相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

遺産分割

相続人になれない?「相続欠格」・「相続廃除」とは?違いは?

更新日:

民法に、相続人になることができると定められている人のことを「法定相続人」といいます。法定相続人は、本来、必ず相続人になることができますし、相続権を侵害されても「遺留分」という考え方で守られています。

しかし、法定相続人であっても、相続人になることができない場合があります。被相続人側からしても、法定相続人であっても、どうしても相続人にしたくない、というケースがあるのではないでしょうか。

よくある相続相談


「相続欠格」と「相続廃除」の違いを知りたい。
被相続人の立場で、法定相続人から虐待を受けているため、相続権はもちろん、遺留分もなくしたい。
相続人の立場で、遺産分割協議中に遺言書を隠した相続人から、相続人の資格をはく奪したい。

法定相続人が、相続権を失い、相続人としての資格をはく奪される場合とは、大きくわけて「相続欠格」、「相続廃除」の2つのケースがあります。

「相続欠格」、「相続廃除」が、どのような場合に、どのような手続きによって相続人ではなくなるのか、また、「相続欠格」と「相続廃除」の違いについて、相続問題に強い弁護士が、わかりやすく解説します。

「遺産分割」の人気解説はこちら!

遺産分割

2019/2/4

遺留分減殺請求訴訟とは?訴訟提起から判決までの流れ【弁護士解説】

相続人の最低限の相続分を確保するための「遺留分減殺請求」にまつわる争いごとを行うとき、話し合い(交渉・協議)や調停によっても解決できないときに利用されるのが「遺留分減殺請求訴訟(いりゅうぶんげんさいせいきゅうそしょう)」です。 遺留分減殺請求訴訟は、裁判所で行う訴訟手続きですので、訴状作成、証拠収集などの複雑な手続きは、弁護士にご依頼頂くメリットが大きいです。ただ、基本的な訴訟提起から判決までの流れや、依頼者に行って頂く準備などを理解しておいたほうがよいです。 遺留分の争いには、「取得した相続財産の評価」 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/9

限定承認すべき場合とは?限定承認の方法と手続の流れを弁護士が解説

限定承認について、その方法と手続を解説します。相続人は、相続が開始した時点から、お亡くなりになった方(被相続人)の一切の権利義務を承継します。 一切の権利義務の中には、プラスの相続財産(遺産)も含まれますが、マイナスの相続財産(遺産)も含まれます。被相続人が生前に借り入れをした借金などが典型例です。 借金も相続してしまうのでは、せっかく相続財産(遺産)を得た意味がないので、どうせなら相続をしたくないです。 亡くなった私の父は、借金がかなり多く、借金の金額を合計すると、得られる相続財産(遺産)の金額を越えて ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/22

特別寄与料とは?法改正で、相続人でなくても遺産が受け取れる!

民法において「相続人」と定められている人が、家族の面倒をまったく見ず、むしろ、「相続人」以外の人が、介護などすべての世話をしているというケースは少なくありません。 相続人ではないけれども、介護など一切の世話を行っていたり、お亡くなりになった方のために費用を支出していた場合、相続財産(遺産9からいくぶんかは頂きたいと考えるのも、無理からぬことです。 よくある相続相談 自分以外の兄弟は離れて暮らしているため、親と同居して、ずっと家業を手伝ってきました。兄弟よりも多めに遺産をもらうことができないでしょうか? ず ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/24

遺産分割で預貯金をうまく分ける方法と、分け方のポイントを解説

お亡くなりになった方(被相続人)の財産の中で、銀行やゆうちょなどに預け入れてある預貯金もまた、相続される財産(遺産)になります。 そこで、遺産分割のときの、預貯金の分け方と、より良い分割方法のポイントについて、相続問題に強い弁護士が解説します。遺産に預貯金が含まれることが多いため、注意点も解説します。 預貯金の相続、遺産分割のときは、預貯金を勝手に引き出すことはできず、遺産分割協議を行って凍結を解除し、適切な分け方で分割する必要があります。 「遺産分割」の人気解説はこちら! 目次1 預貯金口座の凍結を解除 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/9

