相続財産(遺産)を守る専門家(弁護士・税理士)が解説!

相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会

相続手続

相続放棄した方が得かどうか?4つの判断基準を弁護士が解説

更新日:

相続放棄とは、お亡くなりになったご家族から、財産を引き継がず、その代わりに莫大な借金も引き継がないために利用する制度です。

いざ相続が開始したら、葬式や通夜などであわただしいでしょうが、早めに相続財産と借金をリストアップし、家庭裁判所で決められた手続きにしたがい「相続放棄申述書」と必要書類を提出しなければなりません。

適切な相続放棄の手続を、相続開始を知ったときから3か月以内に行えば、借金の負担を回避できます。今回は、「相続放棄をしたほうがよい場合かどうか」、「相続すべきか、相続放棄すべきか」の判断基準について、相続に強い弁護士が解説します。

「相続手続」の人気解説はこちら!

相続手続

2019/2/6

限定承認が利用されない6つの理由と、有効な活用方法【弁護士解説】

「限定承認」という相続手続きをご存知でしょうか。お亡くなりになった方(被相続人)に多くの借金があるが、自宅不動産など必ず相続したい財産がある場合などに利用される、相続手続きの1種です。 「限定承認」を利用すると、相続した財産の範囲内でしか相続債務(借金・ローン等)を支払わなくてもよくなるため、一見すると便利な制度にも見えますが、実際には限定承認による相続はあまり利用されていません。 そこで今回は、「借金を相続してしまうのではないか」「相続放棄したほうがよいのだろうか」とお悩みの方に向けて、限定承認が利用さ ...

ReadMore

相続手続

2018/12/5

相続する借金があるか調査する方法は?信用情報調査の具体的方法

相続財産(遺産)の調査で忘れてはならないのが「借金の調査」です。プラスの財産もマイナスの財産もいずれも相続するため、借金調査の結果、借金の方が多い可能性がある場合、相続放棄・限定承認を選択する必要があります。 相続放棄・限定承認の期限は、相続開始を知ったときから3か月のため、借金の調査に時間がかかりすぎたり、借金を調べず放置したりしておくと、相続放棄できず借金を返済する負担を相続によって負うおそれがあります。 借金を相続して支払う場合にも、借金の金額を事前に調査しておくことで、相続税の計算の際、借金額を控 ...

ReadMore

相続手続

2019/1/22

相続開始後に養子縁組を解消する「死後離縁」の方法とポイント5つ

死後離縁とは、養子縁組をしていた親子が、親の死亡による相続開始後に、養子縁組の解消を行うことをいいます。養子縁組の方法には、「協議離縁」など、親子の生前に行える方法もありますが、死亡後に養子・養親の関係をなくしたい方が行うのが「死後離縁」です。 死後離縁をした場合には、親子関係は亡くなるわけですが、養親または養子の死亡によって発生した相続関係には影響がなく、問題なく相続財産(遺産)を取得することができます。 そこで今回は、死後離縁の基礎知識と、実際に死後離縁を行ったときどのような効果があるのかや、注意点な ...

ReadMore

相続手続

2019/3/5

相続した生命保険金の請求には時効がある?いつまで請求できるの?

生命保険金とは、生命保険会社と契約をすることで、保険金発生事由が生じたときにもらえる金銭のことです。「被保険者の死亡」によって、生命保険金のうち、死亡保険金をもらうことができます。 相続をしたときに、相続人が遺品整理をしていて、ある日突然、「生命保険約款」、「保険証書」などを見つけ、亡くなったご家族が生命保険に加入していたことを知るという場合があります。 この場合、「既に、生命保険金請求の時効を過ぎてしまっているのではないか?」、「いつまで生命保険金が請求できるの?」と疑問、不安に思うことがあるのではない ...

ReadMore

相続手続

2019/2/8

相続放棄をとりやめられる?相続放棄の取消・撤回・無効は可能?

相続放棄には「相続開始を知ったときから3か月(熟慮期間)」という期限があるため、相続放棄を行うことを検討している方は、資料収集や財産調査などを急いで行うことになります。 ご家族がお亡くなりになり、「期限までに間に合わせなければ」と急いで相続放棄を決断したために、「やはり相続放棄をやめたい」という後悔のご相談があります。 他の相続人とは利害関係が異なり「争続」となりかねない状況の場合には、相続放棄するか否かについて親族、家族間での話し合いが困難な事例もあります。しかし、相続放棄を取りやめる方法には「相続放棄 ...

ReadMore

そもそも相続放棄の方法は?

相続放棄は、相続人になったことを知った日から3か月以内に、管轄の家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出して行います。口頭や、自分で適当に作成した書式では、相続放棄を行うことはできません。

合わせて、相続放棄の際には期限があり、3か月以内の期限を過ぎると、特別な事情のない限り相続放棄はできません。また、相続財産を処分してしまうと、相続を「単純承認」したとみなされ、やはり相続放棄できません。

今回は、「相続放棄をすべきケースかどうか」を簡単に判断していただくための判断基準の一例を示しますが、相続財産をきちんと調査し、ご家族の状況、財産の状況に応じて慎重に検討する必要があります。

注意ポイント

一旦相続放棄の手続をすると、原則として相続放棄を取り消したり、申述を撤回したりすることはできません。

あとから、絶対に引き継ぎたい財産(不動産など)が出てきた場合に公開しないよう、相続放棄は3か月の熟慮期間の間慎重に検討しましょう。

【判断基準①】相続財産を越える相続債務がある場合は?

