相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

相続登記

土地を相続した相続人が負う義務とは?土地は相続放棄できる?

投稿日:

先祖代々の土地をお持ちのご家庭では、土地を相続することによって相続人がどのような義務を負わなければならないのかが気になるところではないでしょうか。

今回は、土地を相続することで相続人が負う義務、行わなければならない行為などを、相続手続きに詳しい弁護士が解説します。結論からいうと、土地を相続することで、相続税・固定資産税などの納税義務のほか、土地の管理義務が生じます。

重い負担を負うおそれのある土地相続について、「そもそも、土地を相続すること自体が義務なの?」という疑問にお答えするため、土地の相続から逃れることができる方法についても合わせて解説します。

「相続登記」の人気解説はこちら!

相続登記

2018/12/18

遺産相続・相続登記に強い司法書士の選び方の7つのポイント

司法書士という士業は、一般の方にはあまり馴染みがないかもしれません。司法書士は「登記」の専門家です。会社を作るときの商業登記や、不動産を売買するときの不動産登記などが、司法書士の専門業務です。 ご家族がお亡くなりになり相続問題が発生したときに、司法書士は、相続財産(遺産)に不動産があるときの「相続登記(相続不動産の名義変更)」という形で、相続手続きを担当します。 不動産を相続したり売却処分したりするとき、弁護士や税理士の指導のもとに行うことが多く、自分から司法書士を選ぶことはそれほど多くないかもしれません ...

ReadMore

相続登記

2019/1/7

遺言による相続登記の必要書類・申請書の書き方・方法4つ

お亡くなりになった方(被相続人)が、生前に遺言書を作成していたときには、その遺言書にしたがって相続手続きを進めることができます。相続財産(遺産)に不動産(家・土地)が含まれるとき、「遺言による相続登記」が可能です。 遺言による相続登記ができるときは、遺産分割協議を行ったり遺産分割協議書を作成したりする手間なく相続登記ができますので、可能な限り生前に遺言書を作成しておくほうが、相続登記の面でも、有効な生前対策となります。 そこで今回は、相続登記を数多く取り扱う司法書士が、遺言による相続登記の必要書類、申請書 ...

ReadMore

相続登記

2019/3/7

法定相続分で相続登記(相続不動産の名義変更)する方法・注意点4つ

法定相続分とは、民法に定められた、相続人ごとの相続できる割合のことです。法定相続分は、配偶者(夫または妻)、子など、生計をともにしている可能性の高い続柄を優先的な地位に置き、相続できる財産を割合的に定めています。 つまり、法定相続分による分割が、遺産分割のもっとも原則的な方法です。 この原則的な方法である法定相続分による分割の場合にも、不動産を相続人が承継したことを明らかにするために、相続登記(不動産の名義変更)をしておく必要があります。 今回は、法定相続分によって相続財産(遺産)を分配し、相続財産中の不 ...

ReadMore

相続登記

2019/1/9

相続登記の本人申請とは?自分自身で登記申請できますか?

ご家族がお亡くなりになって相続が開始されたとき、相続財産(遺産)の中に不動産が含まれているときには、相続登記の手続きが必要となります。このとき、登記の専門家である司法書士に依頼すると、手間がかからず楽に終わるかわりに、司法書士報酬がかかります。 司法書士報酬などの費用をかけずに、自分自身で登記をすることを、相続登記の「本人申請」といいます。しかし一方で、不動産(土地・建物)に関する権利を確定的なものにする不動産登記は重要であり、ミスなく迅速に行う必要があります。 今回は、相続登記を「本人申請」することがで ...

ReadMore

相続登記

2019/1/21

相続前後に土地を分筆すべき5つのケースと、分筆登記の方法

「分筆」という言葉をご存知でしょうか。不動産登記の専門用語で、1つの土地を2つ以上に分けることを「分筆」といいます。具体的には1つだった土地の登記を、2つ以上の登記簿謄本に載るように分割することです。 専門用語で、土地は「1筆(ふで)」、「2筆(ふで)」と数えます。「筆を分ける」ことを意味する「分筆」を行うことで、1つの土地だった土地は、登記上別々の土地とみなされ、法律上、税務上さまざまな効果があります。相続の前後でも「分筆」が活用されます。 登記の専門家というと「司法書士」が思い浮かぶ方もいるかと思いま ...