特別受益とは?認められる場合・認められない場合と計算方法

お亡くなりになったご家族から、生前に、学費や住宅の新築、建替えなど、多くの援助をしてもらった相続人と、援助を全くしてもらえなかった相続人との間で、不公平感が生じることがあります。 相続人間の、生前にお亡くなりになったご家族(被相続人)から受けた利益による不公平をなくすための制度が、特別受益です。 よくある相続相談 長男は結婚してマイホームの頭金をもらったが、次男は、独身で実家に住んでいる。 長男の私立大学の学費を全て親が出したが、次男は公立大学に通った。 娘は、結婚の際に多くの援助を受けたが、息子は全く援 ...

ReadMore

遺産分割

2018/8/15

遺留分とは?誰がいくらもらえる?計算方法は?【弁護士解説】

相続の専門用語である「遺留分」の考え方について、弁護士が、わかりやすく解説します。 「遺留分」とは、ご家族がなくなったときに発生する、「相続人が、これだけはもらえる。」という財産の割合のことです。 相続が発生するとき、次のようなご希望から、民法に定められた相続の割合(法定相続分)どおりでない分割方法となることがあります。 よくある相続相談 相続財産(遺産)にかかる相続税を、できるだけ安くしたい。 相続財産(遺産)の維持、増加に貢献した人に、できるだけ多くの財産を残したい。 被相続人(亡くなったご家族)に対 ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/15

遺言書があるか不明でも遺留分を請求できた事例【相続の解決事例】

今回は、相続相談に対して、実際に遺産相続に強い弁護士が受任し、解決に導いた事例を、「解決事例」の形式でご紹介します。 遺言書があり、民法で最低限相続できることが保障された「遺留分」を侵害されている場合には、遺留分を侵害している相続人に対して、その返還を求めることができます。 しかし、実際には、遺言書があると遺言によって相続財産(遺産)を得た相続人が単独で相続登記などを行うことができるため、「遺言書があるのかどうか」がそもそも知らされず、どうしてよいのかわからず、対応にお迷いになる相談ケースも少なくありませ ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/5

遺留分が認められる割合は?遺留分割合の計算方法・請求方法は?

相続のときに、「相続財産(遺産)をどのように分けるか」については、基本的に、被相続人の意向(生前贈与・遺言)が反映されることとなっています。 被相続人の意向は、「遺言」によって示され、遺言が、民法に定められた法定相続分のルールよりも優先します。 この遺言による財産の分け方によって損をしてしまう法定相続人を保護する考え方が、「遺留分」です。お亡くなりになったご家族の意思から法定相続人の相続分を守るための権利です。 よくある相続相談 相続人の立場で、民法の法定相続分より少ない財産しかもらえなかった。 被相続人 ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/29

遺留分減殺請求を弁護士に相談するメリット8つと、弁護士費用

遺留分減殺請求は、多くの相続手続きの中でも、難しい法律問題を含んでおり、「争続」にもなりやすいため、弁護士に相談・依頼したほうがよい手続であるといえます。 遺留分減殺請求権を行使すると、権利行使をされた相手方は、もらえる財産が少なくなることを意味します。このように限られた相続財産(遺産)の取り合いを意味する遺留分減殺請求は、相続手続きの中でも、特に揉め事が起こりやすいです。 そこで今回は、1人で簡単には解決できない場合に、遺留分減殺請求を弁護士に相談・依頼するメリットと、その際にかかる弁護士費用について、 ...

ReadMore

遺産分割

2019/3/13

生前の預貯金の無断引出と、遺留分の関係は?パターン4つを解説!

ご家族がお亡くなりになったときに、「長男に全ての財産を相続させる」といった遺言があると、他の相続人の遺留分を侵害することとなります。民法で定められた最低限の相続分である遺留分を侵害された相続人は、遺留分減殺請求権によって救済を図ります。 しかし、上記のような不公平な遺言が残っていたようなケースでは、すでに、生前もしくは死後に、預貯金が無断で引き出されてしまっており、使われてしまっている場合が少なくありません。 このように、同居の家族や、遺留分を侵害するほどの財産を取得した相続人などが、預貯金を無断で引き出 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/20

いとこが亡くなったら遺産を相続できる?いとこが相続する方法は?

