相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

事業承継

事業承継して引退後の人生プランは?幸せな第二の人生の注意点3つ

投稿日:

事業承継を検討するときに、現在の経営者が、「会社を辞めたくない」「事業を後継者に譲りたくない」と考える大きな要因は、「引退後の人生プランに対する不安・心配」にあることが少なくありません。

事業承継に成功した社長ばかりで、皆幸せな第二の人生を歩めていれば、事業承継への心理的ハードルも下がるのでしょうが、実際にはそうでもありません。会社経営から離れたときから「抜け殻」のような人生を過ごす社長も実際にいます。

しかし、漠然とした引退への不安感で、事業承継を先延ばしに延期し続けると、準備が不十分なまま、引退時期を迎え、リスクが増大することもあります。

そこで今回は、事業承継を検討している会社経営者に向け、引退後の人生プランと、幸せな第二の人生を歩むための注意点を、相続・事業承継を多く取り扱う弁護士が解説します。

「事業承継」の人気解説はこちら!

事業承継

2019/1/27

会社を放置すると危険?休眠会社のメリット・デメリットと注意点4つ

会社の経営がうまくいかなかったり、後継者が見つからず事業承継が円滑に進まなかったりしたとき、会社を破産・解散させるのではなく、会社を放置しておく経営者の方もいます。会社を放置することに、リスクや危険はあるのでしょうか。 会社を放置しておくという消極的な判断は、「休眠」といわれています。「休眠会社」という、会社に事業を放置しておくための制度が定められており、実際、休眠会社の数は、2015年1月の統計でも約8万8000社存在していました。 そこで今回は、会社を放置して休眠会社とすることの意味と、休眠会社のメリ ...

ReadMore

事業承継

2019/4/10

親族内承継の方法で事業承継するときの注意点を、弁護士が解説!

事業承継を行うときに、真っ先に思いつくのが、「自分の子どもに継いでもらおう」という承継方法ではないでしょうか。子どもが幼い場合であっても、なんとか子どもに事業を継いでもらおうと、一時的に妻や幹部社員に面倒をみてもらうという方もいます。 自分と血のつながった親族に、事業を受け継いでもらう承継方法のことを「親族内承継」といいます。「血のつながった実の子だから安心だ」と油断する方も多いですが、「親族内承継」ならではのメリット、デメリットや注意点が多くあります。 親族内承継の場合、特に、適任者の選定、承継する人の ...

ReadMore

事業承継

2019/3/9

法的整理、私的整理とは?2つの会社整理の違い・メリットなど

「会社整理」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「会社整理」というのは、古くは、旧商法時代に、法律上の手続をあらわす正式名称でしたが、現在は、平成18年会社法施行とともに、「会社整理」の制度自体は廃止になっています。 しかし現在でも、会社をたたむ方法のことを一般的に「会社整理」といいます。この会社整理には、「法的整理」、「私的整理」という2つの会社のたたみ方がありますが、その手続き内容には、大きな違いがあります。 会社経営者が高齢化し、事業承継を考える際に、事業承継、M&Aなどとともに、会社を辞め、会 ...

ReadMore

事業承継

2019/4/10

特別清算の手続き・流れ・注意点を、弁護士が解説!

会社のオーナー経営者が引退を考えるとき、事業譲渡やM&A(事業売却)をせず、会社を清算せざるをえないことがあります。 会社を清算する場合は、会社の財産で債務を返済し、のこった財産を株主がうけとって会社をとじる、というのが通常の流れです。 しかしながら、会社を清算する場合に、その会社にはもはや価値がないというケースもあります。債務が多すぎる場合には、通常の清算の手続きがとれないこともあります。 株式会社の解散決議をおこない、清算手続きに入ったとき、会社の債権者から反対があるなど、清算手続きを進めるのに支障が ...

ReadMore

事業承継

2019/1/26

会社をたたむ適切なタイミングとは?事業を生かす方法はある?

日本にある数多くの会社のうち、そのほとんどが中小企業であるといわれています。日本の会社の99%以上は中小企業であり、上場企業はごくわずかの割合に過ぎません。 上場企業であれば、会社の経営状況が悪化したとしても、株式の発行を通じて、株主となる投資家から資金調達することも可能ですが、中小企業は、そうはいきません。中小企業の経営状況が悪化したときには、資金調達は、銀行などの金融機関からの借入に頼らざるを得ず、その場合、社長(代表者)の個人保証が必要なことも少なくありません。 中小企業の経営がうまくいかなくなった ...

ReadMore

引退後の人生プランが心配になる経営者の考え方とは?