ReadMore

土地を相続することで負う義務は?

ご家族が不動産、特に土地を所有しており、ご家族がお亡くなりになったときに土地を相続することが確実な相続人の方から、土地を相続することで負う義務について相談されることがあります。

土地を相続すると、土地を相続したことを対外的に明らかにするために、登記簿謄本の所有権の名義を変更します。これを「相続登記」といいます。しかし、相続登記は、義務ではありません。実際相続登記せずに長年、故人の名義のまま放置された土地もあります。

これに対して、土地を相続すると、相続によって土地を取得した相続人は、次の義務を負います。

ポイント

土地に対してかかる相続税を申告・納付する義務
土地の所有者として固定資産税を納付する義務
土地の所有者として土地を適切に管理する義務

そこで、土地を相続することによって必要となる以上の義務などについて、弁護士が順に解説していきます。

参 考
遺産分割協議書の書式・ひな形は、こちらをご覧ください。

ご家族がお亡くなりになると、相続財産(遺産)を得るためには、遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成しなければならない場合があります。 遺言がない場合や、遺言があるけれども、相続財産(遺産)の全てにつ ...

続きを見る

土地を相続しても、相続登記は義務ではない

相続によって土地を取得すると、土地の所有者が、お亡くなりになったご家族(被相続人)から相続人に移転します。しかし、土地には名前が書けませんから、そのままでは、当事者以外の人には、土地の所有者が誰かがわかりません。

土地の所有者が不明確だと、これから説明する固定資産税の納付義務や、土地の管理義務・管理責任を負うのが誰かがわからず、第三者がその土地によって不利益、被害を受けるおそれもあります。

そこで、土地の所有者は、登記簿に記載されます。相続によって生じた所有権移転を登記簿謄本に反映する相続手続きを、「相続登記」といいます。

相続登記は義務でなくても相続直後に行う

結論からいうと、相続登記は法律上の義務ではありません。相続登記を行わずに放置したとしても罰金等の制裁(ペナルティ)はなく、また、相続登記を「いつまでに行わなければならない」という期限も、法律には定められていません。

しかし、相続登記が義務でないとしても、相続登記せず、お亡くなりになったご家族(被相続人)名義のまま土地を放置しておくとデメリットがあります。相続登記を行わないことによるデメリットは、例えば次のとおりです。

注意ポイント

  • 相続した土地を売却することができない。
  • 相続した土地を担保にお金を融資してもらうことができない。
  • 相続登記しないうちに更なる相続(二次相続)が発生し、相続手続きが更に複雑となる。
  • 相続した土地に権利を主張する人や他の相続人との争い(トラブル)を激化させる。

そして、以上のような問題点について「問題になったらすぐに相続登記すればよい。」と考えていると、相続登記の必要書類の収集、相続登記の複雑な手続きの履行などにより、タイミングよくすぐには相続登記が完了しないこともあります。

したがって、相続登記を先延ばしにすることなく、土地の所有者が死亡して相続が開始したら、遺産分割協議など必要な手続きを踏み、早急に相続登記をしてください。おひとりで相続手続きを進めるのが難しいときは、相続に強い弁護士、相続登記に詳しい司法書士にご依頼ください。

参 考
相続登記にかかる費用と司法書士報酬は、こちらをご覧ください。

相続財産に、不動産が含まれている場合には、遺言、遺産分割協議などによって決まった相続分にしたがって、不動産の登記名義を変更する必要があります。 相続が発生したときに、相続分にしたがって不動産の登記名義 ...

続きを見る

相続した土地の登録免許税の納付は義務!