一般的に、「相続」というと、親子関係で起こる相続をイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし、相続の中には、親子だけでなく、祖父母、孫、兄弟姉妹などが相続人となる場合があります。 「いとこ(従兄弟、従姉妹)」は、両親の兄弟の子のことをいい、4親等離れています。直接の親子関係にある「直系血族」に対して、「傍系血族」といいます。 いとこは、相続人となることができるのでしょうか。いとこが死亡したとき、相続財産を得られるのでしょうか。いとことの関係が仲良しの方も仲が悪い方もいるでしょうが、いとこが相続する ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/10

もめる遺産分割協議8パターン、揉める理由と対処法を弁護士が解説

「遺産分割協議」とは、法定相続人や、遺言によって相続人に指定された人が、相続財産(遺産)をどのように分けるかについて話し合いをする協議のことです。 遺産分割協議は、あくまで話し合いですから、円満に解決し、相続人全員の合意のもと、相続財産(遺産)が分割されることも少なくありません。 しかし、遺産分割協議のうち一部は、大きなもめごととなります。相続財産を分けるとき、遺産分割協議がもめる理由、原因ごとに、その対処法を相続に強い弁護士が解説します。 遺産分割協議のもめ事を未然に防ぐため、そして、いざもめてしまった ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/15

遺留分減殺請求の相手方・請求先・判断方法・順番は?【弁護士解説】

民法で定められた相続人(法定相続人)が、最低限相続によって承継することが保障されている相続分を「遺留分」といい、遺留分を侵害されたときに、多くの財産を入手した人に対して財産を取り返すために行使されるのが「遺留分減殺請求権」です。 ところで、遺留分減殺請求権を行使する相手方、すなわち、請求先は、誰なのでしょうか。「遺留分を侵害している相手方」に行うのが原則ですが、「遺留分の侵害のされ方」も様々に異なるため、相手方・請求先が誰か迷う場合があります。 例えば、遺留分を侵害する生前贈与、遺贈(遺言による贈与)が複 ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/1

遺留分減殺請求の前後に、目的物が第三者に譲渡されたときの対応は?

遺留分減殺請求権とは、民法に定められた相続人(法定相続人)のうち、兄弟姉妹以外の人が、少なくとも最低限相続することができる割合を確保するため、より多く相続財産(遺産)を取得した人から取り返す権利のことをいいます。 遺留分減殺請求権は、現在の制度では、相続財産(遺産)そのものを取り戻すことが原則とされており、例外的に、権利行使を受けた人が選択する場合には、「価額弁償」といって、相当額の金銭を支払うことを選ぶことができます。 しかし、遺留分を侵害するような不公平な生前贈与、遺贈などが行われているケースでは、遺 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/13

相続財産をもらいすぎた人への対応は?特別受益で調整する方法

遺言や、お亡くなりになった方の生前の贈与によって、相続財産(遺産)をもらいすぎの人がいるとき、相続人はどのように対応したらよいのでしょうか。 相続財産を守る会には、「特別受益」に関する次のようなご相談がよく寄せられます。 よくある相続相談 兄が親と同居しており、親が亡くなる前に多額の生活費をもらっていた。兄は相続財産をもらいすぎではないか? 妹は結婚の際に多額の支度金をもらっていたが、自分はもらわなかった。妹だけお金をたくさんもらって不公平ではないか? 他の相続人から「遺産をもらいすぎだ」と言われているが ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/19

