相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

遺産分割

相続分の譲渡は特別受益?遺留分侵害になる?【最高裁平成30年10月19日】

投稿日:

平成30年10月19日の最高裁判所判決で、遺留分の侵害が争われた事件において、「相続分の譲渡が『遺留分侵害』にあたるかどうか」という点について新しいルールが示されました。

この最高裁判決によれば、相続分の譲渡をした場合に、それが「贈与」にあたり、遺留分を侵害する可能性があるという判断が下されました。この判決の内容は、相続の生前対策や、遺留分をめぐる争いに大きな影響を与えます。

そこで、今回の解説では、最高裁平成30年10月19日判決で示された新しいルールと、最高裁の示した新しいルールと相続法改正を踏まえてどのように相続対策をしたらよいかについて、相続に強い弁護士が解説します。

参 考
遺留分が認められる割合と計算方法は、こちらをご覧ください。

相続のときに、「相続財産(遺産)をどのように分けるか」については、基本的に、被相続人の意向(生前贈与・遺言)が反映されることとなっています。 被相続人の意向は、「遺言」によって示され、遺言が、民法に定 ...

続きを見る

「遺産分割」の人気解説はこちら!

遺産分割

2018/12/29

遺留分減殺請求を弁護士に相談するメリット8つと、弁護士費用

遺留分減殺請求は、多くの相続手続きの中でも、難しい法律問題を含んでおり、「争続」にもなりやすいため、弁護士に相談・依頼したほうがよい手続であるといえます。 遺留分減殺請求権を行使すると、権利行使をされた相手方は、もらえる財産が少なくなることを意味します。このように限られた相続財産(遺産)の取り合いを意味する遺留分減殺請求は、相続手続きの中でも、特に揉め事が起こりやすいです。 そこで今回は、1人で簡単には解決できない場合に、遺留分減殺請求を弁護士に相談・依頼するメリットと、その際にかかる弁護士費用について、 ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/15

遺産分割協議のやり直しはできる?無効・取消できる?

遺産分割協議が終了した後になって、やり直したいという相続相談に来られる方がいます。ご相談者にも特別なご事情がおありでしょうが、一度成立した遺産分割協議を取消、撤回したり、やり直したりすることは、そう簡単ではありません。 遺産分割協議は、相続人全員の合意がなければ成立しませんから、遺産分割協議書の内容に疑問、不安があったり、心から納得いかなかったりする場合には、署名押印を保留してください。 今回は、万が一遺産分割協議をやり直したいと考える方に向けて、遺産分割協議がやり直せる場合と具体的な方法などについて、相 ...

ReadMore

遺産分割

2019/1/24

配偶者居住権とは?自宅に住み続けるための活用方法│2018年改正

今回は、持ち家の相続に関するお話です。不動産を所有する方の相続では、私たち相続財産を守る会の専門家にも、多くのお悩みが寄せられます。 高齢社会の進展にともなって、夫婦の一方が亡くなったときの、のこされた配偶者の年齢もまた、これまでより高齢化しています。高齢であればあるほど、「自宅に住み続けることができるか」は、死活問題です。 よくある相続相談 夫に遺言を残してもらい、一緒に住んでいた家を相続したが、預金を相続できなかったため生活費に苦しんでいる。 相続分どおりに分割協議をして、家を相続したが、その他の現預 ...

ReadMore

遺産分割

2018/11/16

指定相続分とは?法定相続分との違いは?

相続財産(遺産)を相続する割合のことを、「相続分」といいます。そして、相続分には、指定相続分と法定相続分とがあります。 相続財産の分け方は、遺言によって希望通りに決めることができますが、遺留分等に注意しなければなりません。指定相続分について民法の条文は次の通りです。 民法908条 被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から五年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。 今回は、指定相続分についての基礎知識、法定相続分との違い、指 ...

ReadMore

遺産分割

2018/12/22

【書式付】遺留分減殺請求の内容証明の書き方・作成方法・注意点

遺留分減殺請求権とは、民法で認められた法定相続人のうち、兄弟姉妹以外(配偶者、子、孫、直系尊属)がもつ、遺言などによっても侵害されずに相続できる相続分のことをいいます。 生前贈与や遺言による贈与(遺贈)などによって遺留分が侵害されてしまったとき、遺留分減殺請求をするわけですが、この権利行使の意思表示を確実に相手方に伝えるために、「配達証明付き内容証明郵便」が利用されます。 内容証明郵便は、郵便局が取り扱う送付方法の中でも特殊なものです。そこで今回は、遺留分減殺請求権の行使を確実に行えるように、遺留分減殺請 ...