相続した土地の相続登記をすることは義務ではありませんが、速やかに相続登記を完了したほうがよいことはご理解いただけたのではないでしょうか。

そして、相続登記を行う場合、相続した土地の登録免許税を支払うことは、土地を相続した相続人の負う義務とされています。

相続した土地の相続登記の際に納付しなければならない登録免許税の金額は「固定資産税評価額×0.4%」という計算方法で算出されます。具体的には、法務局に収入印紙を貼付した登記申請書を提出する方法で納付します。

参 考
相続登記申請書の書き方・作成方法は、こちらをご覧ください。

相続財産(遺産)の中に不動産が含まれるとき、不動産の名義変更をする手続が必要となります。この手続きを「相続登記」といいます。 相続登記を行うとき、法務局に提出する「相続登記申請書」を作成しなければなり ...

続きを見る

【義務①】相続した土地の相続税を納付・申告する義務

相続した土地の評価額が高い場合、相続税を支払う義務が生じることがあります。具体的には、相続した土地だけでなく、その他の相続財産を全て足し合わせ基礎控除額を越える場合、相続税の納付義務があります。

相続税の基礎控除額
=「3000万円+600万円×法定相続人の人数」

相続した土地の評価額を調査するだけでなく、他の相続財産とその金額を調査し、相続税を支払う義務があるかどうか検討する必要があります。相続税は、相続人が申告し、納付しなければならず、税務署が計算して請求書を送ってくれるわけではありません。

土地を相続したとき、一般的には土地の評価額は多額となることが多く相続税の申告・納付義務が生じることが多いため、税務署から「相続税についてのお尋ね」という通知書が届くことがあります。

次のようなご不安、ご疑問のある方は、相続税に強い税理士に無料相談してください。

よくある相続相談

  • 土地を相続したが、相続税を支払う義務が生じるかどうかがわからない。
  • 土地の評価のしかたがわからない。
  • 税務署から「相続税についてのお尋ね」が送られてきて義務が生じているか不安。

相続税の申告・納付は、期限があります。相続税の支払義務の期限は「相続開始を知ったときから10カ月です。

期間内に納付義務が満たされない場合、延滞税、無申告加算税など余計なお金を払う必要があるほか、相続税が安くなる特例が利用できないことがあります。

【義務②】相続した土地の固定資産税を支払う義務

相続によって土地を所有することとなった相続人は、その所有する土地について固定資産税を納付する義務を負います。固定資産税の納付義務は、土地を相続した人の負う義務の者の中でとても重いものです。

固定資産税は、相続だけでなく、土地を所有している人であれば等しく地方公共団体に支払わなければならない義務があります。

固定資産税の納付義務は、毎年1月1日時点でその土地を所有している人が負う義務ですが、途中で所有者が死亡して相続が発生した場合、相続人が、固定資産税支払義務を引き継いで負うことになります。相続は、マイナスの財産もすべて相続するからです。

相続人が複数いるとき「誰がどの財産・債務を引き継ぐか」を遺産分割協議・遺産分割調停などによって決めますが、相続財産の分割割合が決まっていないときや、土地を誰が相続するか決まっていないとき、固定資産税の支払義務を負うのは誰でしょうか。

固定資産税の支払義務は、相続登記が完了する前は、相続人全員が負い、相続登記が完了した後は、相続登記によって所有者となった人が負うこととされています。この点でも、登記名義が義務負担の基準となります。

【義務③】相続した土地を適切に管理する義務

土地は、所有者が管理しなければなりません。言い換えると、所有者が管理義務を負い、管理責任を負うということです。このことは、相続によって取得した土地でも同様です。

土地の管理がずさんであったことによって、他人に迷惑をかけた場合には、土地の所有者が管理義務を負担し、管理義務違反によって第三者の負った損害を賠償する責任を負います。これが、土地を相続した人の負う義務の3つ目です。

少子高齢化、独居老人の増加などによって、空き家の放置は社会問題化しています。

ケース①

相続によって取得した土地上に、樹木が生えていたとします。土地の管理を怠り、樹木の枝が伸び放題になっていた結果、通行人に怪我をさせてしまったというケースで、土地の管理義務違反の責任を負う可能性があります。

ケース②

相続によって取得した土地上に家屋が建っているものの、お亡くなりになった方(被相続人)が一人で住んでいたため、死亡後は空き家になっていたとします。

空き家にすること自体は義務違反とはなりませんが、空き家が古くなって崩れたり、火事で延焼したりして隣家に迷惑をかけた場合、土地の管理責任を問われる可能性があります。

そもそも土地を相続することは義務なの?相続放棄できる?