孫に遺産を相続させる方法と、孫への遺贈・養子縁組の注意点

「孫がかわいい」という祖父・祖母の方は多く、また、相続税対策としても「遺産の一部を孫に渡しておきたい」という相続相談をよく受けます。 よくある相続相談 孫の教育資金として、生前贈与して相続対策をしたい。 孫に相続させたいが、相続税が最も安くなる節税対策を教えてほしい。 生命保険の受取人を孫にしてよいか知りたい。 お亡くなりになった方(被相続人)の孫は、子がいない場合には法定相続人になりますし、子がいる場合は法定相続人にはならないものの、遺言による遺贈、生前贈与、養子縁組などの方法で、孫に遺産相続をさせるこ ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/12

遺産相続に強い弁護士に、相談・依頼する6つのメリット

遺産相続トラブルを抱えている方から、「弁護士には敷居が高くて相談できない。」とか、「弁護士に相談するととても高額の費用がかかるのではないか。」といったお声を聞きます。 確かに、遺産相続トラブルを自分たちだけで解決をできることもありますが、家族内では解決できないほど紛争が激化してしまったとき、遺産相続を解決した実績の豊富な、相続に強い弁護士に相談したり、依頼したりすることはとても有益です。 そこで今回は、遺産相続トラブルを抱えて、弁護士に相談しようかお悩みの相続人の方に向けて、その相続問題を弁護士にご相談い ...

ReadMore

遺産分割

2019/2/4

相続財産に債務(借金・ローン)がある場合の遺留分の計算方法は?

相続によって取得する財産には、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も含まれます。 マイナスの財産には、お亡くなりになった方(被相続人)が生前にした借金や住宅ローン、自動車ローンや教育ローンなど、支払わなければならないあらゆる金銭が含まれます。これをまとめて「相続債務」と呼ぶことがあります。 民法に定められた、相続人が最低限相続できる財産である「遺留分」を計算するにあたり、相続債務も考慮に入れる必要があるのでしょうか。遺留分は相続財産をもらう権利ではあるものの、そもそも債務があれば、その分だけ遺留分も少な ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/31

遺留分・遺留分減殺請求権は譲渡・贈与できる?【弁護士解説】

遺留分は、法定相続人に与えられた権利ですが、権利というものは、法律上、譲渡・贈与の対象とすることができます。そこで、遺留分や遺留分減殺請求権は、譲渡・贈与することができるのか、という疑問が生まれます。 遺留分や遺留分減殺請求権が譲渡・贈与することができるかどうかは、相続が開始しているかどうか、遺留分に関する権利が具体的な権利として発生しているかどうかなどによって異なるため、そのタイミングによって場合分けして、弁護士が解説します。 遺留分とは、兄弟姉妹以外の法定相続人(つまり、配偶者、子・孫、両親・祖父母な ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/18

「相続放棄」と「代襲相続」の関係を弁護士が解説!【全まとめ】

「相続放棄」と「代襲相続」はいずれも、相続問題を考える際にとても重要なキーワードです。そして、「相続放棄」をすると、相続人ではなくなるため、そのときに、どういうケースで「代襲相続」を考えなければならないのか、が問題となります。 特に、祖父母から両親、そして子への、三代にわたっての相続問題を考える際には、相続放棄と代襲相続との関係は、場面によっては複雑な考慮が必要となる場合もあります。 そこで今回は、相続放棄と代襲相続の関係について、考えられるすべてのケースでどのように処理したらよいかを、相続問題に詳しい弁 ...

ReadMore

相続財産を守る会を運営する、弁護士法人浅野総合法律事務所では、相続問題と遺産分割協議のサポートに注力しています。

弁護士
浅野英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野です。

法定相続人についての民法の定めは、あくまでも、一般的に相続人となることのできる続柄と、その相続割合(法定相続分)を定めているにすぎず、必ず相続人となることができるわけではありません。

相続人の立場からすれば、「相続欠格」、「相続廃除」にあたる相続人がいる場合には、平等で損のない相続のためにも、遺産分割協議の際に、かならず相続権を奪っておかなければなりません。

相続欠格とは?

