不動産登記の第三者対抗要件とは?相続で問題になるケース2つ

不動産登記のうち、「権利部(権利登記)」の部分については、登記を行う義務はありません。つまり、所有権移転を受けても、登記を行わなければならないわけではありません。不動産登記をすると、登録免許税や司法書士費用など、手間と費用が嵩みますが、それでも登記を行っておくべき理由が「対抗要件」です。 実際に、相続や売買、贈与などで不動産(土地・建物)の所有権を得たとき、登記をするのは、この「対抗要件」としての登記に重要な意義があるからなのです。 「対抗要件」というのは、法律の専門用語であり、その考え方を理解していただ ...

ReadMore

不動産相続

2018/12/14

不動産を売却するときの仲介手数料は?割引・無料になる?

不動産を売却するとき、不動産会社に仲介手数料を支払うことがよくあります。これは相続した不動産を売却する場合も同様です。 相続した不動産のように、不動産(土地・建物)の価格が高額になればなるほど、不動産会社に支払う仲介手数料の金額も高額になり、ときには仲介手数料だけで数百万円の金額となることも少なくありません。 逆にいうと、仲介手数料を安く済ませられれば、不動産の売却をお得に済ませることができます。仲介手数料を割り引いてもらったり、無料にしてもらうことができれば、不動産売却が有利になります。最近では、仲介手 ...

ReadMore

不動産相続

2018/12/13

相続した不動産の調査方法・探し方は?弁護士が解説!

相続財産(遺産)の中に、不動産が含まれる人がいます。被相続人が不動産を所有していたとき、不動産の評価額が相続財産の中のかなりの割合を占めることが多いです。 不動産は人によっては所有していないこともあるため、相続人が、お亡くなりになったご家族が不動産を持っていたかどうかを知らない場合には、調査して探さなければいけません。 被相続人の重要な財産の1つである不動産について、被相続人がお亡くなりになった後に調査する方法と探し方について、相続に詳しい弁護士が解説します。 ポイント 相続不動産の調査には、①相続不動産 ...

ReadMore

相続専門家(税理士)の回答

回答

税理士の田中です。今回のご相談について、私が回答します。

不動産(土地・建物)の所有権が、売買や交換によって移転するときには、その不動産の所有権を移転させた人に対して譲渡所得税・住民税がかかるのが原則です。そのため、ご相談のケースでも、不動産を交換で移転させた相談者とお兄様のそれぞれに譲渡所得税・住民税がかかる可能性があります。

しかし、不動産を「交換」する場合には、不動産を譲渡するにあたって、同じ程度の価値の不動産を取得していることを意味するため、「交換の特例」という税制を利用すれば譲渡所得税・住民税がかからなくすることができます。

不動産の「交換の特例」による節税を行うためには、「交換の特例」の要件に当てはまるケースであるとともに、確定申告を行う必要があります。「交換の特例」で所得税がかからないからといって確定申告を忘れていると、特例を利用できず税金がかかってしまいます。

今回のご相談の例でいえば、交換する不動産を「建物と建物」「土地と土地」の交換とすれば、お兄様は、投資用マンションを3年前から投資用として所有しているわけですから、「交換の特例」を利用できる可能性があります。

参 考
相続税の節税対策の基本は、こちらをご覧ください。

相続税は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10カ月以内に、税務署に対して申告し、納税しなければなりません。節税対策を全く行っていないと、相続税があまりにも高額となり、期間内に払いきれない危 ...

続きを見る

――不動産の「交換の特例」を利用して、譲渡所得税を節税したいです。交換の特例を利用するための要件について教えてください。

税理士田中:不動産の「交換の特例」は、「交換」の手法による財産移転であればどのような場合でも使えるものではありません。次の条件を全て満たす必要があります。

ポイント

交換する不動産がいずれも固定資産であること(棚卸資産は対象外)
交換する不動産が、「土地と土地」、「建物と建物」というように、同じ種類の不動産であること
交換により譲渡及び取得する不動産が、それぞれ1年以上所有していたものであること
交換により取得する不動産が、交換目的で取得されたものではないこと
換により取得する不動産が、取得後も同じ用途に使用されること
交換対象となる2つの不動産の時価の差額が高い方の時価の20%以内であること

税理士田中:今回のご相談内容からすると、お兄様は、3年前から投資用マンション1棟を所有していますから、3つ目の要件(1年以上所有)、4つ目の要件(交換目的以外で取得)は確実に満たしているといえます。

それ以外の要件を満たし、交換の特例が適用可能であるかどうか、慎重に検討を進めて頂く必要があります。

――上記の要件を1つずつ検討しましたが、もしかしたら「交換の特例」を適用することが難しいケースにあたるかもしれません。この税制を利用することができない場合に、譲渡所得税はかなりの高額になるのでしょうか。

税理士田中:例えば、交換対象が「土地と建物」であるとか、「土地と、建物の共有持分」であるなど不動産の種類が違う場合や、交換対象となる2つの不動産の時価に、20%を超える大きな差がある場合などには、「交換の特例」は適用できません。

この場合には、交換によって譲渡する不動産の交換時の時価で譲渡したものとして譲渡所得税・住民税が課税されてしまいます。

交換にともなって、不動産の時価の差額分を、現金でもらった場合(交換差金)には、たとえ「交換の特例」の適用要件を満たしていてもその現金(交換差金)部分は譲渡があったものとして課税対象となります。

また、譲渡所得税・住民税は「交換の特例」で税金をかからないようにすることができますが、不動産取得税や移転登記の際の登録免許税は通常の売買のときと同様に交換で取得した人に課税されます。不動産の交換は、思わぬ税金が発生してしまうことが多いため、税理士のアドバイスを受けながら慎重に行ってください。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
税理士法人シリウス

税理士法人シリウス

税理士法人シリウスは、資産税・不動産税務を得意とする代表税理士が、相続税申告(相続対策)・不動産譲渡税申告について豊富な経験をもとに相談業務を行っています。 4000件以上の相続税・不動産税務の相談業務に携わり、ハウスメーカー・不動産仲介会社・保険会社等のセミナーや研修会にて講演を行うなど、相続の専門知識の啓もうに努めています。

-相続税
-

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2021 All Rights Reserved.