以上のとおり、土地を相続したときは、相続登記は義務ではないけれど速やかに行ったほうがよく、その他に、税金の支払や土地の管理など、いくつかの義務を負わなければならないことを理解いただけたでしょう。

相続した土地を自分では利用しない場合であっても、土地の利用価値が高く第三者に貸すことができる場合にはよいですが、そうでない場合、以上の義務を負ってまで土地を相続したくない、と思う相続人もいるのではないでしょうか。

そもそも、土地を相続する自体は、義務なのでしょうか。

土地の相続は、相続放棄できる

先祖代々の土地や、お亡くなりになった方が事業に利用していた土地などを相続することとなったとき、相続人間では、「土地を相続しなければならない」という義務感が生まれることがあります。

しかし、結論からいうと、土地を相続することは義務ではありません。納税・管理の義務を負ってまでどうしても土地を相続したくないというときは、土地の相続をしないために、相続放棄することができます。

ただし、相続放棄は、土地だけでなく、他の相続財産も放棄することになり、土地だけの放棄はできません。土地以外の財産が多く、相続放棄するのは不都合である場合には、次の方法によって土地を相続する義務を回避できます。

所有者のいない土地は最終的に国庫に帰属しますが、一旦相続によって土地を取得してしまうと、その土地の所有権だけを放棄することはできません。

参 考
相続放棄と、限定承認・単純承認との違いは、こちらをご覧ください。

相続のしかたには、単純承認、限定承認、相続放棄の3種類があります。 相続放棄は、ほかの2つの方法(単純承認、限定承認)が、相続財産を引き継ぐことを前提としているのに対して、相続財産を引き継がないための ...

続きを見る

相続した土地を売却できる

一旦土地を相続した後、売却することができます。土地をスムーズに売却するためには、土地の名義を相続人に移す必要がありますので、土地を売却したいのであれば相続登記は必須です。

複数の相続人が共同して相続するケースでは、相続登記をするためには遺産分割をしなければならず、相続した土地を売却することについて、他の相続人の理解が必要です。

「相続財産を守る会」では、相続財産の売却に詳しい不動産会社の紹介が可能です。土地を円滑に売却するための有効活用の方法を一緒に考えたり、土地を分筆したりと、売却についてのノウハウが豊富です。

他の相続人の中に、納税・管理などの義務を負ってでも土地を相続したいという人がいる場合には、その人に土地を相続してもらい、その代償として相続分に相当する金銭をもらう「代償分割」という分割方法もあります。

参 考
遺産分割の方法と手続について、詳しくはこちらをご覧ください。

親などの家族がお亡くなりになり、相続人が複数いるとき、他の相続人との間で相続財産を分けるためには、遺産分割をしなければなりません。 遺産分割の流れは、遺言書の有無の確認、相続人の確定、遺産分割協議、遺 ...

続きを見る

相続した土地を寄付できる

相続した土地が、納付・管理の義務を負うようでは誰も買い手がつかず売却できないようなものであるとき、土地を無償で引き取ってもらうことを検討しましょう。土地を寄付するということです。

特に、隣地所有者であれば、隣地を引き取ることによって自分の土地の価値があがるため、その土地単体では価値の低い土地であっても、取得してくれる可能性があります。

土地相続は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか?

今回は、土地を相続したときに相続人が負う義務と、そもそも土地の相続自体が義務ではないことについて、相続に強い弁護士が解説しました。

土地は、相続財産の中でも高額化しやすい財産であって争いの火種となりやすいですが、その一方で、土地を相続することに伴う義務もあります。義務負担のほうが重い、価値の低い土地は、相続放棄、売却、用途変更など、活用方法を検討する必要があります。

「相続財産を守る会」では、相続した土地について、あなたに代わって相続登記、相続税の申告・納付といった義務を代わりに行うため、弁護士、司法書士、税理士などの専門家が協力して相続をサポートしています。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-相続登記
-

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.