ReadMore

最高裁平成30年10月18日判決の事案は?

最高裁平成30年10月18日判決のもととなった事案は、次のような事実関係です。

事案の概要

母親が父親の死亡時に、自分の相続分を息子に無償で与えた
登場人物は、父親、母親、娘、息子の4人です。まず、父親が亡くなり、次に母親が亡くなりました。

母親は、父親が亡くなった際に、妻として、遺産を相続できる立場にありました。しかし、母親は、自身の相続分(相続する権利)を、すべて息子に無償で譲渡(「相続分の譲渡」)をしてしまいました。

母親が息子に与えた相続分は財産的価値があった
母親は、自分で相続していれば、相続財産(遺産)をもらうことができました。つまり、母親の相続分には「相続財産をもらえる」という財産的な価値がありました。それを息子に無償で(ただで)あげてしまったのです。

息子だけ相続分をもらったので娘が不満に思った
母親が、もらえるはずの父親の遺産を受け取らず、息子に与えてしまったので、母親の相続の際、娘の取り分が減ってしまいました。

もし母親が父親の遺産を相続していれば、母親が亡くなった時に、その半分は、自分がもらえたはずだったからです。

息子への相続分の譲渡は「遺留分侵害」であると主張した
そこで、娘は、母親が息子に相続分を無償で譲渡した行為は「生前贈与」であって、「遺留分の侵害」にあたると主張して、息子に対して、遺産の取戻しを請求しました。

遺留分とは、相続人に認められた、遺産の最低限の取り分のことです。

母親が息子に財産的価値のある相続分を生前贈与してしまったので、自分が本来もらえたはずの遺産をもらえなかったと主張して争いとなったのが、今回解説する最高裁平成30年10月18日判決です。

「相続分」とは、相続の際の、それぞれの相続人の取り分です。民法では、一定の続柄の親族・血族を「法定相続人」として、法律上相続できる権利(法定相続分)を認めています。「相続分」は、他人に譲渡できます。対価をもらって譲渡(有償譲渡)できますし、対価をもらわずにあげる(無償譲渡)こともできます。

法定相続人のうち、兄弟姉妹以外の人には「遺留分」という、法律で認められた最低限の取り分が認められています。遺留分以下の財産しかもらえなかった場合、「遺留分減殺請求権」を行使して、侵害された分の財産を取り戻すことができます。

今回の事案で問題となったのは、「相続分の無償譲渡が、遺留分侵害にあたるかどうか」という点です。

最高裁平成30年10月18日判決のポイントまとめ

さきほど解説しました事案について、最高裁平成30年10月18日判決で示された新しいルールがどのようなものか、そして、この新しいルールが、相続対策遺留分侵害をめぐる紛争にどのような影響を与えるかについて、結論をまとめました。

参 考
遺産相続に強い弁護士の選び方は、こちらをご覧ください。

いざ遺産相続が起こり、弁護士に相談、依頼することが決まったとしても、一般の方の中には、「知り合いに弁護士がいない。」という方も多いのではないでしょうか。広告などで法律事務所は知っていても、手元の遺産相 ...

続きを見る

最高裁の判決の内容は?

はじめに、今回の最高裁判所の判断内容のうち、いちばん重要な部分を引用します。

最高裁平成30年10月18日判決(引用)

「共同相続人間においてされた無償による相続分の譲渡は、譲渡に係る相続分に含まれる積極財産及び消極財産の価額等を考慮して算定した当該相続分に財産的価値があるとはいえない場合を除き、上記譲渡をした者の相続において、民法903条1項に規定する「贈与」に当たる。」

引用部分に出てくる「民法903条1項」は、特別受益に関する条文です。

簡単に言うと、相続人が被相続人から生前に贈与を受けていた場合には、その財産も元々は被相続人のものなので、「被相続人の遺産の一部」とみなして、相続人の遺産の取り分を計算しましょう、というのが「特別受益」の考え方です。

「財産の譲渡」と同様に、「相続分の譲渡」であっても、生前に行われた場合には「特別受益」の考え方によって、特別な計算方法をすべきである、というのが、今回最高裁判所が下した判決の重要なポイントです。