民法に定められた法定相続人が、相続をすることができる資格を認められているのは、通常であれば一般的に、法定相続人の続柄にある人が、相続人となるにふさわしい関係にあると考えられるからです。

法定相続人は、お亡くなりになったご家族(被相続人)の収入、財産によって扶養されていることも多く、相続財産(遺産)を相続すべきである場合が多いです。

しかし、法定相続人の中には、このような相続秩序を侵害するような非行を行ったことにより、相続人としてふさわしくない人もいます。相続人として不適任な人から、当然に相続権をはく奪するのが相続欠格です。

相続欠格の要件

民法は、相続欠格にあてはまり相続権を失う場合として、次の5つを欠格理由として定めています(民法891条)。身近な人であっても、財産を引き継ぐべきではない問題行為を挙げています。

つまり民法では、当然に相続をする権利を失わせられるほどの非行について、次の5つの類型に分けています。

例えば、被相続人を死亡させようとしたり、脅して遺言を操作しようとしたり、遺言書偽造したりした相続人は、相続財産を得るべきではないというのは、社会常識的にも理解ができるのではないでしょうか。

民法891条

次に掲げる者は、相続人となることができない。

  1. 故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者
  2. 被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。
  3. 詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者
  4. 詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者
  5. 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

中でも、実務上、特に問題となる相続欠格の欠格理由が、5つ目の、遺言書の偽造、変造、破棄、隠匿に関する項目です。

遺産分割協議の際に、遺言書は、被相続人の生前の意思として非常に優先されます。

そのため、他の相続人より多くの財産を得たいがために、自分に不利な遺言が残っている相続人が、遺言書の改ざんなどの不正行為をはたらくケースが後を絶たないからです。

相続欠格になったらどうなる?(効果)

相続欠格では、欠格事由が存在する場合には、当然に相続権を失うこととなっています。

お亡くなりになったご家族(被相続人)が、相続欠格となった相続人に対して「遺贈」(遺言によって財産を贈与すること)をしたとしても、これを受けることもできません。

相続欠格は、当然に相続権を失うこととなるため、特に手続などは必要ありませんし、被相続人の意思も不要です。

相続欠格の効果が発生するタイミングは、次のとおり、「相続欠格にあたる事由が、いつ発生したのか」によって異なります。

ポイント

  • 相続欠格理由が、相続開始前に発生したとき
    →相続欠格理由が発生した時点から、相続資格を喪失する。
  • 相続欠格理由が、相続開始後に発生したとき
    →相続開始時にさかのぼって、相続資格を喪失する。

相続欠格と代襲相続の関係は?

相続欠格とは、ある相続人が、特定の被相続人との間で、不誠実な非行をおこなったことを原因として、相続権を失うことをいいます。

そのため、相続欠格の効果は、特定の被相続人と欠格者となる相続人との間で発生するものであって、それ以外の相続当事者には及びません。

相続欠格となった相続人がいたとしても、その子は、相続欠格となった相続人を「代襲相続」することができます。

相続欠格が争いになるケースとは?

相続欠格は、欠格事由にあてはまると、被相続人の意思や、家庭裁判所の手続などは関係なく、当然に相続権を失うという強い効果が発生します。

そのため、遺産分割協議の手続の中で、相続人間で、ある相続人の行為が欠格理由にあたるかどうかが、争いとなることがよくあります。

相続人間で、ある相続人の行為が欠格理由にあたるかどうかが争いになる場合には、「相続権不存在確認訴訟」もしくは「相続分不存在確認訴訟」という訴訟によって、「相続人となるかどうか」が判断されます。

「相続人となるかどうか」を争うための争いは、相続人としての資格があるかどうかを争う裁判ですので、遺産分割協議よりも前に行われなければなりません。

相続廃除とは?