事業承継のとき、会社経営者の引退時期を決めるのに大変な苦労が必要となります。会社経営者にとって、仕事は人生そのもの。このような考え方が、事業承継の時期が先延ばしにされやすい理由となっています。

そこで、引退後の人生プランが心配だという会社経営者の社長に向けて、まずは、現状自分が次のような考え方を抱いているときに、その考え方の原因が「引退後の不安・心配」にあるのではないかと気付いて頂く必要があります。

ポイント

会社の事業を発展させることだけが生きがいである。
自宅に居場所がなく、会社で仕事をしている時間が一番楽しい。
会社の事業がうまくいかなければ、死んだのと同じだ。

これらの考え方は、一見すると、「自分の仕事が好きだ」という立派な考え方であり、何ら問題がないかのようにみえます。しかし、その根底には、「会社、事業を辞めたら、どうなってしまうのだろう」という、引退後の人生への不安があるのではないでしょうか。

このことからも、会社経営者である社長にとって、会社、事業を引退した後の、第二の人生プランを設計し、会社、事業以外の生きがいを見つけることが重要です。

引退後の人生設計、第二の人生の決め方は?

さきほど示したような「仕事こそが生きがい」という人生を選択している会社経営者はとても多く、創業社長、オーナー社長ほど、そのような考えを抱きやすい傾向にあります。

後継者の立場にある息子などからしても、以上の考えをもつ親に対して、事業承継を強く迫れば、「生きがいを奪うつもりか」とますます反発を抱き、相続・事業承継が円滑に進むハードルとなってしまいます。

そこで、今回は、事業承継に成功した経営者、アーリーリタイアメントを達成した社長が、引退後の人生プランとして選択することのある具体例を、弁護士が示しておきます。第二の人生プランの人生設計を考える参考にしてください。

家族との時間を大切にする

「24時間働けますか」という精神で、しゃかりきに働いてきた会社経営者にとって、家族と一緒にゆっくりと時間を過ごしたことがこれまでなかった、という方もいます。

事業承継をして、会社を後継者に譲ったり、社外にM&Aをしたりした後で、はじめて家族とゆっくり海外旅行にいく時間を作ることを、引退後の人生プランとして最優先に挙げる社長も少なくありません。

これまで会社の事業に集中できるよう支えてくれた奥様や、仕事で夜の帰りが遅く寂しい思いをさせたお子さんに対して、時間を使ってあげることはとても有意義です。支えてくれたご家族と、世界一周旅行に旅立つ、という方もいます。

お金抜きにやりたいことを追及する

会社・事業を発展させなければならないことは、会社経営者のトップとしての使命です。特に、従業員を雇用していると、会社の業績悪化はすなわち、社員やその家族の人生を台無しにしてしまう可能性もあります。

しかし、事業承継をした後の第二の人生では、「経済的合理性」だけを追求してやりたいことを決める必要がなくなります。

「ビジネスとしてお金が儲かるかどうか」、という採算を度外視してこそ、自分の本当にやりたいことが初めて見えてきた、という方もいます。それこそが、引退後の人生プランとして、第二の人生で進むべき道です。

会社・事業に携わり続ける

事業承継を終了し、会社を後継者に権限移譲したり、M&A(事業売却)に成功したりした場合であっても、完全に会社・事業から離れなければならないという選択肢ばかりではありません。

「仕事こそ我が生きがい」と考えていた会社経営者にとって、突然全ての生きがいを奪われるのは、生きながら死んでいるも同然です。徐々に会社から離れていくものの、できる範囲で会社・事業に関わり続ける、という第二の人生を選択する道もあります。

従業員や、後継者社長に権限移譲しながら、「会長」「顧問」「業務提携者」として、会社の事業に関わり続けるケースです。残された会社にとっても、長年の経験からのアドバイスはとても有益で、会社の発展に役立ちます。

社会貢献・ボランティアをする

採算を度外視して自分の時間を使うことができることから、これまでお世話になった人に恩返しをすることはもちろん、究極的には、地域社会など、公に奉仕することに、第二の人生の時間を使う経営者も多いものです。

会社経営で築いた経験やノウハウ、資金的な余裕を生かし、社会活動家として、利他的な貢献をする人生も素晴らしいです。

事業承継は、「相続財産を守る会」にお任せください!

いかがでしたでしょうか?

今回は、事業承継を考えるにあたって障害となりうる、引退後の人生への心配・不安を払しょくするため、引退後の人生プラン、第二の人生設計について、例をあげながら弁護士が解説しました。

引退後の人生設計は人それぞれであり、正解はありません。しかし、何も考えていないうちに、肉体的な衰え、精神的な疲労などによって強制的に引退タイミングを迎えてしまうと、事業承継を成功させることが困難となってしまいます。

「相続財産を守る会」では、多くの事業経営者とお話をし、顧問弁護士としてサポートした経験のある弁護士が、事業承継後の人生に関するささいなお悩みから、親身にお聞きします。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-事業承継

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2019 All Rights Reserved.