ポイント

【ポイント1】無償で相続分を譲渡すると、贈与として「特別受益」になる可能性がある
【ポイント2】そのため、相続分の譲渡が「遺留分侵害」となる可能性がある
【ポイント3】遺留分侵害になると、相続分の譲渡を受けた方が、相続した財産を返さなければならなくなる可能性がある

参 考
特別受益が認められる場合と、計算方法は、こちらをご覧ください。

お亡くなりになったご家族から、生前に、学費や住宅の新築、建替えなど、多くの援助をしてもらった相続人と、援助を全くしてもらえなかった相続人との間で、不公平感が生じることがあります。 相続人間の、生前にお ...

続きを見る

【ポイント①】「相続分の譲渡」は「特別受益」になる可能性あり

判決は、「共同相続人間においてされた無償による相続分の譲渡は・・・譲渡をした者の相続において、民法903条1項に規定する「贈与」に当たる。」と述べています。

相続分を他の相続人に無償で譲渡すると、生前贈与として「特別受益」になる、ということです。

被相続人が多額の借金をして、遺産がマイナスという場合には、相続人がもつ相続分には価値はありません。しかし、遺産がプラスであれば、相続分(=相続する権利)には財産的価値があります。不動産や預貯金を生前贈与する場合と同様、相続分の譲渡も生前贈与にあたるのです。

もっとくわしく!

特別受益とは、財産の「もらいすぎ」のことです。財産のもらいすぎ(特別受益)があったときには、相続のとき、もらいすぎた相続人の相続財産(遺産)の取り分を減らすルールになっています。

具体的には、特別受益にあたる生前贈与があった場合には、その生前贈与の額も相続財産(遺産)の一部とみなして、相続分の取り分を考えます。

つまり、特別受益がある場合には、その分だけ遺留分を計算する際の基礎になる財産の額が増え、相続人の取り分(相続分や遺留分)を増やすことができます。

参 考
相続財産のもらいすぎを「特別受益」で調整する方法は、こちらをご覧ください。

遺言や、お亡くなりになった方の生前の贈与によって、相続財産(遺産)をもらいすぎの人がいるとき、相続人はどのように対応したらよいのでしょうか。 相続財産を守る会には、「特別受益」に関する次のようなご相談 ...

続きを見る

【ポイント②】「相続分の譲渡」が「遺留分侵害」となる可能性あり

判決は、不動産や預貯金を生前贈与するのと同じように、相続分の譲渡も生前贈与にあたる場合がある、と述べています。

相続分の譲渡によって、他の相続人が、本来もらえるはずの最低限の遺産すら受け取れない場合には、遺留分の侵害になる、ということです。

相続分の譲渡が遺留分侵害になれば、遺留分を侵害された相続人は、遺留分減殺請求権を行使して、遺産を取り返すことができます。

相続対策・生前対策にどう影響する?

最高裁平成30年10月18日判決が示したルールをふまえると、まず、生前対策(相続対策)を考える場面では、相続分の譲渡をする場合に、「他の相続人の遺留分を侵害していないかどうか」を確認する必要があります。

そして、実際に相続が開始された後では、生前に相続分を譲り受けていた相続人は、遺留分侵害をしたとして、遺留分減殺請求権の行使を受けるリスクがあることに注意が必要です。

逆に、生前に相続分譲渡が、他の相続人などにされてしまった場合には、遺留分を計算し、自分の遺留分以下の相続財産(遺産)しか得られなかった場合には、その遺産を取り戻せる可能性があります。

参 考
相続税を少しでも安くする節税対策の基本は、こちをご覧ください。

相続税は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10カ月以内に、税務署に対して申告し、納税しなければなりません。節税対策を全く行っていないと、相続税があまりにも高額となり、期間内に払いきれない危 ...

続きを見る

相続財産(遺産)が債務超過の場合は?

相続財産(遺産)よりも相続債務のほうが多い場合には、「債務超過」状態であり、相続人がもっている相続分(=相続する権利)に価値はありません。

相続分に価値がないということは、「相続分の譲渡」を行っても、今回の最高裁平成30年10月18日判決の事案とは異なり、「特別受益」とはならないということです。

最高裁平成30年10月18日判決でも、「・・・当該相続分に財産的価値があるとはいえない場合を除き・・・」とあり、財産的な価値のない相続分を譲渡しても、遺留分侵害とはならないことを示しています。

参 考
相続財産に債務(借金・ローン等)があるときの遺留分の計算方法は、こちらをご覧ください。

相続によって取得する財産には、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も含まれます。 マイナスの財産には、お亡くなりになった方(被相続人)が生前にした借金や住宅ローン、自動車ローンや教育ローンなど、支払 ...

続きを見る

相続分を「有償で」譲渡した場合は?

「相続分の譲渡」は、最高裁平成30年10月18日判決のように、家族間で無償で行われることもありますが、有償で譲渡されることもあります。

有償譲渡の場合に、適正な対価で譲渡していれば、そもそも「贈与」ではなく、「特別受益」にもあたらず、したがって、遺留分侵害にはならないこととなり、今回の最高裁の結論とは異なる可能性があります。

ただし、適正な対価よりもいちじるしく低い金額で譲渡した場合には、「贈与」と同様であるとして、遺留分侵害であると判断される危険がありますので、財産的価値の算定に注意しなければなりません。

相続分を「相続人以外の方に」譲渡した場合は?

「相続分の譲渡」は、最高裁平成30年10月18日判決の事案のように家族間で行われることもありますが、世話になった第三者など、相続人以外の人に対して譲渡されることもあります。

相続人以外の方に相続分を譲渡した場合でも、遺留分侵害が生じうることは同じです。したがって、この場合も、遺留分を侵害された相続人は、「相続分の譲渡」を受けた第三者に対して、遺留分減殺請求権の行使が可能です。

2018年相続法改正の施行後は?

2018年の相続法改正によって、遺留分の計算方法や、遺留分を侵害された相続人が行使できる権利の内容が変更されました。

具体的には、遺留分に関する権利は「遺留分減殺請求権」から「遺留分侵害額請求権」に変わり、遺留分を侵害した人から、財産そのもの(たとえば不動産)を取り戻す権利ではなく、遺留分相当額のお金を請求できるだけの権利に変更されました。

ただ、その他の点では、遺留分を侵害された人の救済があることに変わりはなく、今回の最高裁平成30年10月18日判決が示したルールは、相続法改正が施行された後も変わらず適用されます。

参 考
遺留分制度について2018年法改正のまとめは、こちらをご覧ください。

相続に関するご相談でよく問題となる点の一つが、「遺留分(いりゅうぶん)」です。遺留分(いりゅうぶん)とは、民法で法定相続人に認められた、相続の際の遺産の最低限の取り分のことです。 遺留分は、相続の発生 ...

続きを見る

相続問題は、「相続財産を守る会」にお任せ下さい!

今回は、平成30年10月19日の最高裁判所判決で示された、「相続分の譲渡も『贈与』にあたり、遺留分侵害となる場合がある」という新しいルールと、相続対策(生前対策)への影響について弁護士が解説しました。

最高裁判決で示されたルールと、2018年に行われた民法(相続法)改正を踏まえると、生前に相続分の譲渡があった場合、相続分の譲渡を受けた人に対して他の相続人から「遺留分減殺請求権」を主張することができます。

最高裁平成30年10月19日判決のまとめ

2019年6月30日までの相続について

  • 【ポイント1】無償で相続分を譲渡すると、贈与として「特別受益」になる可能性がある
  • 【ポイント2】そのため、相続分の譲渡が「遺留分侵害」となる可能性がある
  • 【ポイント3】遺留分侵害になると、相続分の譲渡を受けた方が、相続した財産を返さなければならなくなる可能性がある

2019年7月1日以降の相続について

  • 【ポイント1】無償で相続分を譲渡すると、贈与として「特別受益」になる可能性がある
  • 【ポイント2】そのため、相続分の譲渡が「遺留分侵害」となる可能性がある
  • 【ポイント3】遺留分侵害になると、相続分の譲渡を受けた方が、お金を請求される可能性がある

相続対策には、遺留分についての検討が欠かせません。実際に相続が開始した後であっても、より多くの相続財産(遺産)を得るためには、遺留分侵害があるかどうかの確認は重要です。

遺留分の判断には専門的な知識が欠かせません。遺留分の問題は裁判などの争いになることも多いため、相続に強い弁護士に相談されることをおすすめします。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-遺産分割
-, , , ,

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.