相続廃除とは、民法で定められた法定相続人が、被相続人に対して不誠実な行為をおこなったときに、被相続人の意思によって、相続人から排除することのできる手続き、制度のことをいいます。

遺産分割協議の結果にお亡くなりになったご家族(被相続人)の意思を反映する方法として「遺言」がありますが、「遺言」のみでは、法定相続人の相続権を完全に失わせることはできません。

そこで次に、被相続人の意思に基づいて、相続人の相続資格をはく奪することのできる相続廃除について、相続に強い弁護士が解説します。

相続廃除の要件

民法では、相続廃除の事由として、次の3種類の非行が定められています。

ポイント


虐待
:被相続人に対する暴力や、耐えがたい精神的苦痛を与えることを意味します。
重大な侮辱
:被相続人の名誉や感情を著しく害することを意味します。
著しい非行
:虐待・重大な侮辱にはあたらないものの、それに類する推定相続人の遺留分を否定することが正当といえる程度の非行を意味します。

その他の著しい飛行の例としては、例えば、被相続人に対する遺棄、財産の浪費・無断処分、不貞行為、素行不良や、長期の音信不通などがあげられます。

裁判例においては、「著しい非行」とまでいえるためには、虐待や重大な侮辱に類するほどの重大な行為であることが必要であるものとされています。

相続廃除になったらどうなる?(効果)

相続廃除の効果もまた、相続欠格と同様に、特定の被相続人と推定相続人との間で発生します。

したがって、相続廃除をされた相続人がいたとしても、その子がいる場合には、子が「代襲相続」をすることができます。

相続廃除の効果が発生するタイミングは、相続廃除の方法により、次のようになります。

ポイント

  • 相続廃除が、「生前廃除」の方法で行われた場合
    :審判の確定時にさかのぼって、相続廃除の効果が生じる。
  • 相続廃除が、「遺言廃除」の方法で行われた場合
    :相続開始時にさかのぼって、相続廃除の効果が生じる。

相続廃除の方法

相続廃除の方法には、「生前廃除」「遺言廃除」の2つの方法があります。

「生前廃除」とは、被相続人が、お亡くなりになる前(生存中)に、家庭裁判所に審判を申し立てる方法によって行う相続廃除の方法をいいます。

被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に審判を申立て、廃除事由などを主張して審理をしてもらい、廃除自由の存否を認定してもらいます。

「遺言廃除」とは、遺言の効力が生じた後に、遺言執行者が、相続開始地を管轄する家庭裁判所に対する申立てによって行う相続廃除の方法をいいます。

相続廃除が争いになるケースとは?

相続廃除が争いになるケースでは、廃除理由があるかどうかについて、相続廃除を申し立てた人と、相続廃除される相続人との間で争いとなります。

相続欠格と同様に、「相続人が誰になるか」を決める争いですので、遺産分割の前提問題として、遺産分割協議よりも先に決めておかなければなりません。

相続廃除を申し立てた人は、審判の審理において、廃除理由となる信頼関係を破壊する具体的な事情を主張し、これに対して、推定相続人が反論をしたり、証拠提出したりすることで争います。

相続廃除の取消はできる?

相続廃除は、いつでも取り消すことができます。そもそも、相続廃除は、お亡くなりになったご家族(被相続人)の意思を反映することが目的だからです。

一旦は、相続人の非行や、不誠実な行為によって、相続廃除の意思をもったとしても、その後に、やはり相続権を復活させたいという気持ちになった場合には、その被相続人のお気持ちを尊重することとなります。

相続廃除を取り消すときには、相続廃除を取り消すことを家庭裁判所に申し出ることによって取り消すことができます。

相続廃除を、遺言によって取り消すこともできます。この場合には遺言執行者が、家庭裁判所に、相続廃除の取り消しを申し出ることで、相続廃除が取り消されます。

相続問題は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか。今回は、相続権が失われる「相続欠格」と「相続廃除」について、わかりやすく解説しました。

相続人となる立場の人としては、「相続欠格」「相続廃除」にあたらないように、これらの相続権を失うおそれのある事由にあたる行為を行わないよう注意しなければなりません。

被相続人となる立場の人としては、万が一相続人から不誠実な非行を受けてしまったときは、「相続欠格」、「相続廃除」についての知識を知ることで、自分の希望するとおりの相続を実現するようにしましょう。

「相続財産を守る会」には、相続に強い弁護士が在籍しており、遺産分割協議を多く経験した過去の実績から、戦略的なアドバイスで相続をお手伝いしています。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-遺産分割
-,

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.