相続放棄すべきであることが明確にわかる判断基準は、「相続財産を越える相続債務があるとき」、すなわち「債務超過」という基準です。

たとえば・・・

ご家族がお亡くなりになったとき、被相続人の相続財産が5000万円あったとしても、借金もまた7000万円あったとします。

この場合、差引2000万円のマイナスですので、このまま相続放棄せずに相続してしまうと、2000万円は相続人が自身の財産から支払わなければなりません。この判断基準からして相続放棄すべきことが明らかな場面です。

「債務超過」という判断基準に基づいて正しい判断をするためには、相続財産、相続債務を正確に調査し、把握する必要があります。銀行など金融機関の通帳、借用書、クレジットカード明細、請求書、督促状などを注意して見ておきます。

【判断基準②】相続債務を越える生命保険金がある場合は?

では、相続債務を越える生命保険を受け取ることが出来る場合はどうでしょうか。一見すると、生命保険を受け取り、そこから借金など相続債務を返済するのであれば、相続放棄をすべき場面でないように見えますが、この判断基準は誤りです。

というのも、契約者と被保険者が同じく被相続人である場合、生命保険は、被相続人の財産(相続財産)ではなく、受取人固有の財産となり、相続の対象ではなくなるからです。つまり、相続放棄しても生命保険の死亡保険金が受けとれます。

相続放棄しても、生命保険の死亡保険金が受け取れるわけですから、「相続放棄すべきかいなか」の判断基準は、生命保険を考慮にいれずに、相続財産と相続債務のどちらが多額かを基準に判断すべきです。

生命保険のもらえる場面では、「生命保険は相続放棄してももらえる」ことと、次の「相続放棄すると、生命保険にかかる相続税が増える可能性がある」という点の2つを合わせて考慮する判断基準が適切です。

注意ポイント

生命保険の死亡保険金を受け取れるとき、相続放棄をするかどうかの判断基準では、「相続税」の観点でも注意しなければならないポイントがあります。

生命保険金を受け取るとき「500万円×法定相続人の人数」分の金額の非課税枠がありますが、相続放棄をすると相続人ではなくなるため、この非課税枠の適用を受けることができなくなるからです。

そのため、相続税の基礎控除「3000万円+600万円×法定相続人の人数」を越える財産を相続するとき、非課税枠の適用を受けず相続放棄するかどうかは、相続税の観点の判断基準をもあわせて検討する必要があります。

【判断基準③】相続人が相続債務の連帯保証人である場合は?

相続人が、相続債務の連帯保証人となっている場合には、被相続人がお亡くなりになったことにより、その債務は連帯保証人が支払わなければなりません。

この場面では、被相続人の相続財産と相続債務を比べて「債務超過」であっても、相続放棄してもどうせ連帯保証人として返済が必須であれば、「少しでも足しになる相続財産があるのであれば、相続した方がよい」という判断基準になります。

【判断基準④】遺産分割の争いに関わりたくない場合は?

相続の場面で、複数の相続人がいるとき、しばしば遺産分割が大きなトラブルとなることがあります。「うちにはそんなにお金がないから揉めないだろう。」とおっしゃる相談者もいますが、相続財産が高額であろうが、少額であろうが、揉めるときは揉めます。

予想される具体的な相続分の金額が少額であり、遺産分割協議に参加したり、名義変更、相続登記などのための必要書類を収集したり、弁護士・司法書士の費用を支払ったりといった手間が面倒な場合、相続放棄してしまうという判断基準もあり得ます。

親族間の争いを回避するために相続放棄をしたほうがよい、という判断基準を検討することはよくあることです。

また、被相続人が第三者と争いを起こし、訴訟などを行っていた場合にも、相続をするとその地位を全て受け継ぎます。つまり、相続人は、その訴訟の当事者となります。

訴訟など争いごとを避けたい場合、訴訟の原告・被告の地位を引き継ぎたくなければ、やはり相続放棄した方がよいという判断基準になります。

相続手続は、「相続財産を守る会」にお任せください!

相続放棄は、相続放棄申述書を家庭裁判所に提出することで行えますが、相続放棄申述書を出すだけであれば、裁判所の記載例を見ながら記載すれば、一般の方でも記載することができます。

しかし、相続放棄をして逆に損をしてしまわないためには、専門的知識に基づく相続財産調査と、正確な判断基準に基づく「相続放棄をすべきかどうか」の決断が重要となります。

「相続財産を守る会」では、数多くの相続放棄を担当した経験から、調査した相続財産、相続債務の状況に合わせて、「相続放棄すべきかどうか」を検討するにあたり適切な判断基準をご提供します。

ご相談の予約はこちら

相続のご相談は
「相続財産を守る会」
相続にお悩みの方、相続対策の相談をしたい方、当会の専門家にご相談ください。
お問い合わせはこちら
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所は、銀座(東京都中央区)にて、相続問題、特に、遺言・節税などの生前対策、相続トラブルの交渉などを強みとして取り扱う法律事務所です。 同オフィス内に、税理士法人浅野総合会計事務所を併設し、相続のご相談について、ワンストップのサービスを提供しております。

-相続手続
-

Copyright© 相続の専門家(弁護士・税理士)が教える相続の相談窓口│相続財産を守る会 , 2021 All Rights